FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Category: ◆意外と近所の怪獣魔境=特撮/サブカル関係の話  

でも、彼女はデリケートな怪獣だからZATの攻撃のせいでオロン島に帰るのをやめるかもしれないね

なんの脈絡もないがタイトルは佐野元春の声で読んでいただきたい。

今日からCSチャンネル・ファミリー劇場では「ウルトラマンタロウ・HDリマスター版」の放送がスタートする。それに関した「タロウ」の個人的雑感諸々。

「タロウ」についてはどういうわけか本放送時の記憶があまりなく、毎週見ていたとは思うのだが「帰ってきたウルトラマン」や「ウルトラマンA」の時のような印象に残るトピックがなかったのか番組とセットになった当時の思い出が殆ど出てこないのである。さらには東宝チャンピオン祭りで「タロウ」は三回プログラムに取り込まれているのだけれどもそのすべてを劇場で見ることも出来なかったのだった。

思い返してみると「タロウ」が放送されていた時代(昭和48年~49年)というのはテレビで実写・アニメを問わず変身ヒーロー/ロボットアニメといったジャンルが飽和状態で垂れ流されていて、あのころ小学校低学年だった我が輩も毎日のように何かのソレ系番組を見ており、言っちゃあなんだけど「タロウ」だけにはかまけておれない状態だったのかもしれない(思いつくまま書き並べてみても実写なら「ファイヤーマン」「ジャンボーグA」「仮面ライダーV3」「流星人間ゾーン」「白獅子仮面」「ロボット刑事」「風雲ライオン丸」「キカイダー01」「スーパーロボット・レッドバロン」「イナズマン」「ダイヤモンド・アイ」「鉄人タイガーセブン」等々、アニメだと「科学忍者隊ガッチャマン」「マジンガーZ」「バビル2世」「ミクロイドS」「ゼロテスター」「新造人間キャシャーン」「ドロロンえん魔くん」「キューティーハニー」そして変身もせずロボットも登場しないが「侍ジャイアンツ」や「エースをねらえ!」と言ったスポ根アニメも嬉々として見ていたわけで)

なので「タロウ」に対してホントに興味が湧いたのは放送終了後何年も経ってから訪れた第三次怪獣ブーム(1978年頃)になってからのこと。あの頃は特に小学館の「てれびくん」で紹介されるタロウ関連のスチル写真(派手派手でサイケな隊員服やゴテゴテの戦闘機等)が格好良く感じられてとても興味を惹いたし、本放送以降ほかのウルトラシリーズと違ってろくに再放送もやってくれなかったので良いイメージだけがアタマの中でどんどん膨らんでいたのであった(そもそも先に書いたように本放送時の記憶が全くなかったこともあったし)

そしてタイミング良くその直後くらいにケイブンシャから名著と言われた「ウルトラマン大百科」が刊行、「タロウ」に関する情報が自分の中へ蓄積され、また記憶としては曖昧なのだがおそらく大阪・毎日放送が週一で早朝の再放送を開始したような気がするのだ。12歳になってから再見した「タロウ」は当時の自分の琴線にかなりヒットして心の底から楽しんで見ていたと思うのである(もっとも、その翌年だったか、朝日ソノラマから出た「ファンタスティックコレクション10・ウルトラマンパートⅡ空想特撮映像のすばらしき世界」という本の中で「タロウ」がめっちゃ酷評されていてすっごいヘコんだこともあったけど(ノД`) ←「一部のウルトラファンの間では『僕にもタロウのシナリオは書ける』という冗談が流行ったほど、この時期の内容的な後退は著しかった」といったことが記載されておったわけだが、コレを書いたのは「怪獣倶楽部」のメンバーさん達のはず)

その後己の年齢上昇とともに「「タロウ」は所詮低年齢幼児向け」みたいな○→×へのイメージ書き換えが脳内で勝手に行われ(ファンコレ的な洗脳の結果(?)イヤなタイプのマニアぶりっこをしていたのだろうなあ)何処か存在を軽視した傾向が自分の中で強くなってしまい、そのまま現在に至っているのだった(それでも90年代以降はあらためて全話を見返す機会も多く、いっときほどネガティブな印象は持っていないつもりでもある)

そんなわけで自分にとってはなかなか複雑な想いが錯綜する「ウルトラマンタロウ」で、マイベストエピソードになる10本を抽出してみた。但し今回は前文の能書きが長くなってしまったので( ̄▽ ̄;)2回に分けて書くことにする。

○第1話「ウルトラの母は太陽のように」・・・これ本当は前後編でやるべき話じゃないのかと思うほどやることが多すぎてついて行くのに必死になってしまう( ̄。 ̄;)登場人物紹介も強引でムリヤリなのが逆に強力なインパクトを産んでいてそれこそ30分が「あっ」という間に過ぎていくのだ(主役の篠田三郎が天然爽やかさんイケメンで初対面の女の子に「なんてキレイなんだ」と言い放つあたりもビックリしてしまうのだが)特撮の方もデパートに怪獣の足や手が突っ込んでくるのを建物の中から捉えたような主観カットがあったりと、かなり意欲的な見せ方をしている。それとオープニングに出てくるZATの超兵器を見ていると12歳の頃に感じていた「かっこええなあ」という感情が蘇ってくるのだ(特にスワローとコンドルをめっちゃ気に入っていたのだよ。あのデザインでホントに飛べるのかどうかはわからんけどもね。↓下の動画参照)

○第2話「その時 ウルトラの母は」/第3話「ウルトラの母はいつまでも」・・・この番組が他のウルトラシリーズと決定的に違っているのは防衛チームの人間関係がとんでもなく穏やかなところと(パトロール任務を誰に振るかで前夜カレー食ったヤツに決めてしまう隊長の言動が象徴的)劇伴に使用されている日暮雅信さん(特撮モノだと「シルバー仮面」も担当されている。タロウのBGMはこちらで試聴可能)の全体的にびよーんとした暢気な印象のBGMがこと「タロウ」にはぴったり合っていたこと。なので今回のように液体に変化したりバラバラになっても再生するような不気味な設定の怪獣達が登場しても番組のムードはどこまでも「陽」になってしまうのだった。この三話目まででそこいらの作品ムードが見ている方になんとなく伝わってくるために、これ以降のよりムチャな展開( ̄。 ̄;)に対してもどこか許せてしまう空気を生んでいたと思うのである(製作会社は違うけど「バイラス」以降の昭和ガメラシリーズと似た感覚)

○第4話「大海亀怪獣 東京を襲う!」/第5話「親星子星一番星」・・・これは我が輩が最近入手した上原正三先生のシナリオ集には載っていなかった氏の昭和ウルトラシリーズ最後の執筆作品である。なんとなく「帰ってきたウルトラマン」のシーモンス/シーゴラスの回を彷彿させる内容にはなっているのだが、こちらは怪獣を捕獲して一儲けしようという人間のエゴが加味されているのが特徴。またラストの親子亀怪獣の姿にはけっこう泣かせるものがあり(上原先生だけに「タロウ」にしてはまあまあシリアスなお話でもあったかな)

○第11話「血を吸う花は少女の精」・・・この回の脚本担当である木戸愛楽さんというのはのちに「特捜最前線」等でもライターをされていた大原清秀と同一人物だったとかで、私がこのことを知ったのは割と最近だったからけっこう驚いいてしまった(この人の書いた「射殺魔・1000万の笑顔を砕け!」なんて大好きな回だったし)「タロウ」では大原清秀名義でほかに何本か書いているので、或いは某かの名前を出せない事情があったのかも。それとこの回は少女の怨念がテーマになった珍しいダークファンタジーで一風変わったエピソードでもあり、子供の時もコワいと思ったがたぶん大人目線で今見たほうがもっと怖いトラウマ回でもある。

○第17話「2大怪獣タロウに迫る!」/第18話「ゾフィが死んだ!タロウも死んだ!」/第19話「ウルトラの母 愛の奇跡!」・・・昭和ウルトラでは唯一三週に跨がったエピソード。「アメトーク!」のウルトラマン芸人回でも取り上げられていたが18話のサブタイトルが内容をすべて語っているというのに今更のように笑ってしまった(オチ言うてますやん!というツッコミが各所から来るという)ソレは別としてもこの回のバードンと言う怪獣は自分にとってブラックキング・ナックル星人のコンビやヒッポリト星人なんかと並んで強敵臭漂うキャラだったので、そこを気に入っているのである(オトナの事情的な想像をすれば18話に篠田三郎が出演していないので、それを誤魔化すための措置だったのかなと穿った見方もできるのだが)

と、いうことでこの話はまだ続きます(°°;)
関連記事

Newer Entry次やで明石~、次の次やで西明石~、もう過ぎたで東明石~

Older Entryいつまでもアタマに残る「ポン!」と「よろしくで~す」の声

 

Comments
Edit
「怪獣を塩漬けにしろ!」はまだですか(笑)
Edit中盤以降はそんな(どんな?)話ばっかでしたね
>ポール・ブリッツ さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(._.)m

モットクレロンは言うに及ばずモチロンとかベロン、はたまたガラキングとか、なんやねんコレ??という怪獣がひっきりなしに登場する後半のタロウはある意味ぶっ飛んでいてスゴいなと思っています( ̄。 ̄;) ベストに入れるかと言われると微妙なラインではありますが・・・
Editおはようございます!
ウルトラマンタロウ、、
歌が良かった、今でも歌える覚えてる!

結構変わったストーリーが多かったりしましたね、
「タロウの首が吹っ飛んだ~」なんてタイトルもありましたっけ?

そして、ウルトラ兄弟~家族、、、なんて展開で、
昭和の時代が天井になり、
親・父・母・兄弟・子・家族・友
大切にしようというテーマがあったのか、
ガムシャラ昭和親父が家族を省みるところまで来たのでしょう。

甘いマスクで好青年の篠田三郎さん
適役だったかもしれませんね!!

また来ます、ではではー!
Editなんと言っても阿久悠さんですから
>ダリルジョン さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

「タロウ」の主題歌は阿久悠さんが詩を書いてるんですけど、七〇年代的ヒットナンバー感あふれるムードなのはさすがだなと思ってしまいます。

「タロウの首が吹っ飛んだ」は初期の話なのですが(14話だったかな)出てくる怪獣がどう見ても閻魔様なんですよね(ーー;) 全体的な傾向としてそうした民話とか昔話がベースになってる話が多くて、それまでのウルトラとは少し違う雰囲気を持っているような気がいたします。

機会があればまた見てみてください(少し前はプライム対象作品だったのに今外れてるのが残念です)
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >