ふるさとは地球

この一月ほどの間にマニアックなドキュメンタリー(一部バラエティ)を三本ほど見たので備忘録として記す。

「「時代」と闘った男~脚本家・佐々木守のメッセージ」・・・2/19 BSプレミアムで放送

IMG_1118.jpg当初この番組は1月にNHK地方局だけでオンエアがあったそうで、その後の評判が良かったのかBSでも流れることになったらしい。

中身は主に60-70年代の映画・テレビで大活躍された脚本家/佐々木守さんの事を取り上げた内容になっているのだが、既に故人となって10年がたち、どの話も推測(彼はきっとこういうことを思っていたのでは、みたいな)でしかないのは仕方が無いこととはいえ、個人的にはその部分が少々物足りなかったように思っている。

いちばん余計だなと感じたのは「ウルトラマン・正義の哲学」で知られる神谷和宏氏が教鞭を執っておられる中学校での授業の様子を紹介したパート。佐々木さんが脚本を書いた「ウルトラマン第23話"故郷は地球"」を取り上げて生徒たちに感想を求めているシーンが収められていたところだが、あれを以て現代の子供たちにも佐々木さんの思い(テーマや作風のことをここでは長々と書かないけど)が届くのでは、という流れにしようとしたのは失敗だったと思うのである。

そもそも授業中に、しかも先生のシュミを押し付けられたような空間の中で子供たちから素直なリアクションなど帰ってくるはずも無く(特撮大好きだった中坊時代の自分がもし同じ環境にいたら、他の子たちの手前たぶん肩身狭く感じたんじゃ無いかと想像してしまうのだ←自分は名作だと思っているエピソードでも門外漢の子らからしたら「しょせんガキ向けカイジューもの」「オタクのおつきあいかよ」で済まされると思うし、後からそれを揶揄されて辛い気分になってしまうかもしれないわけで)誰一人生き生きと感想を語る子がいなかったことからしてもそれは明らかだと思ってしまったのだった(好き嫌いもあるけど義務教育にサブカルを絡めるやり方は私なら好感を持たない)

逆に良かったのは佐々木さんの生前住んでおられた石川県の仕事場(林の中の一軒家という風情のとても良い所)が今もそのまま残されており、その中を見せてくれたこと。氏のご家族が定期的に訪れて遺稿や所持していた資料の整理をされていて、ファンの一人としたら「佐々木守記念館」みたいなものをここに建ててもらえないかと期待してしまった。また佐々木さんの生前残した講演会の肉声や、創作に対する思いを綴ったノートの紹介等、そこは初めて見聞きするものばかりですべての言葉を聞き入ってしまう所でもあった。

IMG_1117.jpgそのなかで一番印象に残ったのは80年代に入りドラマの主流がどんどん現実的なモノにシフトしてきて、それまで佐々木さんが書いていた「アイアンキング」「シルバー仮面」と言ったトリッキーなヒーローモノや「赤いシリーズ」のようにあり得ない設定のドラマが少しずつ受け入れられなくなっていく中、それでも信念を変えずドラマとはこうだ!と強く語っていたのが(右写真参照)本当にオトコマエで、番組タイトルの通り時代に迎合することを嫌い自分の書きたいと思うことだけを書き続けたその姿勢はまさに「闘う脚本家」と言えるものだったと思うのである。

そこいらの纏め方がとても良かっただけに、45分という時間はあまりにも短かったなと思ったし、他にもたくさんある佐々木さんの個性的な作品群も紹介しながら、氏個人をもっと深く掘り下げた番組を90分くらいでやってくれないかと、これを見終わった後でNHKにリクエストメールをしようかと真剣に考えたほどである。

※この番組のことはお仲間であるびょうせいさんもブログに感想を書いておられます。


「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~善か?悪か?時代に吠える怪獣王 ゴジラ」・・・3/9 BSプレミアムで放送(なんと3/15の今日、再放送があったそうだ。知ってたら一日早くこの記事書いたのに・・・)

IMG_1115.jpg毎回特定の人物を取り上げて、岡田准一がゲストとともにその人の人物像を解き明かしていこうという番組だが、最終回のこの日はまさかまさかのゴジラであった( ̄。 ̄;)

←この岡田がゴジラを語ることの違和感(サブカルと縁遠い人というイメージがあるので)がスゴいわ(゜Д゜;) いっそ「シン・ゴジラ」の続編にも出てくれたらええのに・・・

呼ばれたゲストは評論家の宇野常寛(私はこの人のことをよく知らない)そしてゴジラ映画に縁のある俳優、佐野史郎と釈由美子。

内容はゴジラを単体キャラだけではなく、あくまでも社会現象と捉えシリーズが時代とともにどう変遷していったのかをフォローしながら本質を探ろうというモノであったように思う。

どちらかというと我が輩みたいな昭和怪獣特撮村の住人が喜ぶようなマニアックな内容ではなく、世間一般の人に対するアプローチが前面に出ている感じがしてよく言えばライトでわかりやすい構成だった。

IMG_1116.jpgインタビュー映像に出てきた宝田明や渡辺謙、そしてギャレス・エドワーズ監督なんかは一昨年のNHK特番で使われたものの流用だし、あくまでも怪獣映画入門編と言った体の作りになっていたようである。

面白かったのはスタジオトーク部分でゴジラ・フリークの佐野史郎はともかく、釈由美子が意外に語る人だなというのが新鮮だったこと(°°;) 

考えてみたらこの人テレビで見たのも久しぶりだったけど、グラビアやってた頃の面影はすっかり無くなって今回は綺麗な論客さんに見えたな(そしてちょっと痩せすぎ。あの肉感ボディは何処に置いてきたのか)

まあ特に結論が出るようなテーマではないから(^_^;) こうして不定期にNHKがゴジラを取り上げてくれるだけでも結構なこと。

これでご新規さんの怪獣ファンが増えてくれたら言うことはないですわね。


「特別番組・みんな「赤影」が好きだった」・・・3/6 CS時代劇専門チャンネルで無料放送

IMG_1119.jpg同局では三月から「仮面の忍者・赤影」の放送がスタートすることになり、それを鬼念ではなく記念して(「赤影」知らない人には通じないダジャレですわ( ̄▽ ̄;))の特別番組

主役三人の中で唯一の生存者である(__;)青影役・金子吉延さん(61歳になるらしいけど実際の年齢より老けて見えたなあ・・・)をメインゲストに招き撮影裏話をみうらじゅんショッカーO野が聞いていくというもの。

前半はワクワクしたけど後半はわりとどうでもいいオッサン忍者写真撮影大会になってしまい( ̄。 ̄;) 取り立てて良い番組というわけではなかったものの、当時現場にいた金子さんの生の声というかエピソードトークがなかなか楽しくて(たぶんトークショーなんかで何度も語ったネタとは思うのだけれども)そこだけでも見て良かったなと(当時金子さんは撮影所に近い京都の小学校へ転校してきたとか。同じ時期京都に住んでいたみうらじゅんはその噂を聞きつけて金子さんを見るためだけに自分の学校をサボり、金子さんが通っているはずの学校で待ち伏せしていたそうだ)

「赤影」というと本放送は1歳の時なので我が輩などはまったく記憶にないが、子供の頃関西テレビ夕方の再放送で数え切れないくらいの回数を見ている(あれをヘビーローテーションというのだろうな。真面目な話20回以上はリピートがあったはず)あの時代考証など無きに等しく荒唐無稽でムチャクチャな話を再放送のたびに毎回喜々として見ていたし、特撮だ何だとジャンルを絞らなくとも大好きなテレビ番組に必ず入ってくる作品でもあったのである(音楽がまた良いのだよ)

全話DVDを持っているけどしばらく見返してもなかったので、この機会にどれか(全4部あるうちのひとつ)を甲羅干ししようと思っているが、ガキの頃は怪忍獣の出てくる三部の根来編と四部の魔風編が好きだったけど、たぶん今なら一部と二部の方を面白いと感じることだろう(見るならきっと卍等編になるだろうなあ・・・)

ちなみに今回のこの三本はどれもそれなりに楽しかったのでBlu-rayに保存済み。

関連記事

12 Comments

つかりこ  

NHKのゴジラのやつは観ました。
おっしゃる通り、マニアックな内容ではなく、ゴジラをあまり知らない人たちに
ゴジラの誕生からこれまでの30本の変化をさらっと伝える内容でしたね。
皆さんの、シン・ゴジラ封切りの前の予習 or 復習になっているといいですよね。

「赤影」も「シルバー仮面」も、オンタイムで夢中で観ましたねぇ。
“忍者” は、たぶんテレビ放送が始まるずっと前から男の子のヒーローで、
当時、よく折込チラシで手裏剣を作ったりして遊んでいたところへ
「赤影」が現れたものだから、世の少年たちはもう一発でやられたはずです。
凧に乗って空を飛んだり、刀を振り回したりが、ウルトラマンよりリアリティがあって、
よく、「ごっこ」をやりましたねー。(笑)

シルバー仮面は、いまこちらで接しなかったら、一生忘れていたかもしれません。
なつかしいご紹介、ありがとうございました!

2016/03/16 (Wed) 02:08 | REPLY |   

しろくろshow  

けっこう勉強にもなっていたような

> つかりこ さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

今思えばですけど、せっかくゴジラの特集やるなら一人くらいは今度の「シン・ゴジラ」の関係者を呼んで多少は宣伝的なこと(NHKなんで難しかったでしょうけど( ̄。 ̄;))やればよかったのにとも思いました。

「赤影」はアレを見ることによって「豊臣秀吉は木下藤吉郎という名前だった」というのを学習したような気がしますね。たぶんどんな歴史の教科書よりアタマに入ってきたんじゃないかと言う気がしています(^_^;)

それから「シルバー仮面」ですが、もし今後本編をご覧になる機会があったらぜひ1話と2話だけはを見ていただきたいなと思います(いろんな意味でビックリするはずです)

2016/03/16 (Wed) 20:45 | REPLY |   

楽珍劇場  

そういえば

中学生の頃ですが、担任がやはり授業の教材として『大魔神』や『転校生』を使ってました。
その時も生徒全体の雰囲気は、「何か場違いなものを観せられた」みたいな微妙な感じでしたね。

趣旨がハッキリしている教育テレビの番組ならともかく、
エンタメ作品は基本的に、鑑賞した人が自由に受け止められるように作られてますもんね。
「ナニかを読み取れ」と言われても困る、みたいな。

教育テレビ(Eテレ)といえば、
先日『知恵泉』という番組で取り上げられた「岡本太郎 万博への道」が興味深かったです。
特撮とは関係ありませんが・・・
(ゲストがなぜか樋口真嗣監督だったので、少しは関係あるかな?)

2016/03/17 (Thu) 10:45 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

同好会ならまだわかるけど

>楽珍劇場 さん

こんばんはー、コメントありがとうございます_(._.)_

私なんかはああやって「授業」の中でウルトラマンの正義はナニか!?などと大仰に聞かれてもなーって思ってしまいました(^_^;) 

あれがまだ「特撮研究会(仮)」みたいな同好会の中で行われるディスカッションなら気楽にあーでもないこーでもないと言えたような気はするんですが、クラス全員参加の中であれをやるのはちょっとムリあるなと。

あ、岡本太郎先生と言えばやはりパイラ人→太陽の塔と多少はオタク心を擽る要素はあったんじゃないかと思います(最近だと"太陽の塔ロボ"というのもありましたよね( ̄。 ̄;))

2016/03/17 (Thu) 20:34 | REPLY |   

ひゃく  

はじめまして

> (好き嫌いもあるけど義務教育にサブカルを絡めるやり方は私なら好感を持たない)

番組は見てませんけど、それはホント同感です。
サブカルチャーが、サブではなくメインになっちゃっていて、かつ、そのことを変って、誰も思わない今って、すっごく異常な気がしてました(笑)

「ウルトラマン・正義の哲学」は、読みましたけど、正直言って考えすぎじゃない?って思いましたね。
(というより、読んでいて辛気臭くてウンザリだったかも?)
もちろん、当時、言葉にならないまでも、薄々あの本に書いてあるようなことを感じとっていたとは思うんです。
でも、ソレを感じるためにウルトラマンを見ていたわけではないんですよね。
みんな、単純にウルトラマンの活躍がカッコイイから見てたと思うんです。

最近の怪獣ものやヒーローものって、その辺が考えすぎちゃってるんじゃないのかなーって思います。
平成のゴジラ映画が、どれもどこかピンとこなかったのに、『ガメラ』が「面白かったー!」って思ったのはその辺にあったんじゃないですかねー(笑)

2016/03/19 (Sat) 20:26 | REPLY |   

しろくろshow  

好きな人だけが戯れるものなんじゃないかと

>ひゃく さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>
それからはじめましてm(._.)m

そもそも怪獣映画やSFものにあるテーマ性というのはすべてではないにしろやはり隠し味的(主にメタファーが多いかなと思ってますが)要素が強いわけで、極論を言えばそれは書いた本人でなければ真の意味はわからないところがあると思うんですね。ですのでこういうのは視聴者サイドから言えば所謂「行間を読む楽しさ」を求めるべきじゃないのかなというふうに私は考えています。

また、それをムリから子供たちに投げつけて曖昧な"正義"を抽出しようなんてのは本来ガッコのセンセがやることじゃないとも思ってしまいました(そもそも正解なんてないものですし)

これは佐々木さんも生前言って(書いて)おられた事ですがウルトラの中では自分は非主流派の変化球ライターだと。そして金城哲夫さんが書くような王道が中心にいてこそ好きなことをやれるんだととも仰ってました。つまりジャミラの回なんかにしてもそれはあくまで「ウルトラマン」という番組が持つ魅力の一端であって、それがすべてではないと言うことをわかっておられたわけですよね。

神谷さんの本を読むとピックアップしたエピソードだけで番組の全体像を語っている事が多くて、いやソレだけじゃないでしょと言いたくなる箇所は随分あったように感じました(なんとなく木を見て森を見ずとでも言いますか)

元来怪獣物というのはもっと単純でも良いのと、わたしも最近とみにそう思うようになってきたところではあります。

※このようにたいへん偏向したブログではありますが、またいつでも遊びに来てください(^_^;) 今後ともよろしくお願いいたします(^^)

2016/03/19 (Sat) 22:25 | REPLY |   

迪  

ちょっとご無沙汰!?(笑)

遅ればせながら・・・ ^_^;;

時代劇チャンネル...観れる環境におりますが、「仮面の忍者・赤影」が放送されるって全然知らなかった --;;
懐かしく、子供の頃よく観ていて大好きだったなぁ~!
赤影がとてもカッコ良かったよね。
ハンサムだったし(笑)
こういう懐かしモノだったりすると嬉しさがあったりしますが、FOXクラシックのような無駄なラインナップだったり、WOWOWでも今度「ツインピークス」を放送するって....ミステリーチャンネルはNHKモノばかりだし、CSには不満が溜まる一方です !!Σ(`Θ´)=3

なのでって訳でもないですが、最近は映画にばかり流れていってしまってます。。。。

2016/03/21 (Mon) 23:29 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

パックに入ってらっしゃるんでしようか

>迪 さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(._.)m

スカパーとも長いつきあいになりますが、時代劇専門チャンネルは殆ど契約した記憶がありません(いっときベーシック映画セット入っていたときくらいかな。全然「映画」は少ないチャンネルなんですけどね(^_^;))

「赤影」は今度の土曜日から第二部がスタートするみたいなので、覚えていたらご覧くださいませ。たぶん2,3分に一回は「そんなアホな!」と言いたくなる楽しさで満ちていると思います(__;)

で、私も近年のCSチャンネルには本数・品質ともに少し不満を抱いているクチでした(特にミスチャンとAXNは3年くらい趣味に合う物が出てこなくて。FOXclassicもあのやる気無いラインナップは酷いですよね。開局当時にやってた「エド」とか「バフィー」とか「プラクティス」あたりを流してくれるなら少しは見ようかという気にもなったんですけど)

huluとNetfliexに走った今は海外ドラマに関して言うと逆によりどりみどりな状態になってすっかり満足しています。

2016/03/22 (Tue) 20:05 | REPLY |   

迪  

そうそう、そうなんですよぉ~♪

実は、当初からずーっとパックです!
それ以外で10年以上前は韓流に入っていたのですが、そもそもCSを付けたのは韓国ドラマの為でした --;;

しかしそこから海外ドラマへと広がり、今はWOWOWをプラスして、映画三昧&海外ドラマ三昧って感じです。
もうここ5年以上ほとんど地上波は観てないです。

私は英国ドラマが特に好きなので、ミスチャンは外せません><;;

と、またこちらに即レス失礼しやしたぁ~ ^_^;;

2016/03/22 (Tue) 21:12 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

スイマセン、油断して寝てしまいました(__;)

>迪 さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>
それと夕べこのレス↑いただいていたことを気がつかずたいへん失礼しましたm(__)m 

迪さんが入っておられるのはドラマセットだと想像していますが(私も何度か入ってました。コスパはあのセットが一番良いように思います)自分の場合どーしてもFOXとスパドラがメインになっちゃってました。

ミスチャンは「特捜班CI-5」(コレ大好きなんです)を全話放送していたとき入っていて、あのときは大変ありがたいチャンネルだなと思いながらみておりました。それ以外だと「時空刑事1973」なんかは見てましたねー。

2016/03/23 (Wed) 20:06 | REPLY |   

MILLAFAN  

手裏剣しゅしゅしゅしゅしゅ赤影は行く

仮面の忍者赤影 めっちゃ懐かしいです。
子供の頃リアルタイムで観てました。大好きでした。
青影の「大丈夫」やりましたよ。(笑)
金目教篇、卍党篇が好きです。

謝謝

2016/03/27 (Sun) 17:22 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

世代が少し上なのでしょうか

>MILLAFAN さん

こんばんは、連投コメントありがとうございましたm(__)m

「赤影」をリアルタイムでご覧になっていたと言うことは私より少し上の世代ですよね。つかりこさんもそうですが、その年代の方々は第一次怪獣ブームを体感しておられる世代なので、いろんな意味で羨ましいと思っています。

それから「卍党編」では黒道士という大きな傘で空を飛ぶ忍者が出てきますが、わたしはあいつが大好きでしたね(^_^;)

2016/03/27 (Sun) 20:36 | REPLY |   

Leave a comment