フィギュアなあなた

で、タイトルの同名映画とはまったく何の関係もないはなしを少々(該当作のショート感想はこちら

少し前に県立美術館で開催中のフィギュア展を見学してきた。

徳島県立近代美術館開館25周年記念 フィギュア展―ヒトガタ、人形、海洋堂―

どういう経緯でこういう事になったのかは不明だが、その筋では今や世界的に有名な会社である海洋堂が協賛しての展示会であるとのこと。見学前のイメージではおそらく四万十の海洋堂ホビー館が出張してきたような物ではないかと予想していたが、こちらの展示スペースの方が本家のあちらよりかなりゆったり取られていたためか考えていた以上の物量が用意されており、全部見て回るのにけっこうな時間を要した。

※4年前に四万十・海洋堂ホビー館へ行ったときの話1
※4年前に四万十・海洋堂ホビー館へ行ったときの話2

IMG_0884.jpgそれで我が輩長いこと特撮アニメ及び映画ファンをやっているが、実はフィギュアの類いにはそれほど興味が無く、自宅にはその手の物が殆ど飾られていないのである。

例外的に人から貰った物でサイズの小さくて邪魔にならないモノ(尚且つ妻から配置許可の下りている物)は数点置かれているが←左写真の数点がそう。だいたいは近年京都のオールナイト等でもらったオーナメント系が殆ど(ザラガス以外は全部そうだね(__*))

同系統の趣味を持つ方と初めて会ったときにこのことを話すと「変わってますね~」と言われてよく閉口したものだ( ̄。 ̄;) その都度オタクでありながら簡単なプラモすら作ったことの無いワタシのような輩はただでさえマイノリティーな昭和特撮ファンの中でも珍しい人種であることをあらためて自覚するハメになるのである(ノД`)

但し別に昔からフィギュアやプラモ自体が嫌いというわけでは無くて、単に自分が超の付く不器用な人間であるという事と(ガキの頃からパーツ6点程度のプラモでもセメダインがはみ出るほどぐちゃぐちゃにしたり、逆に接着剤が少なすぎて持ち上げた瞬間バラバラになったりとか(__;)とにかく工作がヘタだったのですわ)部屋にしろ車にしろあんまり装飾に興味が無いという事も理由としては大きい(それにああいうトイを手元に置くよりは元々の映像を見たり関連書籍を読んだりすることの方が好きなのだ)

知人の中にはそれこそフィギュアに埋もれるような部屋で生活をしている人もおられたけれども、それを羨ましいと思ったことは一度も無く(^_^;) 自分も買ってみようかなどと考えたことも一切なかったのである。

しかしそれらを「見る」ことは大いに楽しいことだと思っていて、件の友人宅でもお邪魔すれば喜々として見学させて貰っているし、大きな展示会があれば多少遠いところへも遠征して鑑賞するくらいこのジャンルへのリスペクトは持っているつもりだ。

ただでさえ僕は「自分の出来ないことを出来てしまう人」に対してはそれだけで尊敬してしまう傾向があるのだけれども、たとえばそれは字のきれいな人や絵を描ける人がそうだし、こうした造形技術を持っている人に対しても同様。それこそガレージキットなんかを作っている人はいったいどういう脳構造を持っているのか聞いてみたいくらい僕からすれば「信じられへんことをやっている匠のような連中」という認識すらあったのだった。

ともかく、今回は従来のキャラ系フィギュアに加えて動物・恐竜の類いから土偶や江戸時代の工芸品のようなモノまでを1000点以上網羅した力の入った展示会になっていて、我が輩隅から隅まで思いっきり堪能してしまったのであります。入場料は1000円とややお高めながらこれなら見て損は無い内容だったと言えましょう(そういえば物販会場もあったはずだがスルーしてしまった(゜o゜;))

そんなわけでこの展示会は今月29日まで開催中。仕事や旅行等でたまたま徳島に足を踏み入れてしまった方はついでのついでくらいの感覚で(ーー;)覗いてみてください。下には現場で撮ってきた写真を纏めてみたが、写真撮影は展示物の7~8割程度許可が下りていたので見学に行かれる方はカメラ/スマホ携帯必須(特にキャラモノはほぼフリー)また右下に写っている大魔神は二メートル級で売り物ではないと思うけれども間違いなく足停めて見てしまうはず。

大阪門真の海洋堂本社に行けば4.5メートルある本物の(実際に撮影で使われた)大魔神が奉られているし映画カッパさんのブログで紹介された京都・大映通り商店街にも同クラスの魔神像(こちらは後年イベント用に制作された物)が飾られていているが、四国・徳島でこれだけの魔神さまをお目にかかることはまず無いと思うので我が輩は軽く感動したのであった(思わず前横後ろと何枚も写真撮ってしまったくらいで・・・)

これからも県立美術館で定期的にこういうサブカル系の展示をやってくれるとホントにありがたいのだけどもねー。
kaiyo.jpg
関連記事

3 Comments

しろくろShow  

<拍手コメントへの御礼>

>Y さま

11/18 00:28 の拍手コメントありがとうございました<(_ _)>

本文中に書いてあるとおりワタシもあまり詳しくはないのですが(ーー;) その種類の豊富さには本当に驚かされました。

素人目に見るとどれもこれも出来が良いように感じられて(^_^;)ついつい見入ってしまいましたね。


2015/11/19 (Thu) 09:32 | REPLY |   

映画カッパ  

海洋堂

確か15日に海洋堂の社長さんの講演がありましたよね!!
ワタシは、それに行きたかったのですが、
お得意さんのイベントと重なり、
無念にも行けませんでした…。(残念)

2015/11/21 (Sat) 23:11 | REPLY |   

しろくろshow  

宮脇さんは話止まらない方らしいですが(^_^;)

>映画カッパ さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

文化の森でこういうイベントは珍しいですよね。たまーに手塚治虫展とかもやってましたけど、板野・北島以外サブカルには冷たい我が地元自治体が(^_^;)今回はけっこう頑張ってくれたなと少し嬉しく思っています。

宮脇さんのトークイベントは行きたかったのですが、私も家の用事にかり出されて行けずじまいでした。できることなら土日の2デイズでやって欲しかったですねー。

2015/11/22 (Sun) 21:44 | REPLY |   

Leave a comment