アニメじゃない、ホントのことさ

昨日の仕事帰りに「スーパーヒーロー大戦GP/仮面ライダー3号」と「ジュピター」を見てきた。

三月も終わりに近づいてようやく今年初めて映画館に来られたのだけど、月曜夜の二本立てとは我ながらチャレンジャーだと思ったな~( ̄。 ̄;)(それとプロ野球も始まったから出来れば試合のない日に来たいと思っていたのもあって)

二本立てになってしまったのはたまたまいつもより10分くらい早めに業務が終わり、タイムスケジュールを調べたら「仮面ライダー」の最終上映が17時40分からになっていたので、うん?コレひょっとしたら間に合うんじゃないの?と車を走らせたところなんとか時間前に中に入れてしまったからなのだ。これならハシゴも可能と判断し(「ライダー」の終了が19時20分で「ジュピター」が20時開始)ついその場の勢いでチケットを二枚買ってしまったのであります(ーー;)

そんなわけでそれぞれ覚えているうちに感想を記録。

「スーパーヒーロー大戦GP/仮面ライダー3号」

月曜の夕方とは言えまだ春休み期間中なんで子供の来場者が多く肩身が狭くなる恐れはあったものの(そういう環境は慣れてるけど(^_^;)いちおうガキ映画のオッサンぼっち鑑賞に対して場違い感は常に感じておるわけだよ)幸いなことに私を含めて来場者は6名ほど(しかもリアルコドモは一人だけ(ーー;))ここ数年の東映ヒーロー集合映画が面白かったためしがないので最初はコレもどうかなとは思っていたけどタイトルにもなっている実質主役のライダー3号のスタイルがなかなかカッコ良く、及川光博が変身するというそのキャスティングにも興味はあったし、なにより仕事で溜まったストレスのガス抜きとして90分楽しく見られたらそれでいいやと今回はひじょーに力の抜けた状態で鑑賞に臨んだのであった。

あーそれなのにそれなのに・・・(ーー;)そうした己の中で相当低く設定したハードルを誰も飛び越えてくれないとは(もう老人ホームの運動会レベルの競技設定だと思っていたのに)いったいどうなっているのかと。この日一人だけ劇場にいた小さな男の子がこの映画に満足して帰ってくれればそれで良いのだけど、もうとにかく最初から最後までストーリーがぜんっぜんわかんなくて( ̄。 ̄;)これはきっとオレの頭が悪くて理解力に乏しいのが最大の要因だとは思うけれども、どうしてムリに昔の話し(この映画で言うと最初の仮面ライダー最終回)にこだわって下手な弄り方をしてしまうのか、それが僕には一番わからなかった(いつもこれで辻褄会わなくなってガチャガチャになるのはわかっているのに)

歴代のライダーも可能な限り出したい、現役のスーパー戦隊も出したいというのが前提になっているならこんな安いタイムパラドックス展開は取っ払って「エクスペンダブルズ」のように来られるヤツだけ集結して戦うという流れにした方が良いと思うんだけど、そうじゃないと現役のライダーであるドライブがまったく目立ってこないし(この映画の中ではただ流されて行動しているようにしか見えず、従来の設定や良さがすべて生きていないようにも見える)ゲストで出ている他のライダー達もここに登場する理由付けがあまりにも薄く唐突なのは否めないわけでさ。

改変された歴史の中で誕生した3号ライダー/黒井響一郎はキャラとして魅力あったけれどもやはりバックボーンの紹介を丁寧にやっていないため、彼がどういう性格でどういう信念を持っているかという点が一切伝わらず(無理矢理ニンニンジャーを出す尺とヒマがあるならそういう描写に時間かけろよと言いたいが)新ヒーローとして最後まで感情移入出来ぬまま終わってしまった感があり、お話しの転がし方によってはもっと熱いヒーロー映画になったのではないかと言う気がするのである。それを考えると素材・ネタとしては実に勿体なかったと僕は思うのだ。

あんまり言いたくないけど今回は「ちょっと酷いんじゃない?」と( ̄。 ̄;)古参ファンの一人としちゃそんなことも言いたくなる気分でしたわ。それとおまけのDVDや別のメディアを見ないと顛末がわかんないような終わり方もできることならやめてもらいたいわね。

そして30分のインターバルを経て見たのが「ジュピター」

直前情報をアタマに入れてなかったけどこの映画「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟(お姉さんは以前お兄さんだった人だけど( ̄。 ̄;)いつの間にやら"ラリー"から"ラナ"に名前もチェンジしておられましたな)の監督作だったんだとかなり直前で知ったのだった。前作「クラウド・アトラス」は録画だけしてまだ見てないので自分にとってこの人達の映画を見るのは「スピード・レーサー」以来となる。

カネかかったSFアクションという話しだったけれどもその前煽りにウソはなく、映画始まって最初の空中戦やその後の木星でのクライマックス等、カメラの動きはとんでもなく激しくスピード感も抜群で映像面でのインパクトは相当な物(「トランスフォーマー」シリーズのように動きが速すぎて今何が起こっているのかわからないところまではいかないのも見易さをアップさせている。また徳島では3D上映がなかったのが残念なくらい。それから後でも書くがCGでの特撮シーンが実写寄りではなく敢えてアニメっぽい絵面に仕上げているようにも見えた)

ただ、はっきり言って映画の中身はそうとうにスッカスカ( ̄。 ̄;) ウォシャウスキー姉弟はよっぽど人間(人体)を資源として使うというネタが好きなのか「マトリックス」で相手(敵)がコンピュータだったのを本作では異星人に置き換えただけにすぎず、それが彼らの拘りから来る物なのかアイディアの使い回しなのかはわからないけど「またこれかい」という二番煎じ感はかなり強力(トイレ掃除を日々の仕事にしている女の子が銀河系を支配する一族の王位継承者になるという展開もややそれっぽい)

それにここまで大きな話しにしたわりにはずいぶん細かいところでグダグダしていたようにも見えたし(ハンコ押す押さんで揉めてるナニワの金融屋の話みたいだったな(__;)その前後にあった役所的手続きをギャグにしたかのようなパートはけっこう笑えて面白かったけど(ーー;))支配者のはずの異星人側がみんな弱いのも可笑しかったし、今思うと実はそういうツッコミどころを探して緩く笑う映画だったんちゃうかという気もしてきたなあ・・・

しかし乍らなんだかんだ言っても「ジュピター」は全編実にわかりやすく明快な映画で、最後まで見たらけっこう本気で楽しめてしまったのである(30分前に見た「ライダー」が子供向け映画なのにあまりにもわかりにくい不親切な映画だったこともある)雰囲気の近い物で言うと「ジョン・カーター」や「フィフス・エレメント」のノリに日本のアニメ風センスで味付けしたような感覚とでも言えば良いのか(ウォシャウスキー姉弟が日本のアニメオタクなのは有名だけど、今作で何を参考にしたのかは近年のアニメに造詣が深くないので僕はわからないが、宇宙船の変形や戦闘シーン、或いはそれぞれのデザインとか女性キャラの描き方とかは以前少しだけ見たことのあるガンダムUC(←じゃなかったかもしれない(__*))なんかを思い出した)

で、最近トシのせいもあるのか(ーー;)映画館に来て消化不良の映画を見せられるのがちょっと苦痛になってきていて、もう難解ならとことん難解で、娯楽に徹するならもっとエンタメで、といった風に右か左へ極端な針の振り切り方をしている映画の方が好ましいと思うようになって来ているのである(家で映画見るときはその限りではないが)この「ジュピター」でいえばそのイージー度・お気楽度・頭の悪さ度(;゜ロ゜)でメーターが高い数値を指していたためか個人的にはかなり満足出来たと思っているのだ(たぶんメジャーなレビューサイトでは酷評の嵐に遭っていると思うけれども、中には楽しんで帰ってきた人もいたということですわ)

あと蛇足ながらこの映画はヒロインのミラ・クニス(「ブラック・スワン」や「テッド」のあの子)よりカリーク役のタペンス・ミドルトンの方が僕には魅力的だった(不老不死の水に全裸で浸かって若返ったシーンでは「里見八犬伝」(83)の夏木マリを思い出させる綺麗なお尻を披露)体型ではなく顔で好みと思った女優さん見たのは久しぶり。
関連記事

16 Comments

ポール・ブリッツ  

いっそプリキュアを見ませんか(^^)

2015/04/02 (Thu) 20:25 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

つきあいが浅いので

>ポール・ブリッツ さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

プリキュア何度か見たことはあるのですがハマルところまでは行かず(思っていたより面白いなとは思いました)やはり思い入れも薄いので食指がなかなか湧いてきません。どうやら私の琴線に触れるにはもっと熟女系を大量投入してくれないと難しいようです・・・( ̄。 ̄;)

2015/04/02 (Thu) 22:44 | REPLY |   

ちょい若おやじ  

プロ野球もはじまって・・・
本当に忙しい季節がはじまりました。
すでに胃袋がキューっとする思いが続いております。

『ジュピター』
内容はともかく、映像見たさに今度観に行く予定です。
楽しみです!

2015/04/03 (Fri) 15:05 | EDIT | REPLY |   

ハヌマーン&さとる  

仮面ライダー3号

「3号」ダメだったのですか…。それならば、期待せずに観に行って、安心してガッカリできます。
やっぱり、倉田てつをは見たい。

2015/04/03 (Fri) 16:04 | REPLY |   

しろくろshow  

ダメというのも寂しい話ですが

>ハヌマーン&さとる さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

本文には書き損ねましたが昭和ライダー代表でひとり頑張っていた倉田てつをは良かったですよ。あの気合いの入った変身ポーズ/かけ声は平成ライダーには無い味ですね。

あと立花藤兵衛と言う大事なキャラの使い道(具体的には言いませんが)をこんなところで処理するのは止めてくれと言いたくなりました。

2015/04/03 (Fri) 22:20 | REPLY |   

映画カッパ  

ライダー3号

仮面ライダー3号…。
きっと、きっと醜すぎる脚本なんでしょうね?
ライダーファンなら、誰もが「あっ」と思った、
ライダーの造形。「THEシリーズ」の復活…。
久々に見た、生物的デザイン。
それでも、映画には期待できない悲しさ…。
もう、そろそろ本気で取り組みましょう。
と思いませんか??
ご鑑賞お疲れさまでした。

2015/04/03 (Fri) 23:18 | REPLY |   

しろくろshow  

今年のドーム遠征は5月になりました

>ちょい若おやじ さん

※すいません、ちょっとだけ加筆訂正いたしました。

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

本日ホークスに今年待望の「貯金1」が発生して若干浮かれております(^_^;) 

えー、それで「ジュビター」ですけど、本文にも書いてますとおりいろいろツッコミどころも満載ですが、映画館で見るには楽しい映画だと僕は思いましたよ。

それでよく見たらちょい役でペ・ドゥナも出てるんですよねー・・・

2015/04/04 (Sat) 21:45 | REPLY |   

しろくろshow  

まったくつまんないワケじゃないんですけど

> 映画カッパ さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

なんていうのかなー、その面白さのポイントが断片的な物でしかないというのがつらいところなんですよね(ーー;) 脚本なんてあって無いが如くの支離滅裂さですし、今の東映のスタッフは「ライダー」というコンテンツをどうしたいのかよくわからないところはありますよね。

オッサンファンの一人としてはもう昭和と平成を一緒くたにするのはそろそろ止めた方が良いんじゃないかとも思っています。

2015/04/04 (Sat) 22:19 | REPLY |   

楽珍劇場  

コンバンワ!

仮面ライダーも戦隊も、皆さん働き過ぎですよね。
でも東映としてはどっちも稼ぎ頭ですからねぇ・・・
とにかく頭数を揃えろ的な今の路線は、
じっくり楽しみたい派にはちょっとキツいですね。

5月の『パトレイバー』、来年の庵野×樋口『ゴジラ』と、
まだまだお楽しみはありますよ!

2015/04/05 (Sun) 21:40 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

そのことも書こうと思っていました

>楽珍劇場 さん

こんにちは~、コメントありがとうございます<(_ _)>

発表があった4/1に(なんでわざわざエイプリルフールに?と思いましたが・・・)そのこと(ゴジラ監督決定の件)書こうかなって思って忘れたままでした( ̄。 ̄;)

なんかすごい無難な人選にも感じましたけど期待はしてしまいますねー。

ライダー/戦隊の劇場版はど~しても子供が飽きないように次から次へと"誰かが・何かが"登場し続ける構成になっているのは理解出来るんですが、それにしてもなもう少し腰の据わった作り方はできんのかと(^◇^;)言いたいです。

2015/04/06 (Mon) 08:21 | REPLY |   

豆はんてん  

PUFFに投稿していた者です。

突然すみません。富沢雅彦さんで検索して、たどり着きました。私は、最後の2号とコミックボックス版に投稿していた、富沢さんを、おじさん呼ばわりした者です。しろくろ様は、頭にTACのヘルメット、腰にライダーベルトの方ですよね!ずっと探しておりました!嬉しいです!また伺います!

2015/04/07 (Tue) 20:13 | REPLY |   

しろくろshow  

私ではないと思うのですが( ̄。 ̄;)

>豆はんてん さま

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

かつてのPUFFのお仲間と再会できたのは嬉しく思うのですが_

>頭にTACのヘルメット、腰にライダーベルト

これが何の事やらさっぱりわかりません(ーー;) PUFF誌上にそういう写真(そもそもコスプレの趣味も全くないですし)やイラストの類を投稿したことはないですし、私が参加していたのは28号までで、それ以降の29号およびGRACE(確か最終号で30号扱い)には原稿も送っていませんでした。おそらく私ではなく他の何方かと間違っておられるような気がいたします。

>富沢さんを、おじさん呼ばわりした者です

すいません、これについてもぜんぜん記憶がないのです( ̄。 ̄;) 

PUFFの同窓(?)の方なら私もたいへん懐かしいですし、いろいろお話は聞いてみたいと思いますので、もし良かったらメールフォームからご連絡いただけませんでしょうか??

2015/04/07 (Tue) 22:24 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/11 (Sat) 00:58 | REPLY |   

しろくろshow  

メールしています

>鍵コメさま

メール入れておりますのでご確認願いますm(__)m

2015/04/11 (Sat) 18:49 | REPLY |   

おもしろいもの探し  

うお!!この人最高だー!!サイレント・ヒルにでてた俳優さんだ!!好きな俳優さんがでてるぞ!!やったー!!

2015/04/12 (Sun) 13:27 | REPLY |   

しろくろshow  

ある意味おいしい役でした

>おもしろいもの探し さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>
それからはじめましてm(__)m

ショーン・ビーンはこの映画でもかなり目立っていましたよ。

2015/04/12 (Sun) 19:50 | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  映画レビュー#47 ジュピター [洋SF]
  • [説明] 公開: 2015年2月6日(米) *日本公開:2015年3月28日 上映時間:127分 原題:Jupiter Ascending 監督: ウォシャフシキー姉弟 The Wachowskis (ラナ・ウォシャウスキー Lana Wachowski , アンディ・ウォシャウスキー Andy Wachowski) 脚本:ウォシャフシキー姉弟 The Wachows...
  • 2015.04.17 (Fri) 02:41 | ちょい若おやじの映画と読書の記録