ギャオスを閉じ込めた現場へ行くのである

◇最近見出した新ドラマが2本。ともに1話の口当たりが良かったので当面継続視聴の予定。1本目はFOXの「ウェイワード・パインズ 出口のない街」。地味に豪華キャスト(熟女好乳家としては毎週カーラ・グギノの渓谷並に深い谷間を拝めるだけで値打ち有り)なのと映画ではコケ続けだったM・ナイト・シャマラン監督(意外とこの人の映画って僕はどれも嫌いじゃないのよ)がテレビドラマ初挑戦というのが売りになっており、色んな意味で「らしい」作りなのも今のところは楽しめる。ドラマ全体の空気としてぱっと浮かんでくるのは「ツインピークス」+「LOST」+「プリズナーNo.6」を混ぜ込んだような印象だが、ひょっとしたら「トゥルーマン・ショー」みたいな要素もあるのかと予想中である。とりあえずこういうの好きなんで(^_^;)1stSeasonは最後まで付き合ってみるつもり。

もう一本はスパドラの「SCORPION」。こちらはトータルIQ700を越える天才集団が国家に雇われて難事件を解決するアクションドラマ。はっきり言って初回はストーリー、登場人物の設定および言動も「そんなアホな!」ばかりの展開でどうしようかと思ったが(; ̄ェ ̄) 先の「ウェイワード・パインズ」同様"おなじみ感"とでも言うのかな?ああ、なんかこういうドラマ前もあったな-、見心地がええなあ、みたいな穏やかにドラマを見ることが出来る下地を持っているのが強み(「憎めない奴」というのは人間以外にドラマや映画にの中にも存在すると思っているのだ。そして同系統の他ドラマだと「特攻野郎Aチーム」「レバレッジ」「華麗なるペテン師」あたりのラインに近い)もっと言ってしまえば唯一天才じゃ無いメンバー・ペイジ役のキャサリン・マクフィーが我が輩のタイプだったのも視聴意欲を強烈にプッシュしたポイント(この人はシンガーでもあるけど、女優さんの好み云々はドラマの継続視聴理由としては大きな要素)

◆スカパーのキャンペーンで年に一度好きなチャンネル(全てでは無く先方指定の中から選択)がひと月無料になるという企画が有り、来月対象になったので普段は高くて手のでないスターチャンネルを選んでみた。しかし6月の放送プログラムをみたところ、どーもハズレの月を掴まされてしまった気がしないでもない・・・目玉が「猿の惑星」シリーズ一挙放送ってイマジカBSでつい最近見たばっかだし(しかもこれ無料放送の日あるやん)他も思ったほどグッとくるタイトルが無くて少し残念な気分。なんせタダなんで( ̄。 ̄;)ちょっとでも未見のヤツはどんどん録画しておこうとは思っているけどね。

◇どうしたのかと思うほど最近の衛星放送映画枠では「吹き替え地上波放送版」という言葉が目立つ。BSジャパンの「シネマクラッシュ金曜名画座」は敢えてそれを謳ってはいないが密かな目玉となっているし、イマジカBSでは先月より「吹替偉人伝」というコーナーがスタートした。また開局以来吹き替えにこだわり続けているザ・シネマでも「厳選!吹き替えシネマ」のタイトルで恒例化。ここ最近はムービープラスでも同様の趣旨でプログラムが組まれるようになって(石丸博也/小松方正のコンビの「酔拳」がHDで見られたのは嬉しかったなあ・・・)ナツカシ吹き替えの好きな者からするとたいへん有難い状況が続いているのである。

何度か本ブログでも書いたけど今こそ「ゴッドファーザー」76年水曜ロードショー版(アル・パチーノ=野沢那智/マーロン・ブランド=鈴木瑞穂/ロバート・デュバル=森川公也)をどこかでやってもらいたいと思うが、他にも「なんじゃこりゃ」(ーー;)という酷い吹き替え版を集めて放送してみるのもおもしろいかも。石川秀美の「スーパーガール」や高部知子の「パラダイス」、江本孟紀の「エクスタミネーター」、渡辺徹+大場久美子の「スターウォーズ」、織田裕二+三宅裕司の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、バブルガムブラザースの「ブルース・ブラザース」あたり(「ブルース・ブラザース」は他にもせんだみつお+小野ヤスシという組み合わせもあるのだけど、意外とこれは合っていた気がする)あ、今思い出したけど国広富之の「エレファントマン」も酷かったなー・・・

◆今夜22時ちょうどの夜行バスで私は旅に出ます(←ここだけ♪あずさ2号♪のメロディで読むように)明日福岡ヤフオクドームで開催されるソフトバンク対ヤクルトの試合を見るためなのだけど(これが今日のタイトルに繋がる(^◇^;))到着予定が朝8時だからけっこう待ち時間があるのだ(^_^;) なので午前中は街をブラブラして午後から現地に入り球場横のユナイテッドシネマでなんか見て過ごそうかなと思っているところ。「デッド・シティ2055」「チャッピー」「フォーカス」あたりは徳島じゃやってないので(それが信じられへんよなあ(;゜ロ゜))ハシゴしても良いくらい。そして金曜ロードショーのハリー・ポッター祭の録画予約も忘れないようにしておかねば。

ともかくそんなわけでわたくし行って参ります(ロ_ロ)ゞ

関連記事

4 Comments

カリメン2号  

翻訳のニュアンス

こんにちは。
カリメン2号です。

洋書を翻訳するのと同じように、映画にも文脈やニュアンスがありますからね。
時々ですが、「なんでそんな和訳になった!?」みたいな字幕もありますよね。

2015/06/02 (Tue) 00:36 | REPLY |   

しろくろshow  

それが面白くなるときもあるんですが

>カリメン2号 さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

吹き替えの場合はそのときどきの時代背景とか流行言葉みたいなのも反映されるときがあるみたいですね。本文にも書いてる「ゴッドファーザー」の初期吹き替え版なんかでも台詞の応酬が完全に東映ヤクザ映画のノリになってるときがあって、笑うところもあったりします(「○○でござんす」みたいな・・・)

2015/06/02 (Tue) 21:25 | REPLY |   

広沢志信  

楽しく拝見しています!

こんばんわ 広沢志信です。

わたしも「スコーピオン」観てます。専門用語は分からないとこが多いですが、軽めな感じがいいですね。カメのレースで大負けしたお兄さんが好きです(笑)

過去記事も読ませていただいてますが、懐かしいタイトルがいっぱい出てきて、とても楽しいです。私は「吸血鬼ゴゲミドロ」は「THE BEST」で知って、放送されたので慌てて観ました。

先日「チャッピー」を観てきました。「第九地区」も大好きな一本なので、予想通りツボでした。ホークスを応援されてるようで、福岡人としては嬉しいかぎりです。

とりとめのないコメントですみません!

2015/06/08 (Mon) 22:24 | REPLY |   

しろくろshow  

いろいろありますが

>広沢志信 さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_
それと過去記事まで目を通していただいて恐縮です。

ヘビーで疲れるドラマが多い昨今「スコーピオン」はあのライトな感じが取っつきやすくて気に入っています。たまにはこういうのを箸休め的に見るのも脳に良いんじゃないかと思ってしまいます(^_^;)

「ゴケミドロ」はわたし日本映画の中でも10本に入るくらい好きな映画なのですが、THE BESTで勝ち抜いたときはホントに嬉しかったですね(HDで見られるのか!ってひとり感動してました)

福岡は年に二度ほど遠征していますが、おかげでここ数年博多・天神・百道界隈だけみょーに詳しくなってしまいました・・・( ̄。 ̄;) ちなみに今度こそ一蘭でラーメン食べようと画策中であります。

2015/06/09 (Tue) 22:58 | REPLY |   

Leave a comment