You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Category: ◆意外と近所の怪獣魔境=特撮/サブカル関係の話  

ごらん緑の地平線

Kさんと北島創世ホールで行われる講演会「故郷は地球~脚本家・佐々木守がめざしたもの」へ行く。

評論家・池田憲章氏を招いてのもので、どう考えても濃い話になるであろうテーマに胸ワクワクさせつつ会場へと赴いたのである(本来なら生前の佐々木守氏本人にこの講演をお願いする予定だったのを、亡くなったご本人に成り代わり池田氏が引き受けたとのことであった)

佐々木守 プロフィール
実相寺昭雄 プロフィール

sasaki

池田氏と言えば特撮・アニメファンなら知らぬ者はいないくらいの評論家と言っても過言ではない。古くはソノラマの「ファンタスティックコレクション」でウルトラシリーズを。または徳間の「スーパービジュアルムック」で外国テレビドラマを。はたまたアニメ専門誌の「アニメック」で連載していた「SFヒーロー列伝」などもそうだが、とにかく偏りがちなこのジャンルたちの中で実にバランスよく色んなものに造詣の深い方であるという印象がひじょうに強い人だった。

ほぼ満席に近い会場の中でそんな「少年時代からの心の師」的な人の話を聞けるのだ。こんな嬉しいことなどそうはないだろう。主な演目は_

・児童文学とラジオ、ドラマの時代
・松本俊夫、大島渚との出会い~記録映画から創造社
・「ウルトラマン」と実相寺昭雄
・「七人の刑事」と今野勉~野心的な【歌謡曲シリーズ】
・「怪奇大作戦」と橋本洋二~「恐怖の電話」「死神の子守唄」「京都買います」
・「柔道一直線」「刑事くん」「アルプスの少女ハイジ」
・ドラマの可能性をめぐって
・「すばらしい世界旅行」と「知ってるつもり」

と、いう予定ではあっのだが、如何せんヒートした氏のお話を短く纏める術などはここには存在せず(^_^;)2時間の予定時間で下3つはほとんどふれられることはなく「時間切れ」となってしまったのだった。

古いファンなら大体どの話も聞いたことのあるエピソードが殆どだと思うけれども、こうして実際の佐々木守や実相寺昭雄に何度も会って交流のあった池田氏だからこそ伝わる「熱さ」を思いっきり感じた2時間でもあった(今回のお話しで初めて知ったのは「怪奇大作戦」の傑作エピソード「呪いの壺」「京都買います」が、本当に京都ロケをしたのは「京都買います」だけだったというのに少々驚かされた。「呪いの壺」がオールセットの話とは夢にも思わなんだとですよ(__;))

自宅の書棚には84年刊の「佐々木守シナリオ集/怪獣墓場」という本が残っているのだけど、この中で佐々木守/実相寺昭雄/池田憲章の今回正にズバリな三人による対談が収録されている。今日の講演のあとでコレを読み直すと何とも言えないしみじみとした思いがわき上がってきたなあ・・・(T^T)

講演会終わりでKさんとホール1階にある図書館にある展示ブースで色んなものを見て帰ったのだが、コレ全部板野町に住むファンの人からの寄贈(あら?貸し出しだっけ?)らしく、フィギアも自作とのこと。ワシこういうのは苦手で自分では一切作られない人なので、こんな技術を持っている人はホント心の底から尊敬してしまうのであります(同様に絵の巧い人、字の綺麗な人も然り)※この巣屁留星人は写真OKなのかな??

spe

そして帰り際会場では色んなお土産をもらったのだが(殆どチラシの類だったけど)その中でもちょっと「おっ」と思ったのがこの「タイトルロゴシール」という何処で使ったらエエのかよくわからぬシール。さてどう流用しよう。

tytlw

講演会の余韻も醒めぬまま、二人してKさん宅に戻ると昨日届いたばかりの液晶デジタルハイビジョンテレビ・ビエラ26ワイドが光り輝いていた。初めて見た地デジ放送は内容はともかく、すばらしく綺麗な画質だった。あー、我が家にこの超兵器がやってくるのはいつになるのか・・・



















関連記事

Newer Entryアカデミー監督賞は座布団10枚分?

Older Entry困ったら飛騨の国にメールしよう

 

Comments
Editこんばんわー
ご無沙汰してましたー



ぱぴーさん2006さんのブログでも書かれていた池田憲章氏の講演会に行かれたんですね。

僕も行きたかったんですが、仕事がムチャクチャ忙しかったんで…



写真を見ると…えらいもん展示してあったんですね(笑い)。隣の人はジャミラ?



このサブタイトルシールなんか見てると、佐々木氏、実相寺氏というウルトラ黄金期を支えた人たちが遠くに行ってしまった寂しさがつのりますね。
EditRe:こんばんわー(02/25)
どうも、こんばんわ(^^)



当日はなかなか濃い空間で楽しかったですよ。

集っている人の平均年齢が高いような気がしたのは仕方のないところですが(__;)また来年も何かやるらしいので、その際はぜひ足運んでください。



※サンポート高松でもこんなんやってくれたらいいのにねえ。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >