ジョディの武勇伝♪武勇伝

久しぶりに平日有給を取得した。朝は適当に過ごすと北島で午後一の上映
「フライトプラン」見る。

今日のシネサンのお客さんはどー言うワケかお年寄りがやたらと多い(__;)

で、感想だけど、今回のジョディ・フォスターのキャラクターはかなり前作の「パニック・ルーム」と被っているようだった。

サスペンス映画なんでお話的な事を詳しく書きたくはないけど、ちょっと穴が多すぎるんでないのかな??どうしてジョディ一家が狙われたか/なんで子供がいなくなったことにすべての人が気づかないのか/航空機設計士ならあそこまで飛行機の中で傍若無人に振る舞えるのか?等々、映画を見終わった今でもかなり納得のいかない部分は多い(飛行機乗り込むまでのシーンはは無くてもよかったように思う)

同じネタで始まる「フォーガットン」のようなトンデモ感は薄いけれど、なんとか物語を纏めてみましたみたいな「とりあえずこんなもんで」的な終幕だった。

前半ヒッチコック調で中盤以降は機内を所狭しと暴れ回るジョディの大活劇(彼女の動きはほとんど<★お買い得>●ネットバンキング決済・コンビニ後払いも可能!ダイ・ハード2 アルティメット...並に上へ下へと大活躍)時間も100分弱と何気に見るには楽しい映画かもしれない。映画の日とかに見るにはちょうど良いかも。

映画の後は風呂入って帰宅。なぜか夕方のあいあい温泉もお年寄りが多い。今日はなんかあるのか??

そしてカミさんのお仕事は今日で満了。その打ち上げ的な意味も込めて「お疲れさん満腹の夜」を満喫すべく外食に出かける。いろいろ検討の末これまた近所のあらしというお店で魚料理を食った(ワシはカンパチ刺身定食を。妻はまぐろの頬近辺(?)の刺身定食)きっと良い慰労にはなったことであろう。ご苦労でした<(_ _)>


関連記事

0 Comments

Leave a comment