零下一四〇度の対決

「アナと雪の女王」を見てきた。



例によって9歳の姪のお付き合い鑑賞で行ってきたため予備知識がほとんどなく、あー確かディズニーのアニメだなあという漠然としたイメージで見てきたのだけど、ミュージカルであるという覚悟(?)(実は我が輩苦手のジャンルなのである。詳しいことは以前書いたこちらを参照)もなく突然♪ゆきだるまつくーろー♪と劇中で唄われ出したときには「しまった」と思ったが時既に遅し(ーー;)(考えてみたらディズニーアニメにその要素があるのは基本か。前に見た同じディズニーの「塔の上のラプンツェル」にそれほどミュージカル感を受けなかったからかもしれないけど、ここまで歌だらけとはちょっと思ってなかったかも)

ストーリーの方は最初からトントントンー、と景気よく進んでいき映画はアナとエルサ、まったくタイプの違うふたりの姉妹の心の動きを中心に動いていく。余所のレビュー等では「省きすぎ」とか「描写不足」と言う声も多々あったけど(彼女たちの子供時代から現在までをほぼ10分くらいで駆け抜けている)それをやっていたらとてもじゃないけど100分で収まるような映画にはならなかったと思うし、僕はどちらかといえば雑多な枝葉をバッサリ省いて物語の軸("真実の愛とはいったいなんぞや?"という)をがっつりと描写したこの形の方が良かったのではないかと思っているのだ。

ちなみに今回見たのは吹き替え2D版。先に書いたとおりただでさえミュージカルにやや苦手意識を持っているのに、それを原語ではなく日本語で歌われた日にゃ寒くて見てられないんじゃないのかと(原題名通り"Frozen"状態になりゃせんかと)心配していた。しかしながらそれぞれの曲の出来が良いせいか一回耳に入れてしまえばそういう邪な感想も後からはあまり湧いてこず、映画終わりでもアタマの中はいつまで経っても主題歌の♪Let It Go♪が鳴り響いていたのである(あの後仕事場でもつい♪ありのーままのーすがたみせーるのよー♪と口ずさみそうになってしまったからコワイ(ーー;)(完全に刷り込まれてしまいましたな)

吹き替え担当の神田沙也加松たか子が予想以上に役にハマっていたのと雪だるまのオラフをアテていたピエール瀧があまりにも良い仕事をしていたのにも驚いたし(エンディングで声優のクレジット見るまで知らんかったからよけいビックリしたわ)キャスティングがよければ日本語ミュージカルも悪くはないなと少し宗旨替えしようかと思っているところである。

物語の収束する過程で敢えて重箱の隅をつつくような事を書いてしまえば「オマエそれが今出来るなら話もっと早かったやないかい!ここまでの苦労はなんやねん!」と言ってしまいそうなところも有るには有るのだけれど(ーー;)最終的には笑って許せる程度のものでむしろこういうクロージングのさせ方の方が見てる方としたら気持ち良いいんじゃないかとも思えた(所謂「ザ・大団円」とでも言いますか)

それともひとつ感じたのは本編すべてに於いて女子力の高い映画だったというか、オラフ以外の男子登場人物が顔の特徴もあんまり無くて誰も彼もが添え物に見えてしまっているのも徹底しているなと。映画の扱い優先順位としてヒロイン>マスコット>どうぶつ>オトコとハッキリしててそこは面白い。

この映画はディズニーアニメにさほど思い入れのない自分でも素直に楽しいと感じたし、ぜひ一度は原語版も見てみたいと思えるアニメでもあった(アナの声をクリスティン・ベルがやっているというのも興味アリ。←「ヴェロニカ・マーズ」のあの子だが実は好きな女優さんなのである)また劇場に行った人ならどの世代の人でも必ず良い気分になって帰ってこれる映画だと私が小さく保証いたします(さほど有効性はないけどね( ̄。 ̄;))そしておそらくサントラ聴きたくなるのもマチガイ無いので、口ずさみたくなったときはまず場所を考えましょう。

関連記事

14 Comments

バニーマン  

こんばんは。

本国でサントラバカ売れなのは当然なんですね。

日本のミュージカル苦手な男にも鼻歌歌わせてしまうなんて(笑)。

この主題歌、ラジオでも毎日のようにかかっています。

僕も嫌いじゃないけど苦手なのです、ミュージカル。
よほどのことが無いとこの作品観ないかも(^_^;)、

2014/03/29 (Sat) 19:37 | REPLY |   

しろくろShow  

少なくとも3曲は頭から離れなくなっとります

>バニーマン さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

いやー、ミュージカルは苦手というか見ていて恥ずかしくなっちゃってダメだったんですよ(本文のリンク先でも書いたように、なんでもないフツーの場面を殊更ドラマチックに歌い上げてる人を見ては爆笑してしまったり(ーー;))

楽曲が良かったのもありますが、これはアニメだからすんなり頭に入ってきたのかもしれませんね。

ちなみに昨日も仕事でメモ取ってるときついき口ずさんでしまいました(ヤバイヤバイ( ̄。 ̄;))

2014/03/29 (Sat) 21:16 | REPLY |   

映画カッパ  

知らなかった

確かに、毎日ラジオで鳴ってます。
しかし、ピエール瀧さんが吹き返しているとは…
意外でした!!
ワタシ的に今一番注目の俳優さんです。

2014/03/29 (Sat) 23:45 | REPLY |   

楽珍劇場  

基地へ帰れば、温かいコーヒーが・・・

コンバンワ。
凍結怪獣ガンダーの話題かと思ったら、違った(笑)

ディズニー作品の楽曲はいつも素晴らしいですね!
ワタシも正直、ミュージカル作品はとっつきにくかったんですが、同じくディズニーの『美女と野獣』で目からウロコが落ちてから抵抗はなくなりました。

『リトルマーメイド』や『アラジン』もサントラ買って繰り返し聴いてましたね~

2014/03/30 (Sun) 19:04 | EDIT | REPLY |   

しろくろShow  

顔見たら悪人面なのに

>映画カッパ さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

最近のピエール瀧さんは電気GROOVEのミュージシャンというよりすっかり個性派俳優の仲間入りをしてしまったような気がしますね。

顔の作りは全然いい人に見えないんですけど(^_^;)

2014/03/30 (Sun) 20:05 | REPLY |   

しろくろShow  

第三氷河時代は諦めることにする

>楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

エルサは再び復活した。さあ、ハンスとの決戦だ・・・と言う話じゃなかったですね( ̄。 ̄;)

確かに楽曲はとても良かったです。これは勝手な想像だけど最初からどんな原語になっても違和感ない作りにしているのかも?と思ってしまいますね。

本文にアップした25カ国バージョンの♪letitGo♪聴いてるとあながちマチガってないんじゃないかと言う気がいたします。

2014/03/30 (Sun) 20:14 | REPLY |   

晴雨堂ミカエル  

私はデズニーは嫌いだ。

 私はデズニーは嫌いです。巷では「ライオンハート」なんてカタカナ邦題つけてる「獅子の心」なんか手塚治虫の「ジャングル大帝」のパクリです。そのくせ他人には著作権侵害をでっち上げて声高に脅す。アメ公の考えは好かん。

 という訳で、たぶんDVDでは観るでしょうが、映画館では観ない。

 松たか子ファンの友人が本作を絶賛していました。原版より吹替が良いと言い切っていました。

2014/04/01 (Tue) 00:31 | REPLY |   

しろくろShow  

ちょっとあの歌声は感動しますな

>晴雨堂ミカエル さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

吹き替え版がイイというのは実際見て来た私もよくわかります。字幕版は未見でありますが松たか子があまりにも良かったので反対にオリジナル音声聴いてガッカリしないかと心配です( ̄。 ̄;)



2014/04/02 (Wed) 00:19 | REPLY |   

デラ  

おはようございます

デズニー大好きな私ですが、さすが最近はアニメは観ることないのですが、娘(34才)が観たいとのことで^^
劇場へ行こうかと思ってるところなんですよ☆

苦手なShowさん もそれなりに楽しめたようですね(笑)

2014/04/04 (Fri) 11:04 | REPLY |   

しろくろShow  

それなり以上でした(ーー;)

>デラ さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

いやー、これは自分が思っていた以上に全然良かったですねー(^_^;)

歌が良くて話もハッピーエンドで終わるというのは家族で見に行くのにぴったりだと思います。親子鑑賞にはちょうど良いかもしれませんよ。

2014/04/04 (Fri) 21:59 | REPLY |   

mia☆mia  

こんにちわ

みなさんが絶賛してるんでワタシも行こうかなぁ。
25か国バージョン、先日ワイドショーでも見ましたが、どの国の歌姫も上手いですね←アタリマエ
松さんはすごく上手だし声もかわいいですね☆

2014/04/15 (Tue) 17:47 | REPLY |   

しろくろShow  

返信遅くなりました、すいません<(_ _)>

>mia☆mia さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>
それと返事が遅くなって申し訳ありません。

昨日は帰りが0時近くなってパソコンOnできませんでした・・・

mia☆miaさんは確か字幕派だったと思いますが、そういう方でもこの吹き替え版は気に入ってもらえるような気がいたします(^^)

2014/04/16 (Wed) 22:05 | REPLY |   

mia☆mia  

こんにちわ

映画館で見るのは無理かと思ってたけど、人気作品なので回数も多く、おかげで無事鑑賞できました。

いつも思いますけど、しろくろさんってブログのタイトル付けがお上手ですよね~。

初夏だというのに、氷と吹雪の世界。一気に涼しくなれました。

観客はたしかに女性と女子児童ばっかりでした。
超満員だったにも関わらず、エンドロールの後明りがつくまで誰も外に出なかったです。
異様な光景でした。

英語版はやく見たいですよね♪

2014/05/31 (Sat) 18:17 | REPLY |   

しろくろShow  

実は本文より一生懸命考えているという話も

>mia☆mia さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

ここだけの話ですが(^_^;)実は私の書いているブログタイトルは殆どダジャレ(敢えてオヤジギャグとは言いますまい)か歌の歌詞の一部、または特撮モノのサブタイトルだったりします。

ハマったときは一人悦に入って喜んでますけどねー(^^)

で、「アナ雪」ですがその後動員数がエライ事になってますよね。DVDもアホほど売れるんだろうなと思いますがレンタル屋での状況が落ち着いたら珍しく借りてみようかなと。

2014/06/01 (Sun) 22:12 | REPLY |   

Leave a comment

3 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  『アナと雪の女王』
  • 原題:Frozen 製作年:2013年 製作国アメリカ 4/10 劇場にて鑑賞(3D・字幕) もう言葉はいらないでしょ!(◎´□`)サイコォォォー♪ 子供の頃観たデズニーアニメの感動が甦りましたぁ~☆彡 もちろん時代と共に映像的には変化してるけど・・ ストーリーやアニメのしなやかな動きなどはデズニーだね~ まず、初体験の3Dに感動~∑(`∀゚´*)オォ...
  • 2014.04.14 (Mon) 19:50 | 映画健忘録
この記事へのトラックバック
  •  アナと雪の女王
  • Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014()ディズニー Disney商品詳細を見る 【FROZEN】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 エルサとアナは美しき王家の姉妹。 しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、 真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエ ルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカ...
  • 2014.05.31 (Sat) 18:12 | miaのmovie★DIARY
この記事へのトラックバック
  •  アナと雪の女王 ディズニー/姉妹の絆を描いたミュージカル アニメ
  • 2014年 アメリカ アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品。ミュージカルです。日本での興行収入、観客動員数はいずれも歴代上位を記録した。映像の遠近感に加えて、人物の特徴を表現した動作や、二人の髪のなびきとアナのスカートのゆれに特に視線が釘付けになりました。最新技術を駆使し進化した映像はアニメの域を超えているとも感じられる作品です。 作品の主役はアレンデール王国の二人の王女。姉は触れたも...
  • 2014.08.07 (Thu) 07:28 | 映画・世界史から探る気になる人々