イベントムービーと解釈するしかないのか

「オーシャンズ12」

【鑑賞データ】
劇場:シネマサンシャイン
同伴:妻
えさ:いつものコーヒー+ドーナツ

【感想】
実は前作を見ていないのだが、それでも何とかなるだろうと軽い気持ちで足を運んでみた。しかしどうやらそれは少々甘かった模様で、この映画を楽しめるにはそうとうの準備と心構えが必要だということを思い知らされる。

基本的には「11」を見ていてなおかつそれがすごく好きな人たち。そういう人たちにとって今回の「12」はすばらしい後日談となっていたはずなのだろう。しかしながらワシのような一見のお客さんにとってはほったらかしにされているのも同然で、同じようにカウンターに座っているのにいつまでたってもおしぼりすら出してくれない状況と今回は似ているように思うのだが。

ともかくテンポが遅すぎる。掴みは緩いし根幹のストーリーに行き着くまで1時間を有するというのはいかがなものか。ワシ途中思いっきり寝てしまっていたぞ(-。_)。。o〇
おそらく「踊る大捜査線2」を前作見ずに見た人の感想というのは今回のモノに近かったのだろうな(完全にファンの人だけのためのイベントムービーになってしまってる)
関連記事

0 Comments

Leave a comment