龍河洞でエレメントXをさがせ!

つい最近徳島と合区仲間になった高知県夏の恒例イベント「県立美術館定期上映会」開催が発表になり、予想通り三年連続で特撮怪獣映画の特集上映と決まった。以下今日現在で判明している上映会詳細情報について記す。

○2016年高知県立美術館夏の定期上映会 「空想特撮映画特集」○

kchzK (1)上映スケジュールについては左の←チラシ画像、および上記リンク先を参照。

転載したチラシの文字がやや読みにくいのでそのあたりをあらためて書くが入場料は1プログラム(A/B各)前売券一般1,000円・当日券1200円。

小学生以下は前売券500円・当日券600円。つまりすべての上映作品を見ようと思えば大人ならチケット2枚の計2000円(当日券なら2400円)が必要となる。

前売券は高知県内各プレイガイドおよびローソンチケットで既に販売中(Lコード62607)
    
今年は珍しく家内が「同行しても良い 」と言ってくれたので夫婦旅行という名目の元、初日のBプログラムだけを鑑賞してくる予定でいる。

本来こういうジャンルの映画を大画面で見る機会があるのなら、たとえ何度見ている映画であろうとも全部鑑賞する腹づもりであったが、なんぼなんでも妻に特殊ジャンルばかりを四本付き合わすわけにもいかず( ̄。 ̄;)自分の中の妥協案としてこういう形になったのだった(それに正直「宇宙大戦争」も「地球防衛軍」もドラマパートは眠いんだよな・・・( ̄▽ ̄;))

ちなみにこの4本の中では「地球防衛軍」「キングコングの逆襲」を一昨年京都みなみ会館のスクリーンで見ている。

今回の選択基準としては怪獣がメインであることを重要視して「ドゴラ」と「逆襲」のカップリングに決めたわけである(どちらかと言えば特撮映画の中では怪獣物の方が好きだし)

これで同所では三年連続して同じ時期に特撮映画の特集上映が行われ、勝手な希望的観測ではあるが来年以降も定期イベントとして継続していくことを期待中。今のところ東宝特撮作品ばかりなのでそろそろ他社のシリーズにも手を出して欲しいとは思うが、もっと言うなら夏と冬の年二回やってくれたら言うことはナシなんだけど・・・(^_^;)

そんなわけで来月末に高知方面へ行ける可能性がある特撮怪獣映画ファンの方は是非県立美術館へ足を運んでみてください。

※参考※

◇2014年夏の定期上映会「怪獣映画特集」
◇2015年夏の定期上映会「永遠の怪獣映画」


関連記事

6 Comments

軍曹亭!  

良いですねぇ。

「ドゴラ」デカいスクリーンで観たいですね。
それにしても「若林映子」って「水野久美」と並んで「バンプ」(悪女)な匂いがする女優さんだと思うのは私はだけでしょうか?高知美術館やるなぁ(笑)

2016/07/12 (Tue) 20:53 | EDIT | REPLY |   

ウスラバ  

今年も決定しましたか

お久しぶりです。
二度ある事は三度あると言いますが、また今年も開催されるみたいで実に喜ばしい限りです。
来月なら私もまた観に行くつもりです。

2016/07/13 (Wed) 01:23 | REPLY |   

しろくろshow  

私も好きですよ~

>軍曹亭! さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

若林映子さんは私も好きでしたね~。度の映画に出てもちょっと影のある美人という感じで。「ドゴラ」の中では憎めない情婦役でしたけど、個人的にはサルノ王女よりそっちの方が気に入ってます。

そういえば私が観に行く予定の「ドゴラ」と「逆襲」は裏ヒロインが共にボンドガールになってますね( ̄。 ̄;)

2016/07/13 (Wed) 22:27 | REPLY |   

しろくろshow  

タイミングが合えばよろしくです

>ウスラバ さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

しかし前回の特集上映からもう一年も経つとは早いですね~(ゴジラ4本立てを楽しんだのが昨日のことのような気がしています)ほんと高知県立美術館サイコーです。

本文中にも書いていますが私は初日27日土曜日の午後の上映に行くつもりでいます。「地球防衛軍」と「宇宙大戦争」は残念ながら忸怩たる思いでスルーしてしまいますが、私の代わりにウスラバさんには4本すべて楽しんでいただきたいと思います。

※行かれる日が決まったらまたそちらのブログでも告知してください。

2016/07/13 (Wed) 22:40 | REPLY |   

カリメン2号  

映画美術は芸術

こんにちは。
カリメン2号です。

流石は特撮と言ったところでしょうか。
映画としても面白いですが、古い特撮はジオラマ美術という観点からも、とても重要だと思います。
何よりも、子供たちの夏休みに合わせたような、期間が良いですね。

2016/07/13 (Wed) 23:37 | REPLY |   

しろくろshow  

「元・子供たち」が対象ではありますが(^_^;)

>カリメン2号 さん

おそらく現役の子供たちにとっては「なんのこっちゃ」みたいな古いラインナップですが、今50歳前後の"かつての少年少女たち"にとっては夢のようなプログラムだと思いますね。

それと「ドゴラ」では怪獣を着ぐるみではない操演・アニメーションと言った技法で処理したり、「逆襲」ではその着ぐるみ造形の極みとも言えるゴロザウルスの登場と、なかなか革新的な事に挑戦しているのも見所かと思っています。

2016/07/14 (Thu) 21:03 | REPLY |   

Leave a comment