コンピューター、コンピューター、ぼくを高知県に連れていけ

kog.jpg昨年の客入りがあまり良くなかったので今年はどうだろうと心配していた高知県立美術館の特撮映画特集上映が四年連続で無事開催されることになった。

主催側で前回のラインナップ(「キングコングの逆襲」「宇宙大怪獣ドゴラ」「地球防衛軍」「宇宙大戦争」)があまりに渋かったのを反省したのかどうかはわからないが( ̄。 ̄;)今回は賑やかなゴジラ映画ばかりで4本。その詳細は右画像にも書いてあるけれども文字が小さいのであらためて以下に上映情報を書いてみることにした。

【上映情報】

上映日:2017年8月26日(土)27日(日)
会場:高知県立美術館ホール
入場料:各プログラム入替制 一般 1プログラム前売券 1,000円[当日券1,200円]

【前売券発売所】

高知県立美術館ミュージアムショップ/高新プレイガイド/高知大丸プレイガイド/高知市文化プラザミュージアムショップ/サニーマート(四万十・清水・毎日屋あさくら・毎日屋旭・毎日屋土佐道路・毎日屋さんばし・毎日屋大橋通り店を除く)/こうち生協(コープよしだ・コープかもべ)/ローソンチケット(Tel:0570-084-006/Lコード61556) 
     
【上映作品】(各プログラム入替制) 開場は各プログラムの30分前

8月26日(土)

Aプログラム
 ・10:00~11:27 「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」87分
 ・11:35~13:01 「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」86分
Bプログラム
 ・14:00~15:29 「怪獣総進撃」89分
 ・15:40~16:50 「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」70分

8月27日(日)

Bプログラム
 ・10:00~11:29 「怪獣総進撃」89分
 ・11:40~12:50 「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」70分
Aプログラム
 ・14:00~15:27 「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」87分
 ・15:35~17:01 「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」86分

例年通り4本全て見ようと思えばチケットは2枚必要なので要注意。しかしまあ今回のプログラムは登場怪獣の総数が物凄いことになっていて( ̄。 ̄;) 4作全てを足すとおそらく30匹近くになるはずである。なんかそれだけでもうリアルにチャンピオン祭りを観に行く小学生の気分になってしまい、今は早くスケジュールを確保せねばと躍起になっている状態なのだった。

それでこの4本は「南海の大決闘」以外は劇場で見たことのないヤツばかりで、機会としてもちょうど良いというのがあったのである(「南海」は昭和47年のチャンピオン祭りでリバイバル上映されており、我が輩はそれを観に行っている)正直10年くらい前までならゴジラ映画の本流ではない(口さがない人からは子供向けにシフトしていくことで「堕落した」とまで言われたこともあったくらいな)過渡期の作品群という事でそれほど興味が湧くことはなかったと思われるが、最近はなんだかこういうお祭り気分満載のカイジュー物の方が心から楽しめるんじゃないかと、そんな気にもなってきていたのだ。

そんなわけで、もしこのあたりで夏期休暇取られる予定の方が居られたら、高知に足を伸ばしてみるのも面白いかもしれませんよ。

【参考 高知県立美術館夏の特撮映画定期上映 過去記事】

・2014年 「フランケンシュタイン対地底怪獣」「サンダ対ガイラ」「空の大怪獣ラドン」「大怪獣バラン」
・2015年 「キングコング対ゴジラ」「モスラ対ゴジラ」「三大怪獣地球最大の決戦」「怪獣大戦争」
・2016年 「キングコングの逆襲」「宇宙大怪獣ドゴラ」「地球防衛軍」「宇宙大戦争」
関連記事

8 Comments

ウスラバ  

お久しぶりです

御無沙汰しております。
果たして今年はどうなることやらとヤキモキしてましたが、無事杞憂に終わってよかったです。
今回もいつもの一張羅を着て土曜日にでも馳せ参じる予定ですので、もしご縁ありましたら何卒よろしくお願いいたします。

2017/07/27 (Thu) 00:11 | REPLY |   

しろくろshow  

今年もこの時期がやってきましたね

>ウスラバ さん

こんばんは、お久しぶりです。
コメントありがとうございましたm(._.)m

また行ける日が確定したらお知らせさせていただきますね。

しかしこの感じで行くと隔年でゴジラシリーズを順次やりそうな雰囲気になってきたような気がいたします。次の4本が「ヘドラ」「ガイガン」「メガロ」「メカゴジラ」と続くのであれば個人的にはワクワクするのですが(^_^;)

2017/07/27 (Thu) 19:32 | REPLY |   

ソイレントグリーン  

こんばんは。
度々、失礼いたします。
いや~羨ましい限りです。私はチャンピオン祭り世代ではないので
旧作をスクリーンで観る機会が無かったので・・・

どの作品もエアコンの効いた館内でちびっ子(←どのくらい集まるんでしょう??)達と
観るのには絶好のラインナップだと思います。

ちなみに私どもの町内の公民館で今度の日曜日「シンゴジラ」の上映会があるみたいなんです
よね(笑)行こうかなぁ。

楽しい時間をお過ごしください。

2017/07/27 (Thu) 23:03 | REPLY |   

しろくろshow  

けっこうスゴイ施設なんですよ

>ソイレントグリーン さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

ここのホールは座席数が400近くあるビッグサイズでスクリーンもかなり大きいんですよ。一番最初に来たときはどーせ官製ハコモノのちっちやい視聴覚室みたいなところでDVDかけるんじゃないの?とタカをくくっていたら良い意味で裏切られました(^◇^;)

上映も35ミリフィルムを映写機でかけるという気合いの入ったシステムでしたし、正直京都のみなみ会館より鑑賞環境としては快適だと思っています(椅子が固いのだけが難点(__;)動員は少ないときで五割切る程度、多いときで七割程度埋まってたかな)

例年満員にまでは届かないけど客席は二世代、三世代に渡ろうかという親子連れも多かったですし、雰囲気も悪くありません。

関西からだと意外に遠い高知ですが、機会があったらぜひ一度見に来てくたさい。

2017/07/28 (Fri) 21:17 | REPLY |   

楽珍劇場  

怪獣モリモリな4本立てでキッズは大喜びでしょうね!

『ゴジラの息子』をスクリーンで観てみたいなあ…
地味ながらクオリティの高い操演怪獣たちや、
若かりし頃の前田美波里サンの健康的なお色気など見どころは多いと思います。

それと歳のせいか最近、親子怪獣とか夫婦怪獣とかに感情移入しちゃうんですよ…
シーゴラス・シーモンスとか、パンドラ・チンペとか

正直なところ『息子』を素直に愛せるようになったのも結構最近で、
今ではゴジラとミニラの触れ合いにほっこりとし、ラストシーンにはウルッときてしまいます。

2017/07/29 (Sat) 21:45 | EDIT | REPLY |   

mikaidou  

アニゴジ

こんばんは(^^)

映画イベント、羨ましいです。
ゴジラの夏、金鳥の夏、みたいな風物詩になるといいですね。

ところで『絶望は進化する』ってコピーで『Godzilla 怪獣惑星』ってパンフレットを映画館で見てびっくりしたところです。
アニメ化しただけで、二万年の進化を果たしたそうなんですが。
つい、見に行ってしまいそうです。

2017/07/30 (Sun) 00:02 | EDIT | REPLY |   

しろくろshow  

年齢のせいもあるのでしょうか

>楽珍劇場  さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(._.)m

なんとか行けそうな感じにはなってきたのですが、去年みたいに2本だけになるか4本全部見られるかはまだわかりません(__;)

で、そーなんですよね。近年己の年齢上昇と共に親子物に(自分に子供が居ないにも拘わらず(^_^;))弱くなってきたような気がしてますね。

「息子」のラストシーンもそうですし「大進撃」の一郎とお母さんのやりとりなんかもそうだし、けっこうグッときてしまうんですよ。

まあ綺麗どころヒロインを目でおっかけるゲスさはまだ持ち合わせているので( ̄。 ̄;)まだまだ枯れてはいないと思いたいところもあるのですが(私は「総進撃」の小林夕岐子がお気に入りです)

2017/07/30 (Sun) 16:57 | REPLY |   

しろくろshow  

>mikaidou  さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

今や京都のみなみ会館とこの高知県立美術館は西日本の特撮ファンにとっては怪獣映画の聖地なりつつある場所だと言っても過言ではないでしょう。特に同じ四国に住むスキモノの一人としましてはよりありがたい施設でもあります。

ゴジラのアニメ版「GODZILLA-怪獣惑星」
http://godzilla-anime.com/
今年11月に公開予定となっているようですが、トレーラーのビジュアルを見た限りでは面白そうだなと思っているので、私はけっこう楽しみにしています。

2017/07/30 (Sun) 17:06 | REPLY |   

Leave a comment