You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

呼ばれたドラマは何?

数日前に連絡のあった某刑事ドラマの刑事役でのエキストラ出演は予想通り「身長175センチ」という大いなる壁に阻まれて実現しなかった。しかし今回改めて「阿波之里のお客さん」役で出演依頼が飛び込んできたのだ。当然のようにすぐ休みを取り、本日の撮影へと参加することとなった。

先方よりの指定は「ちゃんとした格好」ということで、しばらくぶりにスーツを着用。ネクタイを締めると若干首廻りが苦しいものの、これならなんとかなるだろう。17時も過ぎた頃、多少早めに集合場所である阿波之里駐車場へ向かうが、現地では担当の人から「撮影が押しているので1時間待ってくれ」とドラマロケの常套句を告げられる。

そして改めて18時半に再集合となったのだが、ここからさらに90分ほどの待機(__;)僕は一人で参加していたので現場では話し相手もいない。他の参加者と話してみようかとも思ったのだが、15人ほどいるエキストラの面々は全員友人知人と連れだって来ており、そこに「どうもどうも」と割って入るのはかなり難しそうな雲行きだった。

その後ADさんから出番の告知があり、我々は宴会場の方に移動。丸テーブルに適当に振り分けられ、僕は女の子二人組で来ていたエキストラ参加の人と同席になった。正直おばさまチームやオッサンチームに入れられなくてホッとしたものだ(自分自身がオッサンであることはこの際おいといて・・)

さて、この部屋に入る直前、ようやく今日のドラマが「浅見光彦ミステリー」であると言うことが判明(放送日は未定)私は殆ど見たことがないのだけれど、妻が原作者・内田康夫のファンクラブに入っているため「なんとなく」概略はわかっているつもりだった。

TBSでの作成なのでそうなると来ているのは沢村一樹のハズである。テーブルが一緒の女の子に彼の居場所を教えてもらい、ようやく肉眼で主演男優を発見!ほほー、彼が沢村一樹か(と言いながらもこの人の出ているドラマを今まで見たことはなかった)

今回のロケではちょうど宴会場ど真ん中で浅見光彦親子たちが会食をするというシーンの撮影を行う。廻りにいる我々は言うなれば動く背景、書き割りのような存在である。撮影準備が整うにつれて出演者も揃っていく。浅見光彦の母親役で加藤治子が登場(おー!)名前は知らないが綺麗な女優さん二人登場(おおー!)そして最後は今回のゲスト、若林豪が登場したのだった(おおっっー!)

僕はその昔「Gメン75」
を熱心に見ていた事もあり、今回来ていた俳優さんたちの中ではこの人に会えたことが一番嬉しかった(*^^*)

さて撮影場面は上記メンバーでの会食シーン。どうやら鯛飯を食べるカットを撮るようだ。鍋の蓋を開けて実際の料理を大写しにするところから撮り始めたので、この辺は我々もカメラに写らない。したがって完全にお気楽な見学者状態である。しかも「この鯛飯は我々にも振る舞われるのでは?」という淡い期待も抱いたりしていたのだった。

その後宴会場全体が映るカットに切り替わり、僕らもようやくお仕事開始。このとき思っていたのは「料理を食べに来ている客なのだから、テーブルにフルコースが並んでもおかしくないよな」と言った勝手な想像だったのだけど、残念ながらそれは勝手な妄想へと変わっていく。用意されたのは小鉢が二皿。そしてワインに見せかけた水の入ったグラスと、ノンアルコールのビールグラスが1本という有様。

その小鉢を撮影が始まる度に何度も何度もつついては少しずつ口に入れていくという動きを繰り返す。量が少ないから固形物が直ぐ無くなってしまい(__;)むなしく箸を突っ込んではごぞごぞと動くという動作しか出来なくなっしまった(それでもこの小鉢は美味しかったのだが・・・確かスモークサーモンと半熟卵が一緒になったものと、もう一つはよくワカランもの)

隙を見ては役者の人たちの動きを目で追っていたのだが、沢村一樹の細かいアドリブに(リテイクのたんびに毎回芝居が違っている)加藤治子が「またかいな」みたいなうんざりした表情を見せたのが面白かった(^_^;)

結局撮影そのものは1時間程度で終わり、いつもの事ながら本番より待ち時間の多いロケと相成ったのでありました。さらに撮影終了後、私はずっと気になっていた事の解明に挑戦。同席した女の子がどうやら職場で見かけるお客さんであることが判明したのだ(__;)どこかで見たことある人だなあと現場に来てからずーっと思っていたのだが、直接本人に声をかけたら正にドンぴしゃ(先方も同じようなことを思っていたそうだ。しかし徳島は狭い(>_<))こんな事なら待ち時間にもっと喋ってもらえば退屈しなかったものを・・・

期待していた鯛飯は欠片ももらえず、このままご苦労さんで終わるのかと心配していたのだが、県の担当者をつかまえて「何も出ないのでしょうか?」と聞いてみたところ、ちゃんと記念品と弁当の配布があった。
9999999
しっかりと袋に入れて持ち帰り、家で全部平らげたのは言うまでもなかろう。小鉢と水だけでは腹も減りますわなあ・・・

これで通算3度目、なんとなく新しい「趣味」の予感が(と言ってもオファーが無いと意味はないのだけど・・・)

呼んでくれたらまた出ますとも、エエ。


関連記事

Newer Entry徳島はドラマネタになりやすいのか??

Older Entryそしてのだめだけが残った

 

Comments
EditRe:呼ばれたドラマは何?(11/28)
おつかれさまです。



徳島って、意外に撮影きてるんですね~。



撮影の雰囲気が、実感できました。



沢村一樹さんって、白い巨塔で唐沢さんと教授選挙の対抗馬のお医者さん役の俳優さんですね。



だいぶん前にバラエティ番組に出ていて、エリート役を演じる極意とか話してて、けっこう面白い印象をもちました。
EditRe[1]:呼ばれたドラマは何?(11/28)
どうも、労いのお言葉ありがとうございます<(_ _)>



「白い巨塔」見てたのですが思い出せないのですよ。

ナマで見たらあんなに存在感のある役者さんなのに。

(^_^;)



ネットでいろいろ調べたら下ネタ好きで気さくなアンちゃんだそうですが・・・



※ぱぴーさんも是非エキストラのご登録如何でしょうか。「徳島ロケーションサービス」で検索すればウェブから申し込めます。
EditRe[2]:呼ばれたドラマは何?(11/28)
しろくろショウさん



ありがとうございます。

「徳島ロケーションサービス」のぞいてみました。

改めて徳島にたくさん撮影に来てることを知りました。

すごいですね。

登録は仕事が落ち着く5月ごろにしようかって思っています。これから例年だと繁忙期に突入するので、なかなか、休みがとりにくくなるんですよ~。
EditRe[3]:呼ばれたドラマは何?(11/28)
春に行かれるのは正解だと思います(こないだはちょっと寒かったですし・・・{{ (>_<) }})



たぶん一回行くと癖になると思いますので(^_^;)
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >