ちょっとゴソゴソするよ

早く書かないと忘れそうな「グランド・イリュージョン」を見て来た話。
 
夫婦でサービスデーのレイトへ行って来たのだけど実はそれほど期待していたわけではなく、まあ1000円だし値段なりの楽しさがあったらそれでいいやなと最初からハードルを低く低く設定していたら、これが思ってたより高いジャンプを見せられちょっとビックリした気分に(__;)

特に事前情報調べたりとかせず飛び込みみたいな感じで見に行ったにしてはなかなか面白い映画だった(嬉しい誤算と言うのは簡単だけど、こういうのもなかなか無いこと)とにかく気に入ったのはどのシーンも常時画面に熱気と勢いがあるのが見ていてすっごい気分良かったし、大仕掛けマジックの映像処理も細かい種明かしをあまりすることもなく(と、言うかアレじゃしたくてもでけへんだろうけど(ーー;)前半はともかく後半はムリあったなあ)もう殆ど手品じゃなくて魔法レベルの凄ワザを次々見せてくれるのが痛快。

肉弾戦アクションからカーチェイスへの流れもありがちなハリウッドスタイルの見慣れた描写ではなくて、なんとなくジャッキー・チェンの映画を見ているかのような遊び心のある見せ方をされていて、こういうところでも絵だけで飽きさせないように作られているのは大したサービス精神だと思えた。

と、まずは良いところが目に付いたけど実はこの映画欠点もたくさんあって、主役四人の繋がりがあまりにもさらっとしか紹介されないため、どうしてこんな凄いことをこのグループでやるのかという理由付けがひじょうに薄いのだ。

それに関連して彼らの周りの人たちの関わり方があまりにも浅く説明不足な点がやたらとあるところとか(フランスからやってくる女捜査官(どっかで見たねーちゃんだと思ったら「イングロリアス・バスターズ」でショシャナ演ってたメラニー・ロラン。あらためて顔見ると若いときのナスターシャ・キンスキーに似てる気がする)がホントは何の目的で来たのか臭わすだけ臭わせておいて、いやいや結局はなんにもないねん(ーー;)みたいなネタ振っただけかい!的なとこもオイオイとは思ったが、登場人物の配置自体がこの映画全体のキーワードである"ミスディレクション"だと言うことであれば合点はいくけれども)

そういう細かい所では辻褄が合わなかったりストーリーそのものにかなりムリがあったりするところも多々あるため(黒幕のアイツがあの立場でどうしてこんなコトできたんだ?と言う疑問には一切誰も答えてくれないし(__;))物語のディテールや整合性を優先して映画見る人には合わない作品かもしれない。

しかしながらここまで"楽しさ・爽快さ"を先行させて作られた映画というのも娯楽映画としては正しい姿ではないかと思えるわけで、大きな画面、大きな音響で素直に気持ちよくスッキリ鑑賞する事が出来るのはある意味映画館というアトラクションの正しい使い方であるとも思うのである(なのでこの映画をホントに楽しもうと思えば劇場へ行くか、自宅に大画面テレビ無い人はホームシアター持ってる知り合い宅を無理矢理に訪ねてでも(ーー;)見るべき)

見終わってから冷静に判断してプラスマイナスで書くと、どっちの要素もたくさんありながら個人的にはプラスの要素が僅差で勝った映画だったと言う気がしている。そしてエンタメ好きならまず嫌いにはなれない映画でもあった。
関連記事

2 Comments

基本は映画は映画館で観るもの。  

晴雨堂ミカエル

 映画ファンの諸兄の多くは「映画は映画館で観るもの」という。私も基本は同じだが、物理的制約と経済的制約で全ての作品を映画館で観るのは事実上不可能で、どういても選択せざるを得ない。

 こればっかりは是非とも映画館で観なければならん作品もあれば、無理に映画館で観なくても上映から1年ほど経てば近所のレンタル屋で1週間100円で貸し出されるのでそのときに観よう、それで済ませても十分な作品もあります。
 また作品でも「2012年」のように最初から映画館仕様で制作され、映画館でなければ魅力が三分の二減するものもあれば、「犬神家の一族」リメイクのようにDVDで十分、リビングのテレビでも勿体無い、パソコンの小さな画面で十分のもある。
 
 この作品は映画館こそ映える作品ですね。たぶん、DVDを借りて自宅のテレビで観たら、冷徹に粗ばかりが目立ちそうです。

2013/11/16 (Sat) 10:55 | REPLY |   

しろくろShow  

取捨選択が必要ですね

>晴雨堂ミカエル さん

こんばんは、コメントありがとうございました<(_ _)>

確かにその通りです。むしろ映画の内容や善し悪しではなく、題材と向き不向き(テレビサイズが合うのか劇場サイズが合うのかと言った)の問題が大きいような気もしますね。

この映画についてはでっかい画面、でっかい音響での鑑賞が最も適していると私も思っています。

2013/11/16 (Sat) 17:54 | REPLY |   

Leave a comment