花は専好、オトコはクリス(と、レオン)

自分の意思や希望では無くしがらみ的な事情で見てきた映画のはなし、これが今回は二本。

まず1本目は「花戦さ」



妻方の身内が池坊の関係者(どの程度濃いのか薄いのかは不明(__;))であると言う話は以前から「なんとなく」聞いていたのだけれども、今回その繋がりで同会が協賛しているこの映画を大プッシュすることになったらしく、各員がチケット販売をノルマのごとく受け持ってきたそうだ。

その流れでウチにもそのチケットが2枚廻ってきたため、普段なら自ら見に行くような映画では無かったにも係わらず急遽公開初日に鑑賞することになってしまったわけである(行ってきたのはイオンシネマ徳島)集っていた客層を見るとあきらかに「それ関係」と思しき高齢の方々で席が埋まっており、50代夫婦の我々でもこの日に限っては若手メンバーに大別されそうな雰囲気であった。

まあそんな裏事情はさておき(__;)せっかくなので映画の世界に没頭してみようと一生懸命観てみることにしたのだが、なにぶん不勉強故に池坊がいったいなんなのか?(チケットをくれた身内には謝らねばイカンな( ̄。 ̄;))千利休(佐藤浩市←この映画では事実上もう一人の主役とも言えた存在だが、じつは父親の三國連太郎も映画「利休」(1989)で同じ役を演じている)とはけっきょく何者なのか?信長~秀吉の時代にどうして茶道・華道が崇められていたのか?そこいらの理解が足りないためお話の流れがいまひとつピンとこないところもあって自分なりに咀嚼するのがけっこう大変だった。

おそらく生け花の力とはこんなにも凄いんだよ、時の暴君の心すら一瞬にして氷解させてしまう力があるんだよっていうことを言いたいのではないかと思っているが、あいにく部外者門外漢的視線で見ていると特に前半は「ホンマかいな~」というどこか冷めた気分で眺めることしか出来なかったのである。

たぶん最低限の知識バックボーンを持っている人や華道経験者が見ればスクリーンの大画面に映し出されたそれぞれの生け花作品に対して相当な感動があっただろうと創造するが、如何せん花の心が劇中の木下藤吉郎以上にわからぬ我が輩の邪眼ではそうした反応が殆ど派生することが無かったのだった(猿以下の眼と笑ってくださいまし)

それでも主役である池坊専好を演じた野村萬斎と豊臣秀吉の市川猿之助による演技合戦がなかなかアツくて見所あり、後半からはかなり面白く感じられた。やはり時代劇はこれくらいオーバーアクトで演じてもらった方が見易くなって良いのだ(言ってしまえば狂言(萬斎)VS歌舞伎(猿之助)の古典芸能対決でもあるわけで。この二人以外だと佐々木蔵之介の前田利家なんかは良かったけど、他の連中はけっこうしれーっと現代劇風の芝居をしていたのが不満)彼らの熱演だけでアゥエー感満載だった鑑賞モードが一気に解消された気分になってしまった。

上映時間130分の中で15年程度を駆け抜けるため、やや散漫な印象は拭えないものの「秀吉対池坊」というラストに用意されたクライマックスはそれなりの緊張感と爽快感を同時に抱かせ、池坊宣伝啓蒙映画という本来の趣旨はともかく( ̄▽ ̄;)最後の最後で十分娯楽作品として成り立っていたようにも感じられたのだった(これも役者の力業で引っ張られた好例と言えるだろう)

けっきょくお付き合い鑑賞のつもりで来たはずが意外と満足して帰ってきたんだから、これは嬉しい誤算(?)


もう一本はフルCGムービーの「バイオハザード:ヴェンデッタ」



これは私の姪が「バイオ」シリーズの大ファンで、どーしても見たいという希望から仕方なく同行してやることになったのだった(一緒に行ってやれる身内がこのときは私しか居なかったというのもあって)しかもコレ四国では一切上映予定がなく、一番近いところでも岡山イオンまで行かねばならないとかで(ーー;) 最初は少々遠いなとは思ったが連れて行くと言った手前今更止めるわけにもいかず、仕方なく早朝から車を飛ばすことになってしまった(時間的に9時の回しか見ることが出来なかったので、徳島を出たのは朝6時代という早さ(;゜ロ゜)) 

フルCGの映画ってふだんはあんまり好きじゃないのだけど(同じくゲームから派生したフルCG映画「ファイナルファンタジー」がひとつも面白くなかったという過去のイヤな想い出もあり)「バイオハザード」はゲーム音痴の我が輩でも1~5まではプレイ済みで馴染みがあったし(ジョヴォビッチ版の実写シリーズもほぼ視聴済み)主要キャラがクリス/レオン/レベッカと自分が知っているメンバーだったのも鑑賞に際し敷居が低くなっていたため実に都合が良かったのである。

見ているととにかく全てのビジュアルが思っていた以上にリアルになっており、場面によっては実写なのかCGなのか区別がつかないくらいの精度になっていたのはビックリした。以前見た同じくフルCGの「バイオハザード・ ディジェネレーション」なんかだとやはりゲームの延長線上みたいな感覚が強かったけど、今回は特に銃撃戦や肉弾戦(およびカーアクション)で最近見た「ワイルドスピード」なんかと比べても遜色のない、どこまでもライブアクションに近い映像を見せてもらっているようだった。

ストーリーの方はさほど複雑ではない至ってイージーな「ゲーム上の物語」の域を超えることはなかったけれども、これだけのビジュアルを提供されたら文句は言えないのではないだろうか。ほんとマジメな話近い将来役者なんか一人も居なくても映画作れるんじゃないかと思わずには居られない、そういう作品でもあったなと。

朝早くて眠かったものの、思いの外良い物を見られたなあと、姪にそんなことは一言も言っていないが( ̄▽ ̄;) おっちゃんの方は密かに満足していたのである(そうした本音はおくびにも出さず、終始恩着せがましい態度で接していたりして)
関連記事

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  映画『花戦さ』★風情ある萬斎さんの池坊さん花開く(^_-)-☆
  • 作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170180/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・池坊専好:野村萬斎   ・池坊さんのこと→コチラやコチラ  ・題字:金澤翔子♪ 茶聖:千利休が、天下人:秀吉との間に軋轢が生じ 切腹に追い込まれたことは、良く知られています。 が、暴君と化した秀吉に、 池坊さんが、華で挑んだの...
  • 2017.06.20 (Tue) 02:06 | yutake☆イヴの《映画★一期一会》