あと少しもう少し

ケーブルテレビで放送していた「モンスター」【新品】 モンスター 通常版 (DVD)を録画していたので夜中に見た。

役者の好(怪?)演の割にちょっと訴えて来る物が薄かったような気がする。いちおう事実に基づいているという体の物語なので「そうだったから仕方がない」と言われればそれまでだが、シャーリーズ・セロンの鬱屈が爆発するまでの道程がなんとも急すぎるように思えてしまった(あ、そこでキレちゃうの?的な)

クリスティーナ・リッチの存在をもう少し軽い物にして(あくまでも「きっかけ」のためだけのキャラとして)その分の時間をセロン扮するアイリーンの描写に当てれば良かったのに(しかしながらリッチはリアルな良い芝居をしていた。だからこそ余計に邪魔だったわけで)最後の二人の電話→裁判所のシーンもイマイチ本当の意図はワシには伝わらなかったなあ。

悪い映画じゃないけどワシ的には「もうほんのちょっと」の惜しい話だった。
関連記事

0 Comments

Leave a comment