きれいな伯母さんは好きですか??>好きに決まっとるわい

1日のサービスデーに「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を見てきた。
 

だいたいのマーベル映画はフォローしているつもりだったけど「アントマン」を見ていなかったためにどうしてコイツがここに絡んできたのかイマイチ要領を得ない所はあったのだが、ヒーロー大集合お祭り映画と思えば十分楽しいものではなかったかと思っている。

しかしながら私はこの映画にどーも釈然としないところがあって、そのアントマン登場にしろスパイダーマン登場にしろヒーロー対決になっていく図式への「持って行き方」がなんとも雑というか荒っぽいというか、ムリヤリなこじつけ感がそうとうにあったような気がしているのである。

これが「アベンジャーズ」であればそういう疑問もあまり感じなかったと思うのだが、少なくともタイトルに「キャプテン・アメリカ」とある以上従来の単独ヒーロー主演シリーズとしてもっと深く切り込んだストーリーになって貰わないと困るわけで、せっかく前作「ウィンター・ソルジャー」でキャップvsヒドラという大河ドラマのような長いx2戦いを徹頭徹尾描きり「第一部完」という流れで終わっていたのだから今回はその続きをじっくりやるべきだったと僕個人は強く思っているのだよ。

記憶が戻ったパッキーとキャップとの邂逅やペギー/シャロンとのその後、そしてラムロウとの決着と腰据えて作ればいくらでも話し膨らませたはずだし、そこいらをもっと見たいとも思っていたのに今作ではその全てがさらーっと流されてしまった感じがして実に勿体ないとという気分になってしまったのである(おそらく「雑」と感じた要素の多くはそこから来ていたのかも)

そのへんをおざなりに処理された上でヒーローの存在は危険であるから(なんか「Mr.インクレディブル」みたいな設定になってきたな(__;))国連の管理下に入れ→誓約書にサインをする/しないでひたすら揉め続けるという顛末になっていくと物語としては完全にストップした状態(スタークの両親の件とか仕掛け人のジモ大佐(この小物感ががすごいのなんの(°°;)こんなヤツに翻弄されて皆なにやってんの?って気にもなったなー)の動きとか一応いろいろあるけど)であとは内輪の喧嘩をひたすら見せられているだけという感じになってくるのでカラッとした爽快感(そこが魅力のマーベルヒーロー映画なのに)はどんどん失せてくるのね。そこがとにかく残念。

ちょっとわかりにくいたとえ話をするけど僕が自分なりに思っていたこのシリーズの捉え方というのは言ってみれば高校野球のような物だというのがあって、各単体ヒーローの冠映画は県予選の1回戦から決勝戦までじっくりと細かいプロセスを経て栄冠を手にするまでを楽しむ物であり、あくまでも「アベンジャーズ」シリーズというのは代表校が集結した甲子園大会みたいなものだと思っているのである。なので、たとえ一回戦で敗退しようが(出番が少なかろうが)印象にさえ残ればそれで良いし、細かい経緯の説明など必要ない一発勝負として各代表それぞれの活躍を眺めれば成立する物だとも思っていたのだ。

上でも書いたけど仮にこの映画が「アベンジャーズ3/シビルウォー」ということならその大雑把さもある程度は許容範囲の内だったという気がしていたのだけど、単独主演のシリーズでコレをやられたらなんだね、今年キミんとこの県は予選なしで甲子園に出てきたのかい?と言いたくなるような慙無い気分を随所で感じてしまったのだった。

もっとも脇の連中(ロマノフ/ワンダ/ファルコン/ホークアイ等々(とは言いつつ若干バートンのキャラが少し変わっていたように思えてソコは気になったけど)をどんどん使うのはアリだと思うし、このタイミング(単独主演映画公開前)であればブラックパンサーを導入してきたのは悪くなかったと思っている。なので同様に一気に若返ったスパイダーマンを絡ませたところまでは理解もできるのだ。

ただ、やはりここでアントマンとアイアンマン/トニーを出してきたのは方策としてどうだったのかという疑問は残ってしまった(何回も言うけど主演級のヒーロー集合は「アベンジャーズ」だけでやってほしいし「マイティー・ソー」の次作「ソー:ラグナロク」でハルクと共闘するなんて噂を聞くと個人的にはやめてくれんかなーとも思ってしまうのである。そしてその前に「インクレディブル・ハルク2」を早く作ってくれよと)

まあこういうヒーロー映画であんまり無粋なことを言うのもどうかとは思うのだけれども、せっかく時間をかけてここまで構築してきた良い物(特に前作の「ウィンター・ソルジャー」があまりにも出来が良かったのとそれに関連してTVドラマの「エージェント・オブ・シールド」や「エージェント・カーター」でじっくりとそのへんを描いてきただけに)を少しでも長く継続してもらいたいと思っているので文句というよりは希望的観測でダラダラとそれを書き殴ってみた次第である。

あと新しいスパイダーマンに合わせて一新されたキャストでメイ伯母さんがえらい綺麗な人になっていて驚いてしまった。どこかで見た女優さんだと思ったらマリサ・トメイだったとはなー、アレは本当に良いキャスティングですわ(劇中スタークに「こんなきれいな伯母さんがいたとはな」って言われてたけどまったくの同感( ̄▽ ̄;)でもこの二人って実生活で昔つきあってたんじゃ無かったっけ??)
 
関連記事

4 Comments

楽珍劇場  

おばさんも好いですが、ワンダの太もももなかなか・・・

本当に『アベンジャーズ』寄りな内容でしたね。
今回「シビルウォー」のエピソードをベースにしたのは、
DCの『バットマンVSスーパーマン』にぶつけるためだったとか・・・

ただ、あれだけ詰め込んでいるにも関わらず、
それぞれが絶妙のバランスで仕上がっていると思います。
これも前作『ウィンター・ソルジャー』から続投しているルッソ監督の手腕によるものでしょう。

アベンジャーズに最も深刻なダメージを与えた黒幕の正体やその戦略もワタシ的にはアリでした。
(これはワタシが王道よりも変化球を好むからなので・・・)

それとブラックパンサーのカッコ良さに興奮しました!
あんなん絶対惚れてまうわー。

でもShowさんが仰る通り、
キャップ単独シリーズの最終作としてはどうなんだ、という思いは確かにあります。
特にバッキーが終始状況に流されるだけのヒロイン的な存在だったのが残念かな。

あと、『アントマン』は気楽に楽しめる良作ですよ~

2016/06/15 (Wed) 17:31 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

女優さんのラインナップが私好みで

>楽珍劇場 さん

こんばんはー、コメントありがとうございますm(._.)m

そういえばワンダはじめMCUに出てくる女優さんは主役級から脇に至るまで皆良いんですよねー(私好みのタイプが揃ってました( ̄▽ ̄;))

「シビルウォー」はそういう意味で言うときれいどころオンパレードな魅力もあったような気がしています(実はエミリー・ヴァンキャンプも好きなんですよ( ̄。 ̄;)あと「ソー」に出てたシフ役のジェイミー・アレクサンダーもいいっすね(^^))

「ブラックパンサー」は次回主演作の種まきとしては十分な初登場でしたよね。アレは私も早く見てみたいと思いました。

唯一も逃している「アントマン」ですが最近netflexがマーベルと独占契約したというニュース(同時にディズニーとも契約したそうですが)を聞いたので、レンタル屋に行かず配信されるのを待とうと思っています。その前にまずは来週「デッドプール」に行ってきますね( ̄^ ̄)ゞ

2016/06/15 (Wed) 22:38 | REPLY |   

豆はんてん  

綺麗な白川由美さん

お疲れ様でした!
また東宝特撮ゆかりの方が…。不謹慎と思いつつ「シュミーズ」「入浴」などでツイ検すると、熱い思い出を語る人がチラホラ。お迎えに来たご主人のMJ号で旅立たれたのかもしれませんね?共にご冥福をお祈り致しましょう。

2016/06/16 (Thu) 21:01 | REPLY |   

しろくろshow  

この数年大画面で何度か見たのですが

>豆はんてん さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

白川由美さんはこの数年高知や京都の上映会で「地球防衛軍」「ラドン」と言った作品を見た折にその美しいお姿をスクリーンで拝見していました。

ほとんどの特撮ファンは「液体人間」の印象が強いのでしょうが(「トランクいっぱいの5000円札だぜ!」という名台詞を吐く佐藤允の隣にいた白川さんの昭和30年代としては限界ギリギリのエロスが素晴らしかったですね)「ラドン」等で見せた清楚系ヒロインもよく似合っていたように思います。

私も遅まきながらではありますが謹んでご冥福をお祈りしたいと思います、合掌(-人-)

2016/06/17 (Fri) 22:33 | REPLY |   

Leave a comment