巨大ウナギ犬街を走る

仕事帰りに北島で「グエムル -漢江の怪物-」を見た。

OST/グエムル(漢江の怪物)(送料無料)

・公式
・朝鮮日報
・Yahoo!ムーピー
・eiga.com特集

実は韓国映画を原語でちゃんと見たのは今回が2本目(「シュリ」OST『シュリ』以外はすべて日本語吹き替えで見ている)

その点を差し引いても、なんちゅうかとっても変わった映画だったように私には思えた。怪物の映像表現というのはなかなかリアル且つ気持ち悪くて良かったのだけれども(画面奥の方からバケモンが1カットでどんどん走って近づいてくるシーンなんか物凄く怖かった(__;))それは事前情報で頭に入れていたので自分の中で対応に困ることはなかったのだが・・・

とにかく全編「ココは笑ったらいいのか?」「コレはマジ台詞なのか?」という、登場人物のメンタリティを理解するのがかなり困難だった。これは韓国映画の特徴と言うよりはボン・ジュノ監督の個性なのだろうが、見ている方とすればかなり判断に困るような場面の続出で、私は果たしてコレを最後まで楽しめるんかなあと多少不安も過ぎったりもしていた。

しかし家族で娘を救出に向かうあたりから俄然画面への没入度は上昇。終わってみたら私は結構満足していたのだからワカランものだ(__;) この映画はなんというか、基本プロットは超・デタラメで非・現実的なのに、主人公(ソン・ガンホのダメ人間ぶりはとても演技に見えなかった)の家族内部で取り交わされる会話とか雰囲気がとてつもなくリアルで現実的なところに落差があって面白い。

世評ではやれ「パトレイバー」のパクリだなんだと姦しい意見も聞くが、この映画の一番の面白さはこの「家族の物語」にあると私は思うのである。

これはやはり「殺人の追憶」殺人の追憶もやっぱり見ておく必要アリだな・・・


関連記事

2 Comments

playt*  

グエムル面白かったですか?

見てみたいなぁと思いつつみていません^^

おもしろかったでしょうか?

2006/09/26 (Tue) 08:07 | EDIT | REPLY |   

しろくろショウ  

Re:グエムル面白かったですか?(09/22)

>playt*さん



どうも、こんばんわです<(_ _)>



だいたいの感想は本文に書いたとおりなのですが、コレは劇場向きだと思いました。個人的には満足しています。



あと”ウナギ犬”というのは「天才バカボン」の例の(?)アイツですが、僕の目にこの怪物は大きなウナギ犬に見えてしまいました・・・

2006/09/27 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment