書いてないだけで見てたりする

あのナベツネさんも毎週見ているという富豪刑事「富豪刑事デラックス」だが、実は数話飛ばしたもののなんとか毎週録画して見ている。

今回は前シリーズに比べて大袈裟ぶりもデラックスになっており、そちらの荒唐無稽ぶりがかなり楽しくアップしているようだ。ストーリー的にはもう完全に作り手の方が「形」(事件紹介→焼畑所捜査会議→つるし上げられる鎌倉→挙手して勝手に捜査方針を決める美和子→簡単に割れる犯人→勝手に帰る美和子→解決。もう100パーセントこれ(__;))にはめ込んで遊ぶスタイルを取っているため、見ている方とすればどこまでデフォルメされた定番を楽しんでしまうかという事になっている。

コレは一見するとドラマとしてのアイデンティテイーを放棄したかのようにも見て取れるが、11回しか放送回数のないシリーズの欠点を逆手に取ったエンタテイメントの作り方と考えることもできるのではないか。今回はそのへんで達観した面白さを感じてワシはすっかりこのドラマに満足しているのだ(コレもひょっとしたら「トリック」「TRICKトリック -劇場版 2- ナビゲートDVD」広報人 矢部謙三 トリック劇場版2公開記念講演会のようにスペシャル→新シリーズ→映画と流れたりして・・・)


関連記事

0 Comments

Leave a comment