轟く叫びを耳にして

「スーパーマン・リターンズ」をレイトで見た。
サントラ/スーパーマン・リターンズ・オリジナル・スコア&予告編

公式
eiga.comでの紹介記事
MSNでの特集記事

映画が始まってすぐ耳に入ってきたジョン・ウィリアムスのテーマ曲を聞いた瞬間「おおーー、き、来て良かったあ(>_<)」と大きく感動。しかもタイトルバックも懐かしのスリット・スキャン!これだけで今日は1000円分の元は取れていると断言する。

クリストファー・リーブ/スーパーマンI&II お買い得ツインパック

きっと今回の映画はスーパーマンが帰ってきたのではなくて、78年のスーパーマンを見て感動していた当時の我々が帰ってきたのだろう。そう思うのに充分なオープニング→クリプトンから戻ったクラークという最初の掴み。冷静に振り返れば、けっこうルーズなテンポのストーリーで実はなんにも解決しないまま終わるという垂れ流しのような映画でもあるのだけど、最初の歓待ぶり(?)があまりに心地よかったために長時間居座っていたような、そんな感じだった。

また、今回リニューアルされた役者さん連中は概ね違和感もなく、ひじょうに好感を持てた(主役のブランドン・ラウスクリストファー・リーブそっくりだったし、ケビン・スペイシーのルーサーもヅラネタ・カメラネタと言った自虐ギャグをさも楽しそうに演っていたし。あとなんと言っても前のロイスはマーゴット・キッダーなので、今回のケイト・ボスワースがめっちゃ若くて綺麗な人に見えたのもプラスに作用←実際かなり若い)

今回の続編は78年版に思い入れのある人だけに限定された面白さだったという気もしているが、心情的にはヒットしてもらいたいと思う。


関連記事

2 Comments

kiromeru  

Re:轟く叫びを耳にして(09/01)

おひさしぶりです!

いやはやなんとも面白かったですね。ケイト・ボスワースが段々と可愛く見えてきてヒロインとして合格!それに比べて『スパイダーマン』のキルスティンは・・・



>今回の続編は78年版に思い入れのある人だけに限定された面白さだったという気もしているが、心情的にはヒットしてもらいたいと思う。



あー、我を忘れて楽しんでしまいましたが、そういう部分も否めませんねーこの映画で新しいスーパーマンファンが増えて、リーブのスーパーマンが見直されるとうれしい限りです。

2006/09/06 (Wed) 10:42 | EDIT | REPLY |   

しろくろショウ  

Re[1]:轟く叫びを耳にして(09/01)

kiromeruさん、こちらでもこんばんはです。



>それに比べて『スパイダーマン』のキルスティン

>は・・・



いやホント、彼女年々きつくなってきましたね。いっそもっと太ってレニー・ゼルウィガーの線を踏襲するという道が良いのではないかと余計な心配をしてしまいます(「チアーズ!」は可愛かったのにねえ・・)



あと「リターンズ」ですが、僕はあのテーマ曲聞こえてきたとき、冗談抜きでホントに涙出そうになりましたよ(^_^;)(家帰ってから思わず78年版のDVDを再見しました・・・)



ただ、そういう思い入れのない世代の人にとってはちょっと取っつきにくい内容だったかなとは正直思っています。監督の思い入れが伝わりすぎるほど伝わってきただけに、門外漢の人にとっては「なんじゃそりゃ」で終わらされてしまう傾向はあるんじゃないでしょうか(若い人の書いたレビューなんか読むとやはりそんな感じでしたし)



個人的にはこの色でどんどん続編作って欲しいんですけど(^_^;)

2006/09/06 (Wed) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment