けっして一人では読まないでください

いや、複数の方が読みづらいだろ( ̄。 ̄;) と、いうことでこの週末に入手した本が二冊。まずは「別冊映画秘宝謎の映画」

ツイッターの方でもつぶやいたのだが、このシンプルながらもワクワクするタイトルに惹かれてろくに中身もわからないまま注文をかけていたのである。

それが家に届いて表紙を見たら「わ、ジェシカ・ハーパーやん」(__;)と思わず意表を突かれ、ページをめくればカラーパートのすべてを使ったまさかの「サスペリア」大特集(それに続く「インフェルノ」の記事と併せたアルジェント映画の紹介が続く)基本的に「謎」という言葉を前面に出した編集方針なので取り上げられた各作品に対していわゆるキャプション的な解説は意図的にほとんどされていない。

そのうえ掲載されている映画タイトルが敢えて「エクソシスト2」「エクソシスト3」と言った一般的には低評価とされた続編物だったり、懐かしのグロSF「溶解人間」(これだけでなぜか八ページも枠が取られている)とか、一部の好事家が二〇世紀末に絶賛した「ネクロマンティック」みたいなまあまあ悪趣味な作品群が所狭しと詰め込まれていた(良い意味でバラエティに富んだタイトルと言うことだけど、しかもここいらは誌面の中だとまだメジャー作品扱いで、他にも「そんな映画初めて聞いたわ」みたいなのが目白押し)

ここ数年で出た映画本の中でもこれはかなり変わった趣旨のムックと言えるのではないだろうか(次の休日にゴブリンのサントラを聴きながらもう一回読み直さなければいかんな・・・俗に言う「ゴミビデオ系」「カルトムービー系」の特集本とはまったく色合いが違っていてホンマに楽しかった)


もう一冊は「日本ヘラルド映画の仕事-伝説の宣伝術と宣材デザイン-」

こちらはお仲間の一人・ロッカリアさんがブログで記事にされていたのを読んで自分も欲しくなってしまい(__;)少々値は張ったのだが(税込みで3456円)ちょっとムリして買ってみたのだった。

中身は日本ヘラルド映画が過去に配給した映画の宣材をポスター中心に掲載した物である。総ページ数約300のうち八割以上がカラーで構成されており、ちょっとした図鑑のような体になっているのが読みやすい。

自分の事で言うとやはり70~80年代の映画が一番ピンと来たというか、未見の映画でもこのポスターは見たことあるしハッキリ覚えているぞ!というヤツが何本もあった(「グレート・ハンティング」なんかそうだな)それとこの本は4年ほど前に出た「映画宣伝ミラクルワールド 東和ヘラルド松竹富士独立系配給会社黄金時代」とセットにして読むと当時の状況等がわかってより面白いと思うので、興味ある方は是非合わせ技一本の形にして読んでみていただきたい。

今回は二冊とも大当たりだったので(^_^;)我が輩たいへん満足しております。
C5kgzbPVUAEJ60Q.jpg
関連記事

10 Comments

マナサビイ  

「謎の映画」、こんな本が出てたんですね! 欲しい!!
もしかしたら前にも言った事があるかも知れませんが、「サスペリア」は私のいちばん好きな(というか子供の時に見ていちばん印象に残っている)オカルト映画なんです。特に2の、人形と音楽はトラウマになりそうなぐらいだったw 

>俗に言う「ゴミビデオ系」「カルトムービー系」の特集本とはまったく色合いが違っていてホンマに楽しかった)

↑わかります!! ますますこの本が読みたくなって来ました。
グロ系の映画、動物パニック映画なんかも普通にテレビで放送していたのを見ていますし、楽しめそう!! ジュンク堂あたりで中身を確認しがてらちょっと探してみます!
「ヘラルド〜」の本は、私もロッカリアさんのブログで見ました^^ コレも一緒に探さないと!

2017/03/09 (Thu) 15:34 | REPLY |   

楽珍劇場  

サスペリアといえば、

去年、東京でゴブリンの生演奏付き(サーカム・サウンドもビックリ!)の上映会があったそうですね。
プログレッシブ・ロック好きの(でもホラーには特に興味がない)友人が観に行って「最高だった」らしいので、地方暮らしが凄く悔しかった…

それにしても洋泉社はどれだけ映画トリビアのネタがあるんでしょうね~

2017/03/11 (Sat) 21:56 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

この2冊はマナサビイさんの琴線に間違いなく触れると思います

こんにちは、続けてコメントいただきましてありがとうございました<(_ _)>

以前「君の名は」の感想を概ね良いPV映画だよという趣旨で書いたのですが、いま思うとこの「サスペリア」もその部類に入るような気がしますね。格好良くてコワい音楽ってありそうで案外無かったですし(「エクソシスト」の♪Tubular Bells♪も印象的でしたがアレは格好良いと言うよりキレイなサウンドというイメージでした)

それとヘラルドの本は昭和映画宣伝史としての側面もあるので(平成以降の公開作も掲載されていますが物量は圧倒的に少ないです)たぶん数ページご覧になったらすぐ欲しくなると思いますよ。まあまあの出費になっちゃうけど(^◇^;)2冊とも自信持ってお奨めさせていただきます。

2017/03/12 (Sun) 09:05 | REPLY |   

しろくろshow  

布団に入って新聞を読んでましたら

>楽珍劇場 さん

こんにちは、コメントありがとうございましたm(._.)m

金曜夜から体調崩してしまい、楽しみにしていた博多行きを断念してずっと寝ていたのですが、なにより残念なのは中洲大洋劇場へ行けなかったことでした。全国6館でしか上映されてないという「アシュラ」を見るつもりでいたのにホントに残念でした・・・(T^T)

それでゴホゴホ良いながら新聞を読んでいたらいよいよイオンシネマ徳島オープンの記事が飛び込んできました。

http://www.aeoncinema.com/cinema/tokushima/

東京でやってるようなマニアックな上映スタイルは望めないでしょうけど(^◇^;)それでも9スクリーン体制で4DXやビッグサイズのスクリーンが導入されるというのは朗報中の朗報でしたね。

※もし高松からここへ来られる機会があればご一報ください

2017/03/12 (Sun) 09:13 | REPLY |   

MILLAFAN  

間違いなく一人で読みます

70~80年代の映画懐いですね~
ポスターはめっちゃ覚えてますもん。あの頃は見ない映画でも「スクリーン」とか「ロードショー」で見て全て覚えてました。(^^♪
本探してみます。

体調を崩されたようですが、お大事にしてくださいね。
私も風邪が治るのに1週間ほどかかりました。

2017/03/12 (Sun) 12:43 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

チラシを集めていた頃を思い出しました

>MILLAFAN さん

こんにちは、コメント並びにお心遣いいただきまして感謝申し上げます<(_ _)>

体調はだい良くなったのですが、咳と鼻声はしばらく酷いままでいることになりそうです。やはり年代的に耐久力が落ちてきているのか、これからも気をつけなければいけませんね~(T_T)

ヘラルドの本ですけど、私はコレを読んでいて映画のチラシを集めまくっていた中学時代を思い出しました(それこそMILLAFANさんが書かれた「スクリーン」なんかにもときどき付録で付いてましたよね)パンフレットなんかもそうですが、あのとき集めた奴らは一体いつ家からなくなってしまったのか、未だによくわかりません(^_^;)

2017/03/12 (Sun) 14:39 | REPLY |   

MILLAFAN  

やっぱりね

私もしろくろさんと同じで映画のパンフレットを必ず買ってましたよ。
それが全く同じで集めたやつらはいなくなってます。いったいどこに行ったのでしょうね(笑)
あと前売り券の半券もね。

前売り券と言えば思い出すのが、映画館の招待券です。
映画に行く前に必ず寄るのが、前売り券屋さん(しろくろさんの地方に前売り券屋さんはありましたか)でした。しかし、前売り券の発売されない映画もありましてね。そんな時は前売り券屋さんがその映画館発行の招待券を代わりに売ってくれました。
それはおそらく前売り券屋さんが映画館からいただいているものかと思います。毎週前売り券を買いに来るので顔が利くってわけでしょうね。今じゃ前売り券もコンビニで売ってるからね。招待券なんてあり得ないことですね。ほんといい思い出です。

お体回復されてる様で良かったです。また無理しないように、お互い年には勝てませんから。
でわでわ

2017/03/13 (Mon) 21:31 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

多少元気になったので

> MILLAFAN さん

こんばんは、お見舞いコメント頂戴しましてありがとうございました<(_ _)>
お心遣い感謝申し上げます。

私が小中校生のころは前売りを買った記憶はあまりなく、どちらかというと夏休みや春休み前に誰からともなくもらっていた割引券(だいたいは東映まんがまつりか東宝チャンピオン祭り)のほうを憶えています。

小遣いが足りなくて映画そのものを見られないときでももぎりのおばちゃんに頼んでパンフレットだけ売ってもらったりなんてこともありましたね~。

2017/03/14 (Tue) 22:00 | REPLY |   

kei  

「日本ヘラルド映画の仕事」
私が最初に日本ヘラルド映画に出会ったのは、小学6年生、「小さな恋のメロディ」でした。
リアルタイムではありませんが、高校時代は虫プロのアニメラマでしょうか。

で、宣伝になるのですが、4月にうちの店でこの書籍の出版記念のトークイベントを開催します。

2017/03/15 (Wed) 20:02 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

近かったら絶対行くんですけど

>kei さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

ヘラルド本のイベント楽しそうでね。東京は敷居が高くて(^_^;)なかなか行けるところではないのですが、参加できる人が羨ましいです。

2017/03/16 (Thu) 19:00 | REPLY |   

Leave a comment