FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Category: ◆不定期で乗っかかるいろんなベストテン話  

あるいは酒でいっぱいの映画

そんなわけで「お酒映画ベストテン」について自分がエントリーした映画群についての補足。

「幸福の黄色いハンカチ」・・・高倉健が刑務所からの出所後立ち寄った食堂で何年かぶりにビールを頼む場面がわたしはすごく好きだったのだよ。失礼を承知で書いてしまうとあそこは芝居としてすごくクサいのだが( ̄。 ̄;)でもそのオーバーぶりが彼の渇望と開放感を目一杯感じさせてくれてとても良いシーンだなと思ってしまったのである。

アレは何度見ても思わず真似したくなりますなあ「醤油ラーメンと・・カツ丼・・・」とオーダーした後でコップになみなみと注いだビールを両手で拝み飲む仕草が特に。


「ドランクモンキー酔拳」・・・我が輩この映画劇場で見ているのだけど最初は同時上映のトラック野郎(「熱風5000キロ」だったかな)目当てだったのが終わってみたらこっちの方がめちゃめちゃ面白かったという、自分にとってはジャッキー・チェンを初めて見た映画でもあった。それで思い出すのは直接映画とは関係ないけど、昔勤めていた職場で同僚と麻雀に興じる機会があったのだが、そのときのメンツで自分がマイナスになると酒を飲みだす輩が居て、コイツが酔うと流ちょうな罵詈雑言が止まらなくなり廻りのペースがかき乱されるという現象が間々起こったのであった。

仲間内ではヤツのこの攻撃を「酔拳打ち」と言ってそれはそれは警戒していたものである(事実飲むと調子が上がってくると言う・・・)


「007は二度死ぬ」・・・短いシーンながらいつものボンド知識ひけらかしコーナーで"日本酒"についてうんちくを語る場面があったのだが、ここが何度見ても「ホンマかいな」と思ってしまうところ。

ボンド「熱燗が良い、華氏98.4度くらいがいいね」
タンバ「なかなか通な人だ」

なんでそんな細かい会話やねんと( ̄。 ̄;)(摂氏で換算すると36.5度くらいだからマチガイではないけど←一番新しいソフトでは「人肌がちょうど良い」と訳されているが以前の字幕はこうだったのだよ)


「カクテル」・・・なにはともあれトム・クルーズがカクテル作ってるところがとにかくカッコイイという、いちばん単純な理由でこれに一票を投じてしまった。あのころよく自宅でペットボトルを使ってマネしたことあるけど全然出来なかった苦い思い出もあり(~_~;)(ブルース・リーを見てヌンチャクを振り回していた心理に近いな)

「コヨーテ・アグリー」・・・我が輩お酒飲むのはバーよりもスナックの方が好きなのだが、コレ見たときはこんだけ綺麗なおねいさんがたくさん居るならガールズバーも悪くないなと少し宗旨変えしそうになった。めっちゃ可愛かった主役のパイパー・ペラーボはこれ以後あんまり目立ってなかったけど「コバート・アフェア」でメジャーどころに返り咲いたのを見たときは「え?あの子が??」と親戚のおじさん目線になってしまってすごく嬉しかったものだ。

「レイダース/失われたアーク」・・・冒頭で荒くれオトコどもに一気飲み勝負を挑んでいたカレン・アレンが格好良かったという、ただそれだけがエントリーした理由(とは言え、この直後再会したインディにパンチを見舞うシーンとセットにしたら、かなりインパクトのある場面ではあったが)

「アンタッチャブル」・・・禁酒法時代の話ということで直接酒にまつわる場面はないが、当時の人間の酒に対する気持ちがいろいろと描写されていてそこは面白かった(ラストシーンのネス(ケビン・コスナー)のセリフも良いのよ)

「サイドウェイ」・・・全編でワインがキーワードになっている作品ではあるものの、わたしはこの映画は"おっさんの青春映画"と捉えていて、そっちのほうで大傑作だと思っているのである(2000年以降の映画だとたぶんこれが一番好きかもしれない)

「ブレードランナー」・・・これもワンポイントだが(但しデッカード(ハリソン・フォード)は劇中でやたら酒を飲んでいるので、そんなに的外れな選出ではないかも)デッカードがレオンに殴られて自宅に帰ってから消毒用に飲んだ酒の入ったコップに口から薄く血が流れてくるシーンが物凄く印象に残っていて、ここは個人的に名シーンだと思っているのだ。

「グレムリン」・・・劇中に出てくるフィービー・ケイツがバイトをしているバーなら今すぐでも通いたい!と心底思ったな~( ̄。 ̄;)

しかしこうして並べてみると今回のチョイスはひじょうにイージーな選び方だったと言わざるを得ないですわね(°°;)

関連記事

Newer EntryKAIJUたちのいるところ

Older Entry2018年春の「お酒映画ベストテン」に参加してみました

Trackbacks
晴雨堂の「お酒映画ベストテン」 【雑感】映画ブログ友達のしろくろShow氏が運営している映画ブログ「You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて」の記事で面白い企画を目にした。彼の知人ワッシュ氏が運営する「男の魂に火をつけろ!」の「お酒映画ベストテン」である。  ベストテンの趣旨は単純明快のようだ。とにかく、酒が目に焼き付いてしまった映画を選ぶだけ。酒好き...

 

Comments
Editこんにちは!
フィービー-ケイツは、日本人ウケする顔ですよね!
私も好きでした(笑)🎵
Edit
ボンドといえば氷のように冷たいカクテルばかり飲んで氷のような冷たいシャワーばかり浴びている覚えしかなかったので、燗酒の温度についてはちと意外な気分が(笑) フレミングの雑学がそこまで及ばなかったのか、それとも冷やは嫌いなのか(笑)
Edit復活希望中
>ダリルジョン さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(._.)m

フィービー・ケイツは当時(80年代)すごく好きでしたね~。

なにせ最初に見たのが「リッジモントハイ」と「パラダイス」という、すっぽんぽんを拝ませてもらったところからのスタートだったのでこちら思春期少年としてはなかなか効果的なパンチをもらった気分でした( ̄▽ ̄;)

結婚後の今は女優休業状態みたいですけどまた映画かドラマ出てくれたらいいですね。熟女になったフィービーもまた見てみたいですし。
Edit意外に熱燗に感動したのかも
>ポール・ブリッツ さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

わたし最初に出たLDでこの映画見たんですけど、あそこの字幕がなんだかおかしくてね~ たぶんコネリーが現場でホントに熱燗飲んで気に入ったからじゃないかとか(^_^;)あとから色々と想像してしまいました。

ま、それにしてもなんで言い方が「華氏」なんだと・・・
Edit私下戸でして
こんにちは

今回のお題は酒が飲めない私には無理。
日本酒の香りは好きかもですが、お酒映画と言われても全く分かりません。
酔うと言えば酔拳くらいですね。
しかし、しろくろさんはよく観てられますね。苦手なジャンルって無いんじゃって感じるのですが。
Editここだけ(?)の話ですが
>MILLAFAN さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

わたしもそれほど酒は好きじゃないんで、今回のお題は10本選ぶのにけっこう苦労しました。

で、実は当然わたしにも不得手なジャンルというのはありましてですね(ーー;) 西部劇と戦争映画があんまり好きではないんですよ。あと近年のアニメと邦画の恋愛映画もあまり得意ではありません。

そろそろ年末のベストテンが好みのジャンルになることを切望しておりますよ( ̄▽ ̄;)
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >