You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Category: ◆映画は液晶前の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

あのベンベンとこのベンベンは違うよ

タイトルの意味がわからない人は「宇宙家族カールビンソン」を読むように(なんて手抜きな説明だろう(ーー;))

久しぶりにレンタル屋で借りたDVDをその日のうちに見た。手に取ったのは「遊星からの物体X・ファーストコンタクト」である(ゲオじゃまだ新作扱い)
 
これは先日僕がオールタイム・ホラーベスト10の投票で4位に推したジョン・カーペンター監督「遊星からの物体X」の前日譚を描いた30年ぶりの新作なのだが、旧作の導入部に繋がる形で話を終わらせているのは巧い見せ方をしていると思えた。テーマ音楽なども旧作と同じ曲のスコアをOPで使用していて気分的にはかなりワクワクしたし、鑑賞意欲もグっと盛り上がってくる物があった。

ただし既にわかりきったお話しにどう新味を足して「新作」に仕上げるのかというのはなかなかに難しいようでリドリー・スコットの「プロメテウス」やジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ/エピソード3」等と同様、やればやるほど辻褄合わせのためのストーリー構築という、アタマから縛り的制限がかかっている物(オチのすべてとは言わないが、ある程度終着点が初めからわかっている状態)になってしまって映画が終わってもカタルシスをあまり感じる事が出来ないのである。

この「ファースト・コンタクト」で言えばノルウェー南極基地での出来事が描かれていくわけだけど、メンバーに女性がいること意外は旧作との違いはまったくなく、気がつけば映画そのものがほとんどリメイク物を見せられているような雰囲気に陥り、当初あったワクワク感は少しずつ薄れてしまった。

新作ならではの見せ場なのはやはり人間から物体Xに変形していく大・エフェクト大会になるのだけど、これが旧作の何倍も凄い事をやっているのに驚いたとかビックリしたとか怖かったとか言うものが全然響いてこないのだ(__;) このへんはセンスの問題なのかデジタルCGでモンスターを見せられてもゲーム版「バイオハザード」(こないだようやく「5」をやったらこの映画みたいなヤツがぎょーさん出てきた(ーー;))と同じような印象しか受けることが出来ず、30年前のアナログ特殊メイクで動いていたクリーチャーの数々の方が遙かにインパクトがあったと、懐古趣味とは違うレベルで僕はそう感じたのである。

今回個人的に気に入ったのは人間体から正体を明かす直前に少しだけ顔の一部がぴくっとズレたりとかするシーンで、あれはCGならではのリアルな気持ち悪さがあって凄い良かったのだが、そういう場面がもう少しあればもっと面白く感じられたのになとは思う。旧作知らない人はたぶんそこそこ楽しめる映画だろうけど、オールドファンからするとなまじ期待してしまう分、結果的には残念な気持ちの方が勝ってしまう映画でもあった。
関連記事

Newer Entryカワイコちゃんには弱いけど

Older Entryこの湧き上がる感情はきっと正常反応

Trackbacks
レンタルが開始されたので、ブルーレイを借りて鑑賞。 ジョン・カーペンター監督作品『遊星からの物体X(1982)』の前日談ということで、カーペンター版の雰囲気を忠実に再現し、上手...
『エイリアン(1979)』と同様、カルト的人気SF作品『遊星からの物体X(1982)』の冒頭から前の3日間を映画化。ノルウェー隊に起こったことが明らかになる。この映画化に関してはかなり前か
遊星からの物体X ファーストコンタクト DVDposted with amazlet at 16.04.13ポニーキャニオン (2016-03-16)売り上げランキング: 4,725Amazon.co.jpで詳細を見る どこまでも雪と氷が広がる南極大陸。 考古生物学者ケイトは、氷の中で発見された、太古の昔に死んだと思われる生命体の調査のため、ノルウェー観測隊の基地へと降り立った。しかし、...

 

Comments
Editこんにちは。
こちらもトラックバックというやつをさせていただきました。
普段したことがなかったので、ちゃんと出来ているかな・・・?

本作についてですが・・・
「物体」を送りこんだ宇宙人と対面でもさせたらどうでしたかねぇ。
しかも「物体」はその宇宙人にも手に余るシロモノで、基地のクルーを巻き込んで暴走しちゃって・・・

・・・って、そりゃあ「プロメテウス」だー!!
EditTBちゃんと来てます
> 楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントならびにトラバありがとうございました<(_ _)>

実はわたくしもトラックバックをまともに使えるようになったのはごくごく最近で(__;) 使い出すと便利なツールだなと思いながら先方の迷惑を顧みず(^_^;)飛ばしまくっております。

物体Xの新展開としては別の「良い種族」が存在することにして彼らが地球人を助けてくれると。しかしながら形状は同じにゅるにゅるなのでどっちがどっちかわからず地球の人間は狼狽した末に双方共倒れを願うとか・・・これはなんとなく「キングコング対ゴジラ」に「サンダ対ガイラ」を足して「宇宙人東京に現る」で割ったような安易なプロットですが・・・
Editこんにちは
「ファースト・コンタクト」に点数辛くなるキモチはとおおおおってもよくわかります(´∀`)

さっそく相互トラバさせていただきました!
ありがとうございました。
Editいっそ第三弾で「その後」をやっても面白いかも
>K@zumi さん

こんばんは、コメント+トラバ、ありがとうございます<(_ _)>

K@zumiさんと同じくわたしもカーペンター版が「心のホラー」の一本になっているだけによけい関連作に対してはハードルが上がってしまうところがあったのかもしれませんけど、これを見たときは(もう三年も前とは我ながら驚いたな~( ̄。 ̄;))ちょっと期待しすぎたのもあったんじゃないかなって気もしてます(^_^;)

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >