星の林に月の舟、乗るのは男二人旅

今年はウルトラシリーズ40周年という事で、色んなところでそれ系のイベントが執り行われているのだが、40年も続いていると言うことは当時の関係者はみんな年を取ってしまったと言うことでもあるわけで、定期的に訃報が飛び込んでくるのはもはや仕方のないことなのかもしれない・・・

このたび、映画監督・実相寺昭雄氏と音楽家の宮内國郎氏がほぼ同時期にお亡くなりになった。今更説明の必要もないが、実相寺監督は「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」など、円谷プロ黄金期に伝説的な演出家として活躍されたディレクターである(今巷で流れている「ぱちんこウルトラセブン」のCMで使われた「狙われた街」の映像も氏の演出)。また宮内國郎さんは同じく「ウルトラQ」「ウルトラマン」などの劇判を担当された方であり、特撮ファンの一人として一度に二人もの功労者が亡くなったしまったことが残念でならない。

ご両人のご冥福を心からお祈りし、心より合掌いたします(-人-)









関連記事

0 Comments

Leave a comment