波の向こうに三角マーク

もうだいぶ前のことになるけど野球のない時期を狙って二月三月に東映チャンネルと契約していた。BSFOX238(ホークス戦中継を見るため必要)が三月末まで視聴料据え置き延長(4月から315円→998円)というのもあって若干の予算的余裕があったからだが、実はマトモに契約したのは初めてだったのだ。だいたいここにしろ衛星劇場にしろスターチャンネルにしろプレミアム系チャンネルというのは月額が高く、キャンペーンの類以外で手を出すことはまずなかったのだけれども良いタイミングで契約の機会が巡ってきたのだった。

たったの2ヶ月ではあったが他局ではなかなか見られないような物を見たので備忘録的に記録を書いておくとする。

「宇宙からのメッセージ」
東映特撮 YouTube Officialにて本編視聴可 



これまで部分的に見たことはあっても通しで見たのは実は今回が初めて(テレビシリーズの「宇宙からのメッセージ/銀河大戦」は何度も見ていたがこちらの真田広之は別人の設定)

話の根幹が南総里見八犬伝なのは知っていたけど期待していた"強者結集のカタルシス"の要素は本編中にあまりまく、どっちかって言ったら成田三樹夫とか三谷昇とか天本英世なんかの悪役側の魅力とけっこう頑張っている特撮場面でもっている映画だったような感じ。

八犬伝繋がりで書くと同じ深作欣二監督で映画化された「里見八犬伝」(84)の千葉真一の役どころがこの映画と殆ど一緒だったのに驚いたが、志穂美悦子含めてこれは意識したキャスティングだったのかも。


「ガンマー第3号/宇宙大作戦」
※東映特撮 YouTube Official にて本編視聴可



これ見るのはガキの頃とおっさんになってから一度見たのとで三回目かな?不思議と何度見ても印象にあまり残らない映画で(ーー;) 上に書いた「メッセージ」と同様特撮はけっこう頑張っているのだけどどこかパンチ不足なのは否めない。出演者は知らない外国人俳優ばかりで東映臭を消すことは出来ているが、主役のロバート・ホートン含めた主要キャストがあんまりカッコ良くなくて、たぶん役者の魅力不足というのも印象の薄さになってしまったのではないかと思っている。でもストーリーは今見たら「エイリアン」を先取りした感があって驚いたが、モンスターのみょーなカワいさ(__;)がそれを打ち消してしまっているのも惜しい(音楽もけっこうかっこよかったしいろんな意味で残念・惜しいと言う言葉の浮かぶ映画だったかも)

あと今回になって遅まきながら気がついたのはウルトラセブン「ウルトラ警備隊西へ」にドロシー・アンダーソン役で出ていたリンダ・ハーディスティーが出演していたこと。なんで気がつかなかったかねー・・・


「好色元禄(秘)物語」



東映チャンネルが深夜にお色気系のコンテンツをやっているとは今回初めて知った。ただどちらかというと「徳川セックス禁止令」みたいな昔のお笑い色が混じったもの(しかもあんまり笑えないという(__;))が多くて股間を刺激するところまでは至らず。この映画も元・ウルトラ警備隊のアンヌ隊員だったひし美ゆり子の男好きするヌードを拝めるのがだけが唯一の見所。それと画質がHDじゃなくてSDマスターの額縁画面なのは大きなマイナス。


「海賊戦隊ゴーカイジャー・ファイナルライブステージ」



この手のライブは定期的に放送されているらしく(DVDと内容が同じかどうかは不明)だいたいは千秋楽の模様が三時間程度流されるのだが、役者達が最後の挨拶で感極まって涙に暮れるのがお約束になっているようだ。今回もキャプテン・マーベラス役の小澤亮太が大号泣(T_T) それも男泣きではなく子供のように声を上げて泣きじゃくっていたのがビックリしたというか印象的だったとというか、こうして会場に来ている若いママさん達の母性本能をナチュラルに擽るのはただのイケメンではないとみょーに感心(じっさい番組ずっと見てた人ならけっこうもらい泣きするレベル)

あと見たのは「イナズマンF」とか「仮面ライダーX」とか「鋼鉄ジーグ」とかそんなんばっかなんで(ーー;)今回は割愛。

関連記事

4 Comments

楽珍劇場  

良いですね、東映チャンネル。
千葉ちゃんの「直撃地獄拳」とか、レンタルで置いて無さそうなタイトルをじゃんじゃん流してくれるから好きでした。

「宇宙からのメッセージ」は、キャストが滅茶苦茶に豪華な割にはドラマがまるで印象に残りません。

そのかわり、メカデザインはグッドですね!
特に、主人公たちが乗るリアベ号は素晴らしいです。
左右のアームを展開して小型機を発射するシーンは何回観ても鳥肌が立ちます。

2013/05/07 (Tue) 21:06 | EDIT | REPLY |   

しろくろShow  

>楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントありがとうございました<(_ _)>

確かに空手映画と時代劇は他局の追随を許さない物がありますね。放送予定の予告見てるだけで楽しい気分になれました(^_^;)

「メッセージ」のメカ類ですとガバナス側の戦艦と戦闘機が僕は気に入ってました。たぶん戦艦の方は小学校の頃欲しかった筆箱(ーー;)に似ていたからではないかと言う気もしているのですが。

あとテレビ版「銀河大戦」のコーガー団長・イーガー副長・クノーイ(ベタなネーミングでしたな)のトリオも好きでしたよ。

2013/05/07 (Tue) 21:25 | REPLY |   

シャオティエン  

「ガンマー第3号」には「サンダーボール作戦」にスペクターの殺し屋役で出演したルチアナ・パルッツィも出演している様ですね。観たことありませんが・・・(汗)。「銀河大戦」はリアルで観た記憶があります。内容は殆ど覚えてませんが、何種類かあったメンコは良く覚えています。

2013/05/15 (Wed) 10:02 | REPLY |   

しろくろShow  

>シャオティエン さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

「ガンマー三号」はそういう"何処かで見たあの人"を探すのも楽しい映画でした(^_^;)

それから「銀河大戦」はお話しだけなら僕は映画版より面白かったと思いますねー。伊上勝の脚本ということもありますが、後半は殆ど「赤影」状態だったのが楽しかったです。

2013/05/15 (Wed) 21:40 | REPLY |   

Leave a comment