疾風の如く二人去って行く緑の仮面

ここ三ヶ月くらいあんまり家で映画を見ることが無くって(暑さで集中力が続かんかったのだろうね(~Q~;))気がついたら海外ドラマと特撮テレビばかり(あとたまに怪獣映画(^◇^;))という感じだったのだけど、そんな中少ないながらも何本かは見た映画があるので今回は纏めて感想を記しておく。

「ホルテンさんの初めての冒険」・・・U-NEXTで配信されていたのを見た、ひじょーに珍しいノルウェー製の映画。話自体は簡単に言うと「定年デビュー」(「高校デビュー」などと同義)もの。それまで判で押したようなルーティンの毎日を過ごしてきたホルテンさんが仕事を辞めた後、いったい自分はこれからどう生きていけば良いのかと自問自答していく姿をコミカル且つほのぼのと描いていく映画だと思ったけど、なにせお国柄というのか国民性というのか、そのあたりに馴染みがないのでここで表現されている事象が本当にこの国の気質なのかどうかまではわからなかった( ̄▽ ̄;)(映画通りだとしたらけっこう暢気で警戒心の薄い人が多いのかなという感じではあるが、たぶん相当なデフォルメも含まれているのだろう。凍結した路面を歩かずに真面目な顔して尻で滑っていくとか「これギャグなの?」と思ったけど)自分も50歳になった今、同じくルーティンワークで働く勤め人としては人ごとでは無い気分の映画でもある。定年で職場を去るときは劇中のホルテンさんのように解放感を一杯感じて辞めていきたいですわね。


「ピクセル」・・・スターチャンネルでのオンエアを見た。劇場で予告を見たときはもっと笑える映画だと思ってたのに、爆笑ポイントって殆どなかったような気がしたなあ。劇中に登場するゲームにしろ、ヒーローになるかつてのゲーム名人達の年齢にしろ、自分の世代どんぴしゃな筈なのにあんまり共感できるような要素もなかったし、喜劇としての弾け方が中途半端だったようにも思えた。

これだったら古い映画になるけどシューティングゲームのチャンピオンを宇宙戦士として召喚する「スターファイター」の方がまだ燃えたし、ゲームのステージを地上じゃ無くて空中でドローン飛ばしてやるとか(ちゃんとステージ(ゲーム面)をレーザーで表示するなどして、コントローラーは地上から操作←見た目はゲームセンターの本体そのままで)リアルに車使うんだったらパックマンじゃ無くてラリーXでやった方が良かったような気はするが、とにかく全編それほど笑えない映画(ーー;)(VFXはなかなかスゴかったけどねー)


「グリーン・ホーネット」・・・Huluで配信されていたのを見た。いやー、これは酷かったなー・・・( ̄。 ̄;) チャウ・シンチーがカトー役を断ったと聞いた時点でなんとなくこうなることは予想できてたから公開当時も観に行くことをしなかったのだけど、製作サイドはどういう意識でこの映画を作っていたのか本当に膝つき合わせて聞いてみたくなった。アクションをやりたいのかコメディをやりたいのか全く以てどこまでも意図が伝わらないのである。我が輩オリジナルの「グリーン・ホーネット」は再放送で見たクチだけど、もうハッキリ言ってドラマなんか全然眼中には無く毎回どれだけブルース・リーが活躍するかと言う点だけを楽しみにして見ていたのだ。残念ながらこの映画版にはその一番大事なカンフー要素が殆どなく、ただのクズにしか見えない主演のセス・ローゲンと併せてジェイ・チョウのカトーも完全に役不足。代役がジェット・リーならもっと見られた物になっただろうに(今後本作がミシェル・ゴンドリー監督の黒歴史にならないかと心配だ。割と好きな監督だったからよけいそう思ったなー)


「HK/変態仮面」・・・Netflexで配信されていたのを見た。私は原作を未読なのでどの程度映像化が成功/失敗していたのかはワカラナイのだけど、正直事前に予想していたよりかなり楽しい映画だったと思っているのである(オープニングのマーベルロゴのパロディがみょーにオカシイ)なんと言っても変態仮面を演じた鈴木亮平なくしてこの映画は成立しなかったのではないだろうか。こんな爽やかに変態的な台詞を淀みなく喋る役者さんはなかなかいないよね( ̄▽ ̄;)

敢えて書いてしまうと本編の七割はくらいはどうしようもないバカバカしさで溢れかえっているのだが(それが原作漫画の味と言われればそうなのかもしれない)彼が登場するとそこだけはヒーローの絵としてバッチリ決まっているのが面白く、そしてカッコイイのだ(あんな姿をしていながら(;゜ロ゜))これはもう是非続編の「アブノーマル・クライシス」も見ておかねばといかんでしょうなあ。あと意外と言ったら怒られるけどエンディングテーマの♪Emotions♪がめちゃめちゃ良くって、我が輩最近この曲ばっか聴いてるような気がするのである(左下動画参照)

で、ほかにも何本か見てるけどまだ鑑賞途中のヤツもあるんで続きはまた次回(今は「ホドロフスキーのDune」を視聴中。これはなかなか見応えあるドキュメンタリー)

 
関連記事

2 Comments

ポール・ブリッツ  

個人的には、映画館で見たせいもあると思いますけど、「アブノーマル・クライシス」のほうが面白かったです。

ラストシーンで見せるスパイダーマンへの愛情は、これはもう絶対に3部を作らないとウソだ、と思わせるものでした(^^)

2016/08/31 (Wed) 22:04 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

はよ見たいです

>ポール・ブリッツ さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

三作目があるなら私も見たいのですが、果たして徳島で劇場公開があるのかどうか・・・( ̄▽ ̄;)

2016/09/01 (Thu) 18:51 | REPLY |   

Leave a comment