You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Category: ◆意外と近所の怪獣魔境=特撮/サブカル関係の話  

水曜日はパンサーで出動、木曜日は超獣退治

まもなくCSで放送がスタートする「ウルトラマンA(エース)」についての諸々雑感等。

本放送時(昭和47年)私は丁度小学校に入学したばかりで、旨いこと読んでいた本が小学館の学習雑誌(「小学一年生」)だったこともあり、同時に始まった「エース」の漫画連載も読んでいたし「帰ってきたウルトラマン」の後番組としての期待値も当時はかなりのものがあったと思うのである。

しかし今思い返すとこの頃自分の興味の対象は少しずつ「仮面ライダー」へシフトしており、熱中度で言うと「エース」はライダーよりやや下だったような気がするのだ。じっさい「小学一年生」の方はさほど一生懸命読んでいたわけではなく、親が学習用に買い与えた側面が大きかったと思うのだけど、自分の中ではやはり「テレビマガジン」「冒険王」と言った雑誌に載っていたライダー達の特写スチールや絵柄のダイナミックだったコミカライズ版(石ノ森章太郎ではなくすかがやみつる(「ゲームセンターあらし!」の作者)の手による物だったと思うが)の方を嬉々として読んでいたはずなのである。

したがって「帰ってきたウルトラマン」に比べるとリアルタイムの思い出もあまりないうえ思い入れも若干薄かったような気がするのだけれども、なんといっても天下のウルトラシリーズ、当然放送日が来ればテレビの前から動くことはなくコレも最終回まできっちりと見届けたのであった(「ウルトラ」と「ライダー」がほかの変身ものと比べても別格なのは子供なりに認識してたところがあったのだよ)

で、我が輩にとって「エース」と言う番組は当時も今もホントに毀誉褒貶が激しい番組だったというか、回によって出来不出来(または好き嫌い)の振幅が異常に大きいシリーズでもあったのである。

とりあえず放送スタート直前でもあるので悪い所はあまり書かないようにして( ̄。 ̄;)我が輩の好きなエピソードを一〇本ばかりピックアップしてみることにした(これ「帰ってきた」のオンエア前にもやったけど、半年後もし「タロウ」が始まればきっと同じ事をやるのだろうなあ・・・)

○第1話「輝け!ウルトラ5兄弟」・・・本編始まって直ぐ登場した超獣1号のベロクロンがひたすらカッコイイ。怪獣では無い超獣という存在を意識づけるのに最高の敵キャラだった(体中の至る所にミサイルを仕込まれてたり火は吐くわ光線は出すわとやりたい放題なのが良い。また、デザイン及び造形も斬新)ほかでもウルトラ五兄弟のそろい踏みが子供心にたいへんワクワクしたのもあって、掴みとしては申し分の無い第一話だったと思う。

○第3話「燃えろ!超獣地獄」・・・超獣は異次元人が次元の裂け目から送り込んでくると言う設定なのだけど、それを表現するのに「空が割れる」という演出をされたのが視覚インパクトとしてはかなり強烈(これは今見ても素直に「おおー」と感じる場面。この有名な見せ方はこの回のバキシム登場シーンが初めて)

○第4話「3億年超獣出現!」・・・六歳のガキにはあまりに刺激的だった美川隊員(西恵子)のむちむち太股ミニスカ緊縛シーンに終始ドキドキというエピ( ̄。 ̄;) ヤプールに魂を売った漫画家(清水紘治)の筆によって超獣が現れるという設定も秀逸で、こうした展開は従来の怪獣ものではありえない話だった。※その美川隊員役の西恵子さんは現在銀座で「珈琲 蕃」という喫茶店をやっておられるそうだ

○第9話「超獣10万匹!奇襲計画」・・・初期の超獣はとにかく登場の仕方がアイディアたっぷりで飽きさせない。この回のガマスなんかは写真に映り込んでネガに潜み、焼き回しをすればするほど数が増えていくという設定で、タイトルにある「一〇万匹」というのはガマスが映った写真が掲載された雑誌が増刷されると最終的には一〇万冊になり、そこから同じ数の超獣が出現する可能性があると言うことで、これはなかなか面白いと思った。それとこの回はゲスト女優の江夏夕子(現・目黒祐樹夫人)と今野隊員(山本正明。残念ながら4年ほど前に亡くなられている)の絡みがほのぼのして良いのだ。

○第16話「夏の怪奇シリーズ・怪談牛神男」・・・「エース」の特徴としては前番組の「帰ってきた」以上に防衛チームの各隊員ひとりひとりによりスポットが当たっているという傾向があって、このエピでは吉村隊員(佐野光洋)の岡山への里帰りから話が拡がるようになっている(「母ちゃん、わしはタックの隊員じゃ」という台詞がなんだか印象的)これが今見たらなんか途中までは諸星大二郎の「妖怪ハンター」ドラマ版を見ているかのような怪奇ムードがぷんぷん。脚本の石堂淑朗さんお得意の"怪奇民話"ネタが本編に旨くマッチしたエピソードだった。あとは超獣カウラになってしまう蟹江敬三さんの怪演も見所。

○第23話「逆転!ゾフィ只今参上」・・・これはある意味アルフォンソ・キュアロン監督の「トゥモローワールド」みたいな話で、ヤプールが世界中の子供を異次元にさらおうとするわけだけど、子供目線ではちんぷんかんぷんだった異次元・四次元というものをメビウスの輪を使って分かり易く説明してくれたのがすごく頭に残っているのである(ナレーターの岸田森が蕩々と語ってくれる)それと劇中では「学生節」の替え歌(♪オマエは俺を信じなさい、ホレ信じなさい♪)が延々と歌われるのだが、これがめちゃめちゃ怖いのだ(°°;)

○第24話「見よ!真夜中の大変身」・・・我が輩「エース」の中では一二にを争うほどこの回が好きなのである。前回(23話)全世界の「子供」に目をつけたヤプールが今度はひとりの「母」を利用して超獣を生みださせエースに復讐を遂げようとするのだが(マクロからミクロへの作戦変更。計画を実行するのはヤプール配下星人の一人と思しきマザロン人)その描写が逐一トラウマ級にオソロシかったのだ(当時この放送見た後で自分の母親の背中が赤くなってないかを確認したくらいだったからな~(__*))それからメインゲストの岩本多代さんがかなり艶っぽいのも良い(ってココだけはオッサンになってからの感想ですが・・・)

○第26話「全滅!ウルトラ5兄弟」/第27話「奇跡!ウルトラの父」・・・前編見終わった後でコレどーすんねんと( ̄。 ̄;)すっごい落ち込んだことを憶えているが、ウルトラ兄弟が全員タール漬けにされた場面はけっこうショックだった。前後編続けて見れば単純にお祭り気分満載の回でもあるし、ツッコミどころも含めて楽しい回なのは間違いない(ウルトラの父が過労死するのはオイオイと思ったけど)

○第28話「さよなら夕子よ、月の妹よ」・・・この回を見るに至り、自分は南夕子(星光子)目当てでこの番組を見ていたんだなと気がついた(きっと北斗役の高峰圭二をあまり好きじゃなかたのだろうなあ)次週から彼女が出ないと知ったときの落胆たるやそらもう相当なもので、近所にいるあこがれのおねいさんが突然嫁に行ってしまうかのような悲しさがありましたわ(そもそもわたしゃガキの頃から年上の女性が好きだったのだよ)

○第48話「ベロクロンの復讐」・・・28話以降のエースでは私が唯一好きな回。全編がかなり凝った演出(特に前衛的な表現が多い)をされており、ヤプールの残党である謎の女医(「プレイガール」の高毬子がセクシーなミニスカナースとなって登場)と北斗とのやりとりがスゴい緊張感あってスリリングなのである(オチがJホラーみたいな終わり方だし)


こうして書き並べると私の場合はレギュラー・ゲスト含めた女優さん、ならびに個性的な男優さんたちの魅力と派手でかっこいい(そして今日的センス溢れた)視覚効果を気に入ってこの番組を見ていたのがよくわかる。

そんなわけで、しばらくちゃんと見てなかったこともあるから忘れてる話も多いはずだし、今回はじっくりと見直してみなければなりますまい(何十年も気がつかなかった良作が隠れているかもしれないし)

ファミリー劇場を視聴可能な環境にある方はぜひ三日からのオンエアをご覧くださいませ。


関連記事

Newer Entry目指せ!スーパーセンテナリアン

Older Entry遙か彼方に輝く星は、あれがあれが故郷だ

 

Comments
Editベロクロン
1話2話見ました! ベロクロンすごかった。何の前振りもなしに冒頭から暴れてて、ラストまでほとんど出ずっぱりとは。
ウルトラQからここまでの怪獣で、1エピソードで一番長時間出てるような気がします。
デザインもよごく良くて、草間彌生っぽい体中のベロベロも動くとダイナミックでよかったです。48話でもう一回出てくるんですね。
自分はエース全然覚えてないので、オススメにある「怪談牛神男」がめっちゃ楽しみです。
Edit着ぐるみ変わっちゃうんですけど
>serpent sea さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

ベロクロンよく見たら体に粘液とかも付いてて、おおっなんか「エイリアン」っぽい( ̄。 ̄;)と思いましたね~(初期の超獣はこういう描写けっこうあるんですけど)

それで「ベロクロンの復讐」のベロクロンなんですけど、これ実は着ぐるみが別のもので、もうぱっと見おんなじ超獣とは思えない造形なのですが(バルタン星人の初代と2代目くらいの違いはありました)そこいらも含めて楽しんでいただけたらと思います。

あとデザイン的には2話のカメメレキングや11話のユニタングなんかもわりと好きなんですよね。
Editありがとうございます。
ご訪問頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
Editこちらこそ
>鬼藤千春の日記・エッセー さん

こんにちは、コメントありがとうございましたm(__)m

こちらこそ宜しくお願いいたします。
Edit当時、小学校3年生だったかな、
全校朝礼でしか、
見かけることが出来ない、憧れの人は、
南隊員によく似ている娘でした、、、

ウルトラマンAを観るたびに、
取り残された気持ち、
月に帰った想いを思い出します。


Editその気持ちはよくわかりますよ
>ダリルジョン さん

こんにちは、コメントありがとうございます_(._.)_

南夕子みたいにおかっぱで背がちっちゃくてそれでいて頼りがいのある快活なおねいさんというのは私も幼少時憧れた物です(1年の時、給食の世話をしてくれた6年生のおねいさんにそういう感じの子が居たように思います)

後年夕子を演じた星光子さんが「番組降板は突然のこと」と仰っていたのを目にしたとき、キャスティング権を持っていた人間に本気で文句言ってやりたくなりました( ̄。 ̄;)
Editそんな夕子にほれました
今日「燃えろ!超獣地獄」を見ました。バキシムの口から粘液のような物が垂れていました。こういう細かい生物的表現がされていたのかと感激しました。

 子供のころの感覚では、南夕子が月に帰って北斗一人で変身するようになりすっきりしました。男女合体という意味はややこしかった。当時は男子より女子のほうがガッカリしていたようです。同世代の南野陽子は、以降見るのをやめたと言っていました。
 ときどき思うのは、逆に北斗星児が死んで、夕子が一人で引き継いでいた場合です。たぶん「ウルトラマンエース」は異色の名作として語り継がれたはずです。

 今回のコメントタイトルは、しろくろsyowさんぽくしました。
Editタックのつとめは、はじめてだけど
あ、これは「ひとりごと」の歌詞でしたね( ̄。 ̄;)いちおう増位山つながりってことで・・・

>そんな ハヌマーン&さとる さん

あらためましてこんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

私は完全に夕子派で番組を見ていたので、エースの中で印象深いシーンをあげればほぼ彼女がらみになってしまいます。

で、確かに北斗と夕子の立場が変わっていたらと考えれば、スゴいことになっていたのは間違いないでしょうね。今の時代そろそろ女性が変身するウルトラマンが登場しても良いのにと思わずにはいられません(コレはユリアンとかネクサスみたいな形ではない、完全なる主役としてと言う意味です)

それと全員が女性のスーパー戦隊も←「女子ーズ」みたいなパロディではなく大まじめなもので。その場合は敵もパンサークロー的なアマゾネス軍団にしてもらいたいものですが・・・
Edit女性ウルトラマン賛成でしょ!
当時のライバル「仮面ライダー」

私の「少年時代」の2大ヒーロー!!

最近の仮面ライダーは商業戦略もうまいのか、
まだまだ現役のヒーローズですね。
女子ライダーも参戦していますし、

かつて、「ウルトラマンタロウ」でペギー葉山さんが人間体として現れた時から、、数十年、、、

ってことで、起死回生の「新マン」、、、「真man」でもいい、

主役の新しいウルトラ兄弟で女子!

女性上位なのか優位なのか分かりませんこの時代に
ピッタリではないでしょうか。

円谷さんにお願いしたいです。

コメントの割り込み失礼しました
ついつい、、、

ではではー!
Editどうせなら深夜特撮でやってもらいたいなと
>ダリルジョン さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

基本的にウルトラマンと人間サイドが別個の存在というしておけば、変身前は女性で変身後が男性だとしても成立するんじゃ無いかと思いますし、やれないことは無いと思うのですが、地上派の制約が厳しいならいっそのこと「アマゾンズ」みたいにネット限定コンテンツで作ってくれたらいいのにと思っています。

※こないだまでやってた「ジード」を見ているとオッサン視聴者にはちょっとしんどいところがあるんで( ̄。 ̄;)そろそろ我々年代の好みに合うようなウルトラも一本くらい作ってほしいものですね。
Edit
盛り上がり的に、個人的には13話と14話も加えたい(笑)

これも26、27話同様、ガキにはショッキングでかつカタルシスたっぷりな話であった(笑)
Editバラバとエースキラーは好きなんですが
>ポール・ブリッツ さん

こんにちは、コメントありがとうございます_(._.)_

いやー、あの前後編も好きなんですけど、ゴルゴダ星でのウルトラ兄弟会話シーンがあるじゃないですか。あそこがちょっと寸劇くさくなって少ししらけた所があったんですよね。

それとゾフィーたちの声がでみんなオッサンだったのも当時のガキ的にはイマイチと感じられたのかもしれません(メンバーは市川治とか辻村真人とか池水通洋とか超・豪華なんですが←エースの声の納谷悟朗さんも含めたらショッカーの皆さん集合!みたいになってますし)

北斗と夕子が無線機越しの会話しているところから変身する場面はけっこう感動しました。
Editエースはイケメン
エースのマスクには不思議な魅力がありますね
他の兄弟と全く似ていないのに、
ちゃんとウルトラマンに見える面白いデザインだと思います
あと、もっとスタイルが良ければ…

印象的なエピソードは、すでに皆さんが挙げられているものと大体被ってます

それと前にも書いた気がしますが、
第40話「パンダを返して!」はヘンテコさが妙に記憶に残ります
ブームに安易に便乗したようなしょーもない話なんですがねぇ
大村千吉氏の怪演が実にGOODです
Edit宇宙人も欲しがるパンダ
>楽珍劇場 さん

こんにちはー、コメントありがとうございます(^^)

後半の「エース」ってこういうちょっとファンタジーっぽい+ホームドラマ的展開がスゴく多いような気がします(なんとなくですが「コメットさん」に近いモノも感じてました)

その中でもこの回は奇天烈ぶりが度を超してありましたよね~( ̄。 ̄;)確かにインパクトはスゴかったですし。

あとダイダラホーシの回で奈良時代にタイムスリップした北斗と竜隊長がチャンバラ殺陣やったり馬に乗って暴れたりするのがけっこう楽しかったです。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >