あなたのハートには何が残りましたか?

と、いうフレーズを使っていたのはテレビ東京系で放送されていた「木曜洋画劇場」の解説者・木村奈保子であったが、見ていた当時はなんか知らないがとてもエラそうに上から目線で言われているような気がして(ーー;)(まあこちらの勝手な思い込みではあるけれども、どうも彼女の滑舌が生理的に合わなかったのと衣装や化粧の無意味な派手さが好感を持たせることを阻んでいたような気がするのだ)毎週「オマエに言われたないわ!」と言い返したくなる時間でもあった。

しかしながらこの番組自体は特に晩年気の利いた次週宣伝文句がすばらしく出来が良く(コレは私の好み・琴線にアジャストしていると言うだけの話なのであまり参考にはならないが)どんなしょーもない映画でもついついチャンネルを合わせてしまう力を持っていたのだ(下動画参照)

残念ながら近年の地上波は映画枠が極端に少なくなっており、毎週放送されているのは「金曜ロードショー」のみとなってしまった。今の時代映画を見たければ手軽にレンタルもあるし、有料の専門チャンネルもあればネットでも見られてしうまうわけで、局側に高い権利料払ってまで地上波で放送するメリットがないのもわかるのだが(昔のように大作やれば20~30パーセントの視聴率が取れるわけでもなく)テレビの映画枠で育った世代の一人としては少々寂しい気分にも駆られてしまうのだ。

これが地上波以外のメディアで特に無料系BSを見てみると放送されている映画の本数は今かなりの数があると思うのだけど、その殆どはカットされたうえ洋画であれば字幕のみでのオンエアになっていることが多い。扱いとしては通販番組開始までの完全な穴埋めか繋ぎのような形になっており、なんだかやる気のない編成に見えて侘びしさすら感じさせてしまうほどなのである(ーー;)

そんな中さすがだと思えたのはかつてその「木曜」を放送していたテレビ東京系BSのBSジャパンだ。こちらの局では映画枠が週末に3~4つ集中していて、ちょっと昔の映画がなるべく吹き替えで放送されるようになっており、それもかなり以前にアテレコされた所謂「お馴染み・懐かしの声優バージョン」を随時放送してくれるのが吹替好事家としてはひじょうにありがたいのだ(10月からは毎週「男はつらいよ」全作を放送する番組もスタートするのでまた映画関連番組が増える)

今月だと「ダーティーハリー2」~「ダーティーハリー5」を山田康雄版イーストウッドで、少し前なんかは「俺たちに明日はない」を大平透版ジーン・ハックマン(小池朝雄と石田太郎の印象しかなかったのですっごい新鮮だった)で放送していた。たぶんそれぞれ今Blu-rayで売られているヤツに収録されたヤツと同じバージョンだと思うのだけど、20時21時というけっこうイイ時間にこういうナツカシ映画がナツカシ吹き替えで見られるというのは実にヨイ。

映画によっては10月放送予定の「アラビアのロレンス」のように新録(と言ってもこれも10年以上前ではあるのだが)吹き替え版の放送もあるし、毎回どの声のバージョンが放送されるのだろうという楽しみもあったりするのだ(岸田森版のピーター・オトゥールもいつかやってほしいもんだ)

局側が拘りを持っていると感じるのは、以前オンエアされた「タワーリング・インフェルノ」の完全新録放送のように、DVDでも地上波でもなくBSジャパン発の試みとしてこういう企画を持ってくると言うチャレンジ精神にある。こういうのを見ていると特に義理も何も無いけど、映画ファンとしては応援したくなる心理は強くなりますわな。


※声優・俳優の石田太郎さんが9/21にお亡くなりになったそうです。小池朝雄亡き後ジーン・ハックマンや「刑事コロンボ」のピーター・フォークの声をなんの違和感もなく引き継がれて、その声質の近さと巧さには感心するコトしきりでした。謹んでご冥福をお祈りいたします、合掌(-人-)
関連記事

6 Comments

びょうせい  

BSの映画番組が増えたのは嬉しいのですが、本編カットに加えエンドロールもカットされていたり、次週予告のはじっこでワイプの超早送りで流されたりするのは、出前のラーメンを食べたらネギやチャーシューなどの具が足りなかったときみたいで、けっこう不愉快ですね。
地上波の金曜ロードショーでも、ルパンの新作アニメやジブリ作品などを覗いて、本編やエンドロールのカットはBS同様ですし、たまに気になっていた映画がノーカットで放送するときに、「特別拡大版ノーカット放送!!」とか、あたかも凄いことをやっているような、「どうだ、ありがたいだろう」的な、勘違い俺様番組を放送されるときは、スカパーでの放送を見越してスルーしてしまいます。
それ以上に、レンタルソフトではまったく観なくなりました。

2013/09/24 (Tue) 18:24 | REPLY |   

しろくろShow  

そういえばこの日曜の

>びょうせい さん

こんばんは、コメントありがとうございました<(_ _)>

「トランスフォーマー・ダークサイドムーン」もエンドロールは正にそのパターンで放送されてましたね(^_^;)(まだ放送枠三時間空けてくれていたので良い方ではありましたが)

レンタルは僕も殆ど行かなくなりました。元々性格的にいついつまでに見て返す、という最初から縛りがあるのがどうも合わないのか、すっかりBS/CSの録画派(スカパーメイン)になってしまいました。自分のバイオリズムで映画を見られる体勢にした方が昇華率は良くなったような気がしています。

地上波で放送される映画はカット前提宣伝ありあり不要な説明スーパー画面に被りまくりという(ーー;) 酷い形ではありますが、好みのジャンルやってるとやっぱり見てしまいますね。

つい最近も「ウルヴァリンZERO」を途中からでしたけど見てしまいました(風呂上がりで何気に見出すタイミングがちょうど良い感じなのです)それくらい地上波の映画に対しては緩く温く付き合うようにしています。

2013/09/24 (Tue) 21:58 | REPLY |   

こじか  

もぅ最高じゃないですかxaxaxaxa!!! 木曜洋画の予告6分50秒を余すところなく観てしまったワケですが、「ドリヴン」とか入っててほんっと何〜の意味もなく吹き出しちまいました^^;

わたしの小さい頃には地上波洋画もまだこのテンションが普通にあったなぁ、吹替えも覚えちゃうのが当たり前なほど素敵な時代でした。また“吹替好事家”ってフレーズがまた、、、いい! あるんですよね〜馴染みのある名吹替えって奴が。当時のVHS、消さなきゃよかった...嗚呼。

いやすみません、お邪魔しました^^;

2013/09/24 (Tue) 23:45 | EDIT | REPLY |   

しろくろShow  

そーなんです

>こじか さん

こんばんは、コメントありがとうございましたm(__)m

自分で貼り付けといて言うのも何なんですが、この予告編集めっちゃ面白くて(__;) もうかれこれ4~5回は見てしまいました。たぶん本編よりこっちの方が面白いんじゃないかと思いましたよ。

そういうと吹き替えがよくて捨てられなかったVHSを何枚かDVD化していますが、今見たら昭和の裏ビデオ見たなすごい画質になってしまってました(輪郭ぼやけて酷いモンでした・・・)特に声が全部違うブルース・リーの映画は消せなかったですねー(僕は「ドラゴンへの道」の柴俊夫が意外と良かったなと)

ちなみにBSジャパン10月の「アラビアのロレンス」は山寺宏一バージョンらしいです。

2013/09/25 (Wed) 22:21 | REPLY |   

たかのツメ  

金掛けないためにも

ワタクシもレンタルより BSプレミアム&民放BSへ集中して…家内映画鑑賞に重宝してます。
「ローレンス…」 放映されるのですかぁ 楽しみですなぁ(笑)
ラストまでうろ覚え的な作品なんで…
DVDライブラリーでソフト保有もしてましたが ホームシアター作戦失敗と共にライブラリーで集めたソフト約300タイトルを手放させられ 涙しましたよ。
また機会あればBDかき集めです。(笑)

2013/10/02 (Wed) 07:25 | REPLY |   

しろくろShow  

トシとともに執念無くなってきました

>たかのツメ さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

ソフト集めるのに血道上げていたのも今は昔(ーー;) この数年はホンマに縁遠くなってしまいました・・・

無料BSやGYAOなんかの無料映画はそういう意味ではたいへん重宝しています。

しかしホームシアターは未だ「夢」として持ってますねえ。還暦超えたらDIYで頑張ってみようかなどと夢想してますよ(^_^;)

2013/10/02 (Wed) 21:18 | REPLY |   

Leave a comment