暑いからの一言で片付けて良いのか

我ながらイカンなと思うのだが毎年気温が上がってくるといろんな「やる気」というものが少しずつ無くなってしまうのだ。今で言えば映画館に足を運ぶ回数なんかも間違いなく減ってるけど、それより問題なのは「自宅で見たのにブログに記録してない映画」の本数がかなりの物になってしまったと言うことになるだろうか。

ちなみにウチの場合家で映画を見るのはほぼCSかBSの衛星放送で、レンタルは年に数枚程度しか借りてこない。春先までは主に日本映画専門チャンネルとイマジカBSで放送される映画だけを視聴していたが4月以降思い切った契約変更(と、言っても支払う金額はあまり変動無いのだけど)をしてみたせいで現在は以下の映画系チャンネルを見ることが出来ている。

イマジカBS
日本映画専門チャンネル
チャンネルNECO
ザ・シネマ
ムービープラス
FOXムービー

あとはB-CASカードの枚数分だけ15日間無料体験が可能なwowowシネマや、時折サービス価格で提供されているスターチャンネルが時期によっては入ってくることもあるが主たるところはこんなもの。ハッキリ言って何処も廉価Chなので新作・大作のオンエアはあまりなく、月間放送本数も少なめではあるがこれだけ選択肢があれば毎日某か興味のある映画をやっている可能性は高いのだ。

結果HDDの中は録画された映画がアホみたいに溜まり、毎晩就寝前に見るようにはしているけど気がつけば流しながら視聴している(ダメな見方だけどつまんないとこ飛ばしてみたりとか(__;))事が多くなってきて、なんとなくだけどアタマに残りにくい消化の仕方してるんじゃないかという感じになっているのだ(たぶんブログへのアップが滞りがちになっているのはそのせい)

ここいらで一回リセットじゃないけど脳内のリフレッシュの意味も込めて「この数ヶ月わしゃいったい何を見てきたのかのぉ」とジジイのむかしばなしよろしくで記憶を辿ってみることにした(以下思い出した順に(ーー;)一言コメント付きで記載)

「SRサイタマノラッパー3/ロードサイドの逃亡者」○・・・悪顔の奴らが本気でコワイのは前作以上だけど、彼らの地元深谷市に籠もったままだった一本目の方がもどかしい面白さアリ。
「宿無し犬」○・・・話は普通ながら田宮二郎のネイティブな関西弁がテンポ良くて小気味良い。
「アナザー・プラネット」◎・・・かなり面白かったんで改めて記事にしようかと思っている。
◆「unknownアンノウン」△・・・「SAW」風に始まった序盤は人物配置設定が面白かったけどオチへの誘いがあまり巧くなく、解決してもあんまりスッキリしない終わり方に思えた。
「ムカデ人間」△・・・もっと異常で奇っ怪なモノを想像していたら案外普通のサスペンスだった。続編に期待。
「フライトナイト恐怖の夜」×・・・旧作が大好きだったせいもあるけど、どうもこの新作のすべてが気に入らず。何より主役の男の子に魅力が全くないのは問題だし、吸血鬼役のコリン・ファレルもチンピラ色が強すぎて親玉感薄い。
「エクスペンダブルズ」△・・・アクションスター版の「怪獣総進撃」みたいなのを期待したつもりだったのに、これじゃなんだか音沙汰無い友人の生死確認会みたいで侘びしさの方を強く感じてしまった。
「恐怖ノ黒電話」◎・・・これもかなり面白かったんで別記事にする予定。
「夜明けのゾンビ」○・・・明日への希望を感じさせる前向きなゾンビ映画は珍しい。個人的にはかなり気に入っている。
「レッド・ステイト」△・・・状況設定は面白いし先も読み辛かったけどなぜかこの展開に納得いかず。ちょっと捻りすぎたかも。
「人狼村・史上最悪の田舎」○・・・作風は現代に蘇った「狼男アメリカン」みたいでひじょうに楽しい。もっとコメディ色強くても大丈夫だったと思うが構成は意外と真面目。
「ペット・セメタリー」○・・・劇場公開時以来の再見。オチ以外なんにも覚えてなかったけどやっぱりラストのインパクト強し。
「メン・イン・ブラック3」×・・・単純にオモロなかったなあ(__;)バカ映画でこんだけテンポ悪かったらしんどいと思うわ。トミー・リー・ジョーンズもこの内容なら出演断れよ。
「サバイバル・オブ・ザ・デッド」△・・・ロメロ御大の本家シリーズなのにすっかりスケールダウンした小さな話になってしまって、今や亜流の新作の方が面白いんじゃないかと思うほど。
「ナビゲイター」○・・・これも再見組。超健全な大団円映画で当時けっこう好きだった。ヒロインがサラ・ジェシカ・パーカーだったのは実は最近になって知ったのだ(__;)
「鎧 サムライゾンビ」△・・・すべてがびみょーで中途半端な印象。最後もかなりムリヤリでそんなアホなな終わりだし。しかしながらゴア描写はけっこうがんばっているかも。
「真夜中の弥次さん喜多さん」×・・・アカン、どうしてもクドカンとは合わない(×_×)なんでみんなコレで笑えるのかおっちゃんには不思議。
「幽霊屋敷の恐怖・血を吸う人形」△・・・主役が中尾彬/松尾嘉代と言うコンビなのがこの映画のくどさを物語るが、裏ヒロインの小林夕岐子がめっちゃ綺麗なのでそこで許せてしまうところがある。
「私の奴隷になりなさい」△・・・全体的にみんな声がちっちゃくて台詞聞き取れず。お話自体は昭和のエロ本風でちょっと古い感じ。
「田園に死す」×・・・シュールな前衛劇というのは嫌いではないし、映像も悪くないんだから白塗りは舞台だけにしとけよって言いたくなってしまった。映画として見たらアレはすごい邪魔。
「ダブルフェイス 秘めた女」△・・・ソフィー・マルソー対モニカ・ベルッチという伊仏2大熟女巨乳対決という世界タイトルマッチ級の図式があるのに、なんとも出し惜しみしたまま終わった2時間(そういうシーンが全然無いわけではないけど)これプロレスの試合だったらたぶんカネ返せコール起きてるぞ。
「女優霊」○・・・これまた再見組。あー、あの子石橋けいだったのかと今頃気づいたのと(__;)普通にしてる白島靖代がけっこう雰囲気怖いというのが今回自分なりの新しい発見。

多分もっとあったとは思うけど思い出せたのはこんなもの。並びを見るとなんとなく趣味の偏りがわかりますな。
関連記事

4 Comments

映画カッパ  

ハードディスク

ワタシもレコーダーのハードディスクが、すぐ満タンになってしまいます。撮ったらいつか観ると思いながらもツイツイ後回しになってしまいます…。本当はオンタイムに観るのが一番ベターなんでしょうね??

2013/07/31 (Wed) 23:47 | REPLY |   

しろくろShow  

わかっていても

>映画カッパ さん

こんばんは、コメントありがとうございました_(._.)_

録画して安心するのがよくないのか(__;)どーしても見るまで何日かかかってしまいますね。

目を皿のようにしてみていたビデオのない時代が懐かしいです(あの頃はCM終わりまでトイレにも行きませんでした・・・)

2013/08/01 (Thu) 22:08 | REPLY |   

たかのツメ  

溜め録りの消化はキツイ…

お久しぶりです。(^o^)/
全く同じ事態に陥っております。 ブログに紹介したく 選挙戦前にアップしたかったんですけどね… 溜まり過ぎると あっコレは消し レンタルするほどじゃないけど名作? などと頭の中では整理しつつ で何時観る? 今でしょ!って言いたいところ (笑)
結局放置

しろくろさんはすごい
自分の中では
ペットセメタリーですかね

佳作です!
続編はコケましたが

妙にリアリティが漂いつつ的なで、ラストやっぱりインパクト大ですが…妻を墓から移し直してちゃダメでしょうって(笑)

2013/08/05 (Mon) 07:31 | REPLY |   

しろくろShow  

けっこうガンバッテます

>たかのツメ さん

こんばんは、お久しぶりです。そしてコメントありがとうございました<(_ _)>

いやー、自分でもかなりムリして見てると思いますよ。そろそろ我々の年代も深夜の映画消化が堪える老齢に突入してきたのかもしれませんねー・・・

「ペット・セメタリー」本文にも書いてますけどホントに久しぶりだったんですよ(確か続編はエドワード・ファーロングが出てたかな?)

最後のヨメが帰ってくるとこは今見てもやっぱりコワかったです(>_<)

2013/08/05 (Mon) 18:36 | REPLY |   

Leave a comment