嗚呼懐かしのDJ-1

今日は夫婦揃ってお休みの日。カミさんはワシのイビキ眠い..で朝五時に起こされたそうだ。いや、スマンです<(_ _;)>

お詫びというわけでもないが朝飯の支度はワシがした。どうも今日の妻は体調がすぐれないようで「風邪ひいたかも(×_×)」と言うておるし、頭も痛いらしい。それって、よー考えたら先週のワシの症状に似ている(と、言うことはワシも風邪だったのか??)少し微熱もあったのでネロ寝ろと布団へ追い返したが簡単に従う女ではナイ(__;)

ここしばらく仕事がしんどかったから遊びも欲しかったのだろう。座椅子にふんぞり返ってゲームなどをしておる。アタマ痛いときにあんまり感心はしないが、昼飯もまだだしエサを与えるまではヨシとしておこう。案の定、食後はちゃんと横になっていた(-_-)゜zzz…

夜はW杯サッカー日本-クロアチア戦を夫婦で見た。カミさんは後半突入と同時にイビキをかき出したが眠い..ワシはしっかり最後まで見た。例によってサッカーはよくわからないワシからすれば、今回はおもしろくも何ともないゲームだった(まだ初戦の方が燃えたなあ炎)はー、こんなものなのかねえ・・・わからん

その後のインタビューはもう全然見る気しなかったし、時刻も〇時前くらいだったので、一昨日借りていた「下妻物語」DVD 下妻物語 スペシャル・エディション(2枚組) <送料無料>下妻物語(完)下妻物語を就寝前鑑賞することにした。

カミさんのぐーぐー状態(-。_)。。o〇を妨げないよう、こっそりと見始めたのだが、オープニングのDJ-1(原チャとは途中まで気がつかず!)が疾走するシーンからもう掴みはOK。「松子」もそうだったけど、中島哲也監督はめちゃめちゃ映像センスあると改めて実感したなあ。やっぱCM上がりの人ははじけた画面作りに長けているものなのか(「HOUSE」の大林宣彦を思い出すなー・・・)

ともかくこちらもオモシロイ!と断定させてもらおう(こんな事ならもっと早く見ておればよかったわい(__;))

最近知ったのだが、この人は山崎努と豊川悦司がマトリックスマトリックス 特別版風の温泉卓球で戦うビールCMを撮った人だったのだな。当時大爆笑したと同時にすごいセンスだと感心した事を思い出す。

しかし全編そういうポップな映像に目が行きがちな本作だが、感心したのは若い女の子同士の友情物語としてちゃんとお話が成立していた部分だ。桃子といちごの交流部分なんて言うのはそこだけ切り取ったらけっこうベタな(昔のコバルト文庫とかでありそうな)展開だけど、おっちゃんはけっこう素直に見入ってしまったよ(「あー、ともだちっていいなー泣き笑い」となぜか全文字ひらがなの感想がアタマを駆け巡る)

これはやはり桃子といちごのキャラが見事に立っていたことにつきると思うのだけれど、深田恭子と土屋アンナの「ハマリっぷり」は本当に大したものだった(深田恭子が実は旨い女優さんなんだとワシは完璧に見直した)

あんまり楽しかったので、コメンタリー音声でも一回見ようと頭一五分くらい見直したのだが、さすがに眠くなってきて断念した(これで聞いた深田恭子の声が酒焼けした夜明けのホステスみたいな声だったのはビックリしたけど・・・)






関連記事

2 Comments

kiromeru  

Re:嗚呼懐かしのDJ-1(06/18)

おはようございまする!

クロアチア戦、イマイチでしたが僕は燃えてました!しかし、毎回真っ白に燃え尽き・・・ジョー!!!!状態。

とにかく日本代表には記憶に残る試合をして欲しいのだが・・・



>深田恭子が実は旨い女優さんなんだとワシは完璧に見直した



まさにその通り!当時、劇場でこの映画を観て以来「深田恭子に代わりうる女優はほかに無し!」と彼女を女優として認めたものです。



しかし、中島監督の『松子』が未見なのが、日本戦同様不甲斐なし!

2006/06/20 (Tue) 09:55 | EDIT | REPLY |   

しろくろショウ  

Re:嗚呼懐かしのDJ-1(06/18)

こんにちはー(^^)



ブラジル戦もしかと見ますよ。ここで「キンシャサの奇跡」(相変わらずたとえが古い・・・)なみの事が起こると面白いのですが。あ、むろん日本がフォアマンです。



あと、「松子」は「見てください」ではなく「見なければ行けない」と敢えて言い切ってしまいます(^_^;)



深田恭子の次作が楽しみなワシでした(__;)

2006/06/21 (Wed) 12:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment