FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Category: ◆140文字では収まらない呟きがそこにある=ぶつ切り備忘録  

さらば、みなみ会館、また会う日まで

◇先月後半からドサ廻りの役者の如く毎週のように遠征が続いて今月は超の字が付く金欠になってしまった(ノД`) そのうえ急遽自宅のネット切り替えに伴う携帯キャリア変更見直しも重なってさらなる出費がかさみ、それに拍車をかけることになったわけだけどもうこの年度末はなんもせんとじっとしていたほうが良いのかもしれないな。

見直しというとこのたび我が輩2年付き合ってきたhuluを解約することになり、当面はNetflixとAmazonプライムビデオを二本柱として映画やドラマを見ていくことになった。ちょうど円谷プロ系の作品配信がウルトラ以外(「怪奇大作戦」「マイティジャック」「快獣ブースカ」「ボーンフリー」「ミラーマン」「ジャンボーグA」)いっせいに三月末で終了するし、タイミングとしたら丁度良かったなと。

◆コロッと忘れていたのだが貯まっていたAmazonのポイントを使い、ほぼタダ同然の値段で注文していた「ブレードランナー2049」のブルーレイが到着した。おそらく購入動機としては内容よりむしろジョイ(アナ・デ・アルマス)目当てと言った方が良いのだが、特典でメイキング映像がたくさんあるのも楽しかったし、インタビューに登場したもうひとりのヒロインであるラヴ役のシルヴィア・フークスが本編映像より綺麗な人に見えたのは意外だった(2人とも地毛は違う色なので本作では染めてから出演していたとか←アナ嬢は黒い方が似合っていたなあ)

2049.jpg

◇2011年の「京都怪獣映画祭ナイト」以降約8年にわたって続いた京都みなみ会館の特撮怪獣映画オールナイトがこの3/17「超大怪獣大特撮大全集SDX NIGHT ありがとう 京都みなみ会館 スペシャル」というタイトルで遂に現在の場所での最終上映を終えた。

私は予定が合わず(さらには予算不足等もあって)今回参加することが出来なかったのだけど、現場に行ったいろんな人たちからネット経由でたいへん盛り上がったことを教えてもらい、有終の美を飾ったことを心から嬉しく感じていたのである(別に関係者でも何でも無いんだけどさ(~_~;))

当日は私のお仲間でトガジンさんと楽珍劇場さんがこのオールナイト参加されていたので、彼らからも詳しい話を聞けたのはたいへんありがたかった(トガジンさん、楽珍さん、ご報告ありがとうございました_(._.)_ そしてお疲れ様でした)

※トガジンさん渾身の当日レポートはこちら

楽珍さんは高速バスの時間が迫っていたので最後のプログラムだった「シン・ゴジラ」の途中で帰ることになったそうだが、ロビーで声をかけてくれたキャスト社の藤村氏へ四国へ戻る旨を話したら"四国"というキーワードにピンとくる物でもあったのか「もしかしてブログでよくオールナイトの感想を書いて下さっている…しろくろさんですか?」と、あらぬ疑い(?)をかけられたそうである( ̄。 ̄;) この話個人的にはめちゃめちゃ面白いと思ったのだけど、楽珍さんには良い迷惑だったかもしれないな(まさか我が輩と間違われるとは・・・(^_^;))

それから、みなみ会館での映画上映自体は3/31まで予定されているので、最後にあの劇場を目に焼き付けておこう!とお思いの方は是非現地まで。怪獣映画のプログラムはもう無いけど29日にはある意味怪獣の出ないゴジラ映画とも言える「太陽を盗んだ男」の上映もある。我が輩は敢えてこれをお薦めしたい。

そしてみなみ会館は今のところ来年春の再開を目処に新天地を探しているそうである。あと、前にも書いたけど可能であればあのドア一枚だけでも残してもらって、新劇場のシンボル的モニュメントとして飾ってもらえたたら嬉しいのだがなあ・・・

関連記事

Newer Entry来年行ってみなければなるまい

Older Entry「エクスペクト・パトローナム」だけは憶えていたぞ

 

Comments
Edit想像以上の楽しさでした
こんにちは。

実は私も今月家計的にはキビシかったのですよ。
でも、、これが最後ということで「行かねば一生後悔する」気がして京都行きを強行しました。
買ったチケットが最後の一枚だったのも多分天命だったと思っております。

同じものが好きな人たちと一緒に見る映画って、それまでとは全く違って見えるものですね。
何度も観たはずの『シン・ゴジラ』も、一人で観ていた時には思いもよらなかった感情が沸き上がったりして自分でも驚いてました。

あの3本を続けて観ることの相乗効果も想定外過ぎましたね。
『連合艦隊』を先に観たことで『84ゴジラ』が初代以上に「ゴジラ英霊説」を思わせてくれたこととか、『シン・ゴジラ』では矢口の「大臣、先の戦争では旧日本軍の~」のセリフが妙に実感を伴って聴こえたりしました。

上映トラブルといい樋口監督と会話出来たことといい、我が人生最大級の得難い体験であったことは間違いありません。
私の拙いレポートであの楽しさが少しでも伝わったのなら幸いであります。


『ブレードランナー2049』は私も先日(レンタルで)観返したばかりです。
なぜならば、健気なジョイをもう一度観たかったから(笑)。

彼女なら「京都へオールナイトを観に行きたい」とか、「映画のエキストラ出演のために県外へ行く」とか言っても「あなたの好きなように生きればいいのよ」と笑顔で見送ってくれそうです。
いや、モバイルにして一緒に連れていくかも(危)。
Editひじょーに下世話な理由で買ってしまいました
>トガジン さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

「2049」ですがわたくしジョイちゃんのきれいなおっぱいをHD画質で見たいがために買ってしまったところはあったですねえ・・・( ̄。 ̄;)(いやー、あの娘をモバイル出来るなら今すぐでもやりたいもんです)

それでわたし「みなみ会館の怪獣映画はもう無い」なんて書いたんですが、昨日の24日ですか"爆音上映大会"に「キングコング対ゴジラ」が入ってましたね(^_^;)

あの数年にわたる怪獣ナイトの思い出は何物にも代えがたいものとして自分の中に残っていくはずです。また、こうしてトガジンさんや楽珍さんのようにあの場所での記憶を共通体験として語れる方々が近くにいらっしゃるというのは本当に嬉しいことでもあるなと思っています。

いつか復活する新・みなみ会館がまた同様の感動を生み出してくれることを願いたいですね。
Edit万感の想いを込めてバスが行く ひとつの旅は終わり、また…
コンバンワ!

今回のオールナイト、本当にいろいろな意味で良い思い出となりました
84ゴジラを再度スクリーンで鑑賞できたのもGOODでした
サイボットが空を見上げて吠えるシーンが大好きなんですよ

『シン・ゴジラ』での途中退場は心残りでしたが、
せめて、持参したブルーレイに頂いた樋口監督のサインを眺めつつ、
ヤシオリ作戦を再見してこの時の補完をしたいと思ってます
Edit吉田館長=メーテル/藤村氏=車掌でしょうか?
>楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

なんだかんだ言ってもスーパーXのテーマが鳴るとワクワクしてしまうのは私も否定できません(^_^;)

「84ゴジラ」ってアカンところもたくさんありますが、自分にとってはなぜか憎めないゴジラ映画でもあります。

それと楽珍さんとトガジンさんが同じ通路で写真に写っていたのは個人的に不思議な感動がありましたね~( ̄。 ̄;)
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >