角川春樹ふっかつ祭

某派遣会社主催の試写会参加。

「男たちの大和/YAMATO」

見所はひたすら原寸大に復元されたという大和艦橋廻りのセット。そこにはかつて栄華を極めた角川映画のハッタリ精神が満ち溢れていてヨシだったのだが、他の戦闘シーンとのバランスが著しく欠いていて(東映にはCGをマトモに使える技術屋がいないのか、それとも費用をかけたくないかのどちらかなのだろう。今回も「デビルマン」のごとくプレステデモムービー以下の酷さ)さしたる効果を上げることは出来ず。

原寸セットの上で兵士たちが玉砕していくシーンは本来最大の見せ場として存在しうるはずだったのだが「プライベート・ライアン」を1度でも見てしまった者ならこの程度の場面でどーだーこーだなどまず思うはずもないのである。

安いCGと原寸セットの玉砕シーンをこれ見よがしに見せつけられてゲップも出そうになる頃、戦闘機側目線で大和を捉えたりするような「こんな新鮮なカットもあるやんけ!」という驚きと腹立たしさとが入り交じった感想も持ってしまった。こういう絵をもっと見せろよ!と。

肝心要のドラマ部分も佐藤純弥が老いたか、役者の力量が足りなかったのか(中村獅童の芝居はひたすら嘘くさい)どんな悲しい場面を提示されたとて感情移入はほぼなかったと言えよう。また一番の問題点は随所に現代のパートを挿入して、戦時下を思い出話の中で語ってしまったというところにあるような気がしてならない(映画の途中で登場人物たちの生死が全部わかってしまうのはどーなの??)

バリューのある役者をムリヤリ投入して大作感を煽ったという風にしかワシには感じられなかったのだ(渡哲也しかり奥田英二然り、長嶋一茂にはなんで?という思いだ)

こんなもんで反戦を憂うなどとはひたすら片腹痛い。中途半端なドキュメンタリーもどきに終始するなら、史実を変えてでも痛快娯楽活劇にした方が良かったとさえ思えるのである。

大和に搭載された秘密兵器により、エノラ・ゲイを無傷のまま確保した日本軍はワシントンDCに原爆を投下・・・みたいな(__;)


関連記事

0 Comments

Leave a comment