カレンダーを見返せば

師走だ。今日からいよいよ冬の到来(ワシの中だけの季節感覚)なのだが、なにげにカレンダーを見ていると、仕事するのも半月程度しかないのだよな。早いわねえ・・

そして本日映画の日。カミさんと二人でシネマサンシャインに行き_

「ブラザーズ・グリム」

を見るのだ。と、その前にメシ食うためにカプリチョーザに行くとすでに満杯。ワシはいつもの仏蘭西屋へ行こうと思ったのだが、カミさんからクレームが出て○座という居酒屋で食事を取ることになった。

お一人様2000円のお任せコースでどんどん出てくる8品の料理をどんどん食うのである。満腹だ・・・

映画の方は本日一番小さい部屋での上映(それでも客入りは半分くらい)物語の方はグリム童話誕生秘話を「アレは実際の体験に基づいて書かれている」という体で描かれている。テリー・ギリアム監督お得意の与太話を大マジメに描ききってしまう大作ファンタジー。

内容は実にシンプルかつわかりやすいもので、捻りやブラックな笑いは影を潜めている。正直やや物足りなさは残るが、ビジュアル面での退屈さは殆ど無いといって良かろう(あえてとは思うが、絵本的な映像が随所にあったように思う)

キャストの方はクレジットを見るまでマット・デイモン主演とは全く気がつかなんだけれど(__;)魔女役のモニカ・ベルッチが相変わらずイイ女だ(クライマックス、頼むから最後まで若返らせてやってくれと思ったのはワシだけではないはず)


関連記事

0 Comments

Leave a comment