You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Category: ◆意外と近所の怪獣魔境=特撮/サブカル関係の話  

お盆の夜に出てこようとしているのは何処の何奴だい


a0180302_19591073.jpgまもなくラストプログラムの近づいている京都みなみ会館”超大怪獣大特撮全集PART1”も明日明後日の「地球攻撃命令・ゴジラ対ガイガン」「ガメラ対大悪獣ギロン」上映含めてあと二回(7月のファイナルは「北京原人の逆襲」と「極底探検船ポーラボーラ」)

特に「ガイガン」は72年にチャンピオン祭りへ行った思い出深いゴジラ映画でもあるので、なんとか都合をつけたかったのだけど今回は諸々の用事が入ってアウトになってしまった(T^T) 「ギロン」の方もブルーレイは買ったものの、大画面で見たことは今まで一度もなかったのでひじょうに残念な思いだ。

なお、昨年の「マタンゴ」上映以降続いている「一緒に食べてみるシリーズ」だが、今回は「"わかる人にはわかるお母さんが作ったドーナツと同じドーナツ〟宇宙おやつセット350円! 」が数量限定で販売されるとのこと。現地へ行った人はそれが何なのかを確認したうえで(^_^;)しっかり味わっていただきたいものであります。

-スケジュール-

◆6/27(土)◆

18:30 『ガメラ対大悪獣ギロン』 
20:15 『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』

◆6/28(日)◆

18:30 『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』
20:35 『ガメラ対大悪獣ギロン』


2本立て/当日券2,000円均一



そして特別枠になっていた夏の2大スピンオフ企画のひとつ「大特撮戦争映画ナイト」のラインナップも先頃以下のように発表となった。
 画像1「日本海大海戦」
 「太平洋奇跡の作戦/キスカ」
 「ゼロファィター大空戦」
 「電送人間」

_の四本立て(「電送人間」はちょっとムリヤリ感があるが、或いはそれ関係のゲストでもあるのか・・・)

さらに同日はこのオールナイトとは別で「日本のいちばん長い日」の上映もあるらしく(オールナイトの四本とは別料金になるので注意)これは特撮映画では無いけれども「戦争映画」という括りで見るならばセットにして鑑賞すべき映画とも言えるわけである(黒沢年雄がひたすらアツくて僕は好きな映画だ←まもなく新作でよみがえる予定だけど、あんな暑苦しい映画を今リメイクして大丈夫なのかねー・・・)

残念なことに私はこの6~7月の上映にはどれも参加することが出来ないのだが、8月に予定されている「怪奇映画祭ナイト2」にはなんとか足を運んでみたいと思っている(とはいえ同時期には一つ前の記事で紹介した高知のイベントもあるため流動的ではあるけど・・・)

こちらの方は今日現在でまだ内容の告知が無いため、どういう並びになるかは不明だが勝手な予想と希望だけで何本か候補を挙げてみた。この中に少しでもアタリがあったらそんときは拍手ご喝采を(そんな大仰なモンじゃないけど、もし全部外れたら逆に笑ってやっておくんなさいよ(ーー;))

参考までに昨年の第一回では「マタンゴ」「帝都物語」「地獄(1960年版)」となっていたのだが、今年は8/15と時期がお盆ピッタリなので、おそらく四谷怪談は外せないような気がするのである。

普通で考えたら名作の誉れ高き「東海道四谷怪談」になると思うのだが、せっかくなので深夜の眠気覚まし/一服の清涼剤としての効果も狙い「忠臣蔵外伝 四谷怪談」でもいいかなと(文字通り目を見張る高岡早紀の巨乳で目も覚めるってヤツで)

あとはマジメに(?)考えると我が輩の大好きな「吸血鬼ゴケミドロ」か「HOUSE」、あと東宝変形人間シリーズで残っている「美女と液体人間」あたり。またテレビドラマでもいいのなら「ウルトラQ」の”悪魔っ子”や「怪奇大作戦」の”青い血の女”、それから「悪魔くん」の”首人形”(これはガキの頃本気でコワかったなあ~(>_<))なんかも見てみたい気はするな(やや後年の物であれば「スウィートホーム」「ヒルコ/妖怪ハンター」あたりもアリ)

そして9月以降の”超大怪獣大特撮全集PART2”がいったい何になるのか?12月の”怪獣映画祭ナイト5”がどうなるのか?と、2015年後半もまだまだ楽しみは続いていくのである。

関連記事

Newer Entry来年は3Dでよろしく

Older Entryいつか辿り着いたら君に打ち明けられるだろう

Trackbacks
 本日四本目の更新です。 一本目「 ライヴガメラ /06/25 」はこちら。 二本目「 大映特撮DVDコレクション情報 /06/25 」にはこちらより。 三本目「 特撮リボルテック情報 15/06 」は、こちらから  前回更新の「 上映・放送・配信情報 /05/28 」および、 関連の「 超大怪獣大特...

 

Comments
Edit「怪獣は凶器だ!」っていうコピーがまた
コンニチワ。
初代ガイガンはメチャクチャカッコいいですよね!
ワタシも大好きです。
上映会ではやはり、「ていさつにゆけ」「OK!」のくだりで場内大爆笑となるのでしょうか。

映画祭後半戦と夏の怪奇特集のラインナップは気になりますねー
怪奇の方、『スウィートホーム』は確かにアリかもしれませんね。
LD以降のソフトがリリースされないから、地味に観るのが困難なタイトルでもありますし。
Editわたしは「おい!アンギラス」のときのゴジラのポーズが毎回ツボで笑ってしまいます
>楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントありがとうございます(・_・)(._.)

この映画ってガイガンの魅力だけで90分持たしてるところがあると思うんですけど(あと梅田智子さんとひし美ゆり子さんの女子力に負うところもありますが( ̄。 ̄;)) 怪獣2匹が対峙したときなど、ゴジラはともかくどう考えてもアンギラスには負けへんよなっていう「見た目の強さ」の説得力もかなり強力でした。

不思議なことにデザインが同じで着ぐるみだけが変わっただけの「メガロ」のときはなんであんまりカッコ良く見えなかったんでしょうね(^_^;)

それから怪奇ナイトですが実は「スウィートホーム」は黒沢清の後年のホラー映画より全然好きだったりするので(ーー;) 機会があったらもう一回劇場で見たいなとずっと思ってました。

あと本文に書き忘れてましたけど「吸血髑髏船」と「昆虫大戦争」もリクエストしたいですね。
Edit
こんにちは。
カリメン2号です。

またまた「ゴジラ」シリーズの名作である、「地球攻撃命令・ゴジラ対ガイガン」が上映されるのですね。
やはり京都みなみ会館の作品チョイスは、秀逸ですね。
恐らくではありますが、単館の映画館としては、映画の質はトップクラスではないかと思います。
Editキスカは爽やかですよ。
 アメ公みたいに勝ってめでたしの戦争映画は作れない敗戦国の日本の映画の中で、キスカは爽やかな映画です。
Edit思わず自宅で
>カリメン2号 さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

当日は京都に行けなかったので就寝前この2本のDVDを見ながら寝てしまいました(^_^;) 

「ガイガン」の音楽は新曲が一つもない流用オンリーなのですが、その分伊福部昭テーマベストチョイスのようになっていて楽しかったです。
Edit「キスカ」と上映予定はないけど
> 晴雨堂ミカエル さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

ふだんそれほど戦争映画は見ないのですが、東宝戦記ものだと「キスカ」と「青島要塞爆撃命令」(これは今夏のラインナップに入っていませんが)だけはかなり前から古参特撮ファンの先輩にずっと勧められていたので(ーー;)見たいと思っていました。

しかしこの戦争ナイトの日は殆ど円谷+ミフネ祭りのようにもなってますね(ーー;)
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >