初回は「世界に一つだけの花」

CSのファミリー劇場で放送していた「ウルトラマンHDリマスター版」が先週無事最終回を迎え(週一とは言え二話ずつだから消化が早かったな~)今度の土曜日から「ウルトラQ HDリマスター版」が始まることになった。

順番としたら「マン」→「Q」だと前後逆になるのだけど、こちらも同じく放送開始五〇周年という括りでのオンエアで放送形態はウルトラマンと同様週一の二話ずつになるが、今回は制作順での並びになっているのが目新しい点となっている。

そのため9/10からの放送では制作№1「マンモスフラワー」(本放送では第四話)№2「悪魔ッ子」(同二五話)の二本でスタート。参考までに制作順の放送リストを記す(左端の数字が製作№で第○○話とあるのが放送№)

ULQ.jpg1.第4話「マンモスフラワー」
2.第25話「 悪魔ッ子」
3.第22話「変身」
4.第28話「 あけてくれ!」
5.第3話「宇宙からの贈りもの」
6.第12話「鳥を見た」
7.第2話「五郎とゴロー」
8.第17話「1/8計画」
9.第27話「206便消滅す」
10.第8話「 甘い蜜の恐怖」
11.第6話「 育てよ!カメ」
12.第1話「 ゴメスを倒せ!」
13.第9話「 クモ男爵」
14.第5話「 ペギラが来た!」
15.第14話「東京氷河期」
16.第11話「バルンガ」
17.第13話「ガラダマ」
18.第26話「燃えろ栄光」
19.第21話「宇宙指令M774」
20.第15話「カネゴンの繭」
21.第18話「虹の卵」
22.第19話「2020年の挑戦」
23.第23話「南海の怒り」
24.第20話「海底原人ラゴン」
25.第24話「ゴーガの像」
26.第16話「ガラモンの逆襲」
27.第7話「 SOS富士山」
28.第10話「地底超特急西へ」

この"順番のズレ"は「ウルトラQ」が全二八話をすべて完成したあとで放送がスタートしたという今のテレビでは考えられない作られ方をしたためである(局と円谷プロとの協議で放送順を決めたとか)国産特撮テレビドラマでこんな贅沢な方式をとられたのはこの番組くらいのものではないだろうか(製作開始から二八本目の完成までに1年半近くをかけ、それから放送日が決まったという殆ど映画を公開するのと同じやり方。このへんの顛末は白石雅彦氏の著書「ウルトラQの誕生」に詳しい)

ファミリー劇場では以後最終話までをこの形で年末まで流し、年明け(時期は不明)から同局で今度は「ウルトラセブンHDリマスター版」をやることが決まっている(2017年はウルトラセブンの放送開始五〇周年なのでそれに合わせたのかも)それ以降の「帰ってきたウルトラマン」からのシリーズについては現時点で告知はないが、たぶん高い確率で「80」までの昭和ウルトラはHDで放送されることだろう(と、勝手に期待しとるのだけどね( ̄▽ ̄;))

ちなみにここで流されているHDリマスターについては手許にニュースソースがないので断定はできないのだが、おそらく数年前にWOWOWが企画した「円谷プロ×WOWOW ウルトラ三大プロジェクト」(「ウルトラQ」から「レオ」まで)時のものではないかと推察している。先週まで放送のあった「ウルトラマン」に関してだけ言うと現在売られているBlu-rayのboxにはやや劣るものの(フィルムの傷等はそのまま)色調も鮮やかで細部も驚くほどクリア。桜井浩子さんの良いニオイがしそうなサラサラ茶髪から怪獣達の痛そうなトゲトゲまでがはっきりくっきりと見えており、過去何十回も見ている番組ではありながらその"新鮮度"は相当な物だったのである。

「ウルトラQ」についてはウチにあるのがかなり昔に中古で買ったSD画質のDVDとWOWOW無料期間を姑息に利用して録画した( ̄。 ̄;)「総天然色・ウルトラQ」(企画としては斬新だし最初は色が付いて面白いなと思ったけど、実際見てみるとやはり各場面「作られた色」の感じが強くけっこう違和感があったのと、元々あった白黒ゆえのミステリアス雰囲気なんてのも損なわれていたように思えて少し残念な要素もあったのだ)しかなかったのでオリジナルのモノクロを高画質で全話見られるのかと思うと正直かなり嬉しいのだ。

今昭和のウルトラはほぼ全シリーズをAmazonプライムやhulu等で気楽且つ廉価で見ることが出来るようになっているが、是非この機会に「きれいなウルトラ」を視聴可能な環境下にある人には見ていただきたいなと思っている(ローカル地上波ではテレビ埼玉でも放送中。これと東京MXで以前放送されていた物が同じマスターかどうかは不明。あとはKBS京都が「総天然色」版を放送中だがそろそろ終了近し)

※下記動画はカラーライズ版の物だが明後日オンエア予定「マンモスフラワー」の紹介が長いので参考にアップ
 
関連記事

12 Comments

晴雨堂ミカエル  

昔のターミネーターが3Dへ。

 ハリウッドはネタがないのか、スポンサーが冒険をしないのか、内向き思考。やたら昔の名作のリメイクや続編や3D加工が目立ちます。

 それならば、昔の白黒をナチュラルな天然色動画に再生する技術を確立させて、まるでこないだテレ朝で撮影したばかりのようなカラー鮮明画像で「東京物語」の原節子の瑞々しい肌を見てみたい気がします。

2016/09/09 (Fri) 19:48 | REPLY |   

しろくろshow  

カラー化と言えば

>晴雨堂ミカエル さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

カラー化で割と良かったなあと思ったのはスティーブ・マックイーンの「拳銃無宿」でしたか。あのときは試み自体がなかなか面白いなと思ったんですけど「ウルトラQ」は色が着いたことに思っていたほどの感動がなかったのは自分でも意外でしたねー(^_^;)

むしろそれ以上に感動したのは私の場合天覧試合の巨人-阪神戦や第二次大戦中の記録フィルムがカラーライズされたバージョンだったので、実はこの手の加工はドラマや映画よりそういうジャンルの方が向いているのかもと思ったものです。

それにしてもターミネーターもムリヤリ3Dですか。たぶん浮き上がり具合はUSJのターミネーターライドの方が上でしょうけど(元々3D前提で撮られた物ですし)公開されたら行くとは思います。

2016/09/09 (Fri) 20:50 | REPLY |   

つかりこ  

こんにちは

お、テレビ埼玉でもやってるんですねー。
総天然色版も観てみたいですが、
ウチのツレは「モノクロだからコワイのよー」と
言っております。

それにしても、「ウルトラQ」のロゴデザインは完璧!
美しい!バランスよい!
完成度が高いので、まったく古く感じません。
これも、色が着くよりモノクロのままがいいかも
しれませんね。

2016/09/13 (Tue) 10:42 | REPLY |   

しろくろshow  

こんな良い時間にやっているとは

> つかりこ さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

テレビ埼玉って当然ではありますがこちらでは映らないので(^◇^;)どういう系統の局なのかは知らないのですが「ウルトラQ」は毎週火曜の21時という素晴らしい時間に放送してるんですね。

さっき番組表見たらちょうど今夜が11話の「バルンガ」だったのでまだ半分以上オンエアは残ってるみたいです。それと私もやっぱりこの番組は白黒の方がいいなーと思ってるクチですよ(^^)

2016/09/13 (Tue) 19:37 | REPLY |   

kei  

1980年代半ばでしたか、TBSの深夜で「ウルトラQ」を制作順に放映したんですよね。
ホストが泉麻人で、番組の始めと終わりに登場して解説していました。「テレビ探偵団」がが人気を呼んでいたころですか。

制作順に観ると「Q」の世界が、どのように変貌していったのかわかります。
すべての制作が終了して、放送順を決めたことが、いかに「ウルトラQ」がバラエティにとんだ、空想特撮ものになったのか、リアルタイムで番組に夢中になった者にはとても勉強になった次第です。

2016/09/14 (Wed) 12:04 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

前半/後半では別の番組みたいに

> kei さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

こうして制作順に並べ替えられると最初の10本が当初「ミステリーゾーン」を目指して作られたというのがよくわかりますよね。怪獣らしい怪獣ってナメゴンくらいですし(あとは大きな鳥か大きな猿か大きな土竜等々(^◇^;)←まさに「UNBALANCE」な連中)

それでスゴいなと思ったのはペギラやガラモンを安易に二週続けるんじゃ無く、きっちり放送日を別にしていることで、そのことによって怪獣の鮮度を少しでも保とうという送り手側の強い意志を感じました。

土曜日に初回の放送見たんですけどキレイな白黒でしたねー・・・ジュランもクリアに見えてたし(ーー;)「悪魔ッ子」は今見てもやっぱりコワかったですし{{ (>_<) }}個人的にあのエピは「オーメン」のダミアンを超えていると思っています(笑ってるりりーがいちばんコワいという・・・(__;))

2016/09/14 (Wed) 20:09 | REPLY |   

kei  

「悪魔ッ子」のあの女の子、オードリーの若林さん(お店で何度も番組収録している関係で、さんづけします)にそっくりなんですよね。
もしかして、お母さんって子役やってたのではないか? と、確認したくてたまりませんでした。

「ウルトラQ」のカラー化で、恐怖が半減したと観た人が言ってました。

2016/09/15 (Thu) 12:05 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

思わずも一回見てしまいました(__;)

>kei さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

ははー、言われてなるほどと思ったのでもう一度見返してみたのですが、確かに似ています(ーー;) 

撮影されたのが64年とすると推定60年前後の生まれという感じでしょうか(今55・6歳というあたり?)

で、カラー化の功罪ですが確かに「怖さ」という部分を消していたところは多少なりともあったような気がします。

「マンモスフラワー」みたいな題材の時だとお堀の特撮シーンなんかはカラー版の方が良かったんですが、「悪魔ッ子」だともう全然白黒版の方が怪しさ満開でオソロシかったですから(たぶん「クモ男爵」なんかもそういう印象になってしまうと思いますね)

2016/09/15 (Thu) 22:11 | REPLY |   

軍曹亭!  

地底超特急!

ウルトラQ総天然色版は後からの彩色でしろくろ殿
が言うとおり作られた色なんですけど(おっしゃる通りモノクロのおどおどしさが抜けちゃってる)その「作られた色」から返ってノスタルジさを感じるところもあって私はあれはあれで有りなのかなと。

そして、タイトルの「いなづま号」のラインが「赤」でビートルみたいな色合いだとこれで初めて気づきました。
私の中ではルックスが「MJ」(松本潤ではない!www)
っぽいからラインは「黄色」と勝手に思っていましたので(苦笑)

追伸
例のお店は「鮫ちゃん」に話しておきます。
彼もそういうの好きですよ~!(^ー^)

2016/09/17 (Sat) 11:16 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

やや二日酔いです(ーー;)

>軍曹亭! さん

こんにちは、コメントありがとうございますm(__)m

「総天然色」のQでは予想外の色合いが何点かあったことに素直に感動しました。軍曹亭!さんがご指摘なさったいなづま号なんかその筆頭みたいな感じでしたし、怪獣達の体色もおおー、実はこういう色調だったのかという新鮮な驚きはあったですよね。

あ、それから店の告知の件感謝です_(._.)_

ゆうべはまさにそこで「ミクロの決死圏」を肴に飲んでおりましたです(^_^;)

2016/09/18 (Sun) 10:47 | REPLY |   

想馬涼生  

ウルトラマンシリーズは最近ありますかね。

仮面ライダーは平成ライダーとして、放送局も毎日からテレ朝に代わって、シリーズ放送してるのに、ウルトラマンは一時期シリーズ化しているのに、やらないのかなって思ったりもします。

今はアメコミがすごいですけど、こういったウルトラマンた仮面ライダーのヒーローは日本が生みだしたヒーローだし、ハリウッドももっとリスペクトしてほしいと思ってます。

ウルトラQは昔なんかで観た事ありますね。ウルトラセブンのモロボシ・ダンは好きでした。

2016/09/18 (Sun) 19:03 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

おひさしぶりです

>想馬涼生 さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

ウルトラも現役シリーズは人知れずやってまして(^_^;)今は「ウルトラマンオーブ」というのをやっています。

http://m-78.jp/orb/

一応全二五回を予定しているそうなのでまだ半分以上オンエアが残っています。けっこう頑張ってるのでまた機会があればご覧ください。

2016/09/18 (Sun) 21:08 | REPLY |   

Leave a comment